広松木工家具個展2014
「White Fusion」

会期:2014年12月12日(金) ~ 12月21日(日)
時間:11:00~19:00 (※最終日は17:00まで)
会場:Bank ART Studio NYK 3F



ちらしはこちらをクリック
11 回目を迎える広松の個展は、「広松スタイルを遊べ」をテーマに、「北欧」のやさしさを感じさせる新作と、さらなる魅力や新たな暮らし方をも掘り起こさせる「広松木工家具カタログ vol.4」の初お披露目いたします。また選りすぐりの絵本や小物などご家族で愉しんでいただける10日間の空間です。みなさまのご来場お待ち申し上げます。

■ 12/13 オープニングのお楽しみ
みなさまと一緒にのんびりと愉しい時間を過ごしたくて、お飲み物やフードを用意しております。ご家族、お友だちと一緒に、お気軽に遊びにいらしてください。

■ ワークショップ 「こどもいすをつくろう」(予約制)
シェーカーキッズチェアの座面のテープを好きな色を編んでつくります。個展限定カラーもご用意しています。
・12/13(土)11:00~12:30 / 13:30~15:00 / 15:30~17:00
・12/14(日)11:00~12:30 / 13:30~15:00 / 15:30~17:00
定員: 各回15組
参加費:10,000円
※ ワークショップお申し込みは、広松木工ホームページにて
http://www.hiromatsu.org

■「個展だけの特別企画」
12月18日(木)~21日(日)の4日間のみ、一部商品を除き、展示商品を優待価格にて販売いたします。

■「ご成約特典」
期間中、ご購入頂いた家具に関しましては、送料(家具:開梱・設置)をサービスいたします。
(離島など地域によって、送料を別途ご負担頂く場合がございます)
また、ご購入が一定額以上のお客様には、プレゼントをご用意しております。


主催:広松木工株式会社

お問い合わせ:広松木工株式会社 / Hiromatsu Furniture Inc.
〒831-0024 福岡県大川市大字鬼古賀174-1 phone/0944-87-5911 fax/0944-87-5794
http://www.hiromatsu.org
E-mail / shop@hiromatsu.org

▲トップへ


神田佳子パーカッションコンサート
「かえるうまれた」

日時:2014年12月8日(月) 19:00開演 (18:30開場)
会場:BankART Studio NYK / NYKホール
入場料:一般3,500円 学生2,500円 全席自由



詳しくはこちら
出演 神田佳子 (パーカッション) 曽我部清典(トランペット)
  佐々木啓恵 稲野珠緒 平野有希子 若鍋久美子 戸崎可梨 (パーカッション)

予約・問合せ BON-KAN STUDIO YOKOHAMA 045-312-1580 studio@bon-kan.com
公演サイト URL : http://mediaworks.bon-kan.com/ku20141208.html

▲トップへ


Group Exhibition vol.2 HAKKA

会期:2014年12月4日(木) - 9日(火)
時間:11:00 - 19:00(最終日18:00まで)
   会期中無休・入場無料
会場:BankART Studio NYK / 2Aギャラリー



詳しくはこちら
 《 HAKKA 》とは、精力的な活動を続ける作家たちが集まる場として、3年毎に開催されるアートイベントです。
 今回の舞台はBankART1929。面積360㎡という大空間で、写真家の鷹野隆大や蔵真墨というフロントランナーを筆頭に、国内外で評価を得ている旬な作家陣ら計20人が集まり、新作や代表作を一堂に展示します。さらに、会場には様々な参加者によるインディペンデントな出版物=「ZINE」の展示ブースも併設されます。
 当イベントの原点は、2011年7月に開催された「発科展早稲田大学芸術学校空間映像科 閉科展」にあります。第2弾となる今回から、より多様な作家を迎え入れるため、学校という垣根を取り払いました。2017年、2020年という今後の開催も視野に《 HAKKA 》が今、始動します。

参加作家(五十音順)|アンポンタン・裸漢、映像制作集団【穴】、大山 裕、蔵 真墨、佐藤華連、鷹野隆大、角田友麻、冨樫加奈、冨樫早智、中田 敦、原田直宏、堀井ヒロツグ、MA 、松下初美、松野良則、村上将城、村山太一、山岸 剛、山本忠宏、若山忠毅
ZINE展示|五十嵐貴之、片山心平、金子早苗、佐藤洋一、高本あや、仁仙、 三熊將嗣、渡辺一充、WOMB 他

レセプションパーティー|12月7日(日)17:00 - 19:00 ※同日イベント開催予定

ウェブ|http://www.hakkaten.info


お問い合わせ
info@hakkaten.info 電話 090-1668-8752(担当:三熊)

主催:HAKKA実行委員会  協力:BankART1929

▲トップへ


光の都市|光州

会期:2014年11月16日(日)〜12月4日(木) 11:00-19:00
会場:BankART Studio NYK / 3A+3B gallery
観覧料:無料



チラシはこちらをクリック↑
 光州は文化が都市を再生させ、市民の生活を豊かにできるという信念をもって様々な文化事業に取り組んでいる街です。その代表的な事業が「光州ビエンナーレ」や「アジア文化のハブシティ構想」です。もちろん文化がわずか数年間で都市を変化させることはできないでしょうが、長期にわたる継続的な努力が、次世代の生活や都市をより文化的でクリエイティブにすると信じています。また光州は精神の自由さを重んじ、芸術的な伝統や創造性が目立つ都市です。光州民主化運動に代表されるような反骨精神、農耕社会だった19世紀から受け継がれてきた伝統絵画や20世紀前半の日本留学派が移入した西洋画の影響、そして21世紀の現在はメディアアートが新しい芸術の流れを形成しています。
 他方横浜は、先進的な取り組みの都市計画や成熟した市民意識で知られているアジアを代表するクリエイティブシティです。BankART1929はこのような横浜で活動しているNPOで、アジアに横浜を広く知らせたアートスペースです。「光の都市|光州」という展覧会を東京やソウルではなく、横浜で開催する理由は、私たち自らがBankARTの持つ自生力や横浜の文化の力をみて、きいて、感じたいのと同時に、横浜の人々に光州の芸術世界をみていただき、アートを通じての共感や文化的交流に寄与したいからです。
 まるで運命のように名付けられた「光州」という地名のように、光州は「光の都市」だといえます。光州の人々は自ら意識していないかもしれませんが、確かに光州にはある種の「光」が存在するのだと。その「光」がどのようなかたちのメシアであるかは誰もわかりませんが、光州の人々がもつ各々の想いを代表し、今回の展覧会が光州の光を象徴するものであり、また隠喩するものであることを信じています。
光州市立美術館


■ 参加作家
朴 相華 /パク・サンファ
金 榮泰 /キム・ヨンテ
李 柱漢 /イ・ジュハン
李 二南 /イ・イナム
辛 堵元 /シン・ドウォン

お問合せ:BankART1929 TEL 045-663-2812 FAX 045-663-2813 info@bankart1929.com

企画・主催:光州市立美術館(韓国)
特別協力:BankART1929
後援:光州メディアアート創造フォーラム
東アジア文化都市 2014 横浜パートナー事業

▲トップへ


「東アジア文化都市と都市再生」パネル展

会期:2014年11月16日(日)- 12月4日(木)
時間:11:00 - 19:00
会場: BankART Studio NYK / 3C gallery



詳しくはこちらをクリック
第一塊東アジア文化都市に選ばれた日・中・韓 の3都市(= 横浜市/泉州市/光州市)における都市づくりを知り、これからの都市再生のあり方を考える。


東アジア文化都市2014横浜パートナー事業

問い合わせ:横浜市立大学 グローバル都市協力研究センター
TEL:045−787-8945 E-mail: hhyang@yokohama-cu.ac.jp

▲トップへ


「記憶のイメージ / イメージの記憶」展
吉野石膏美術振興財団 若手芸術家支援プロジェクト

会期:2014年11月15日(土)- 11月30日(日)
時間:11:00 - 19:00
会場:BankART Studio NYK / 2A+2B gallery
  入場料:無料



詳しくはこちらをクリック ↑
公益財団法人吉野石膏美術振興財団は、2008年の設立から若手芸術家が海外で行う研修への助成を続けてきました。7年目を迎える本年は、初の試みとしてこれまでの助成採択者より選出された若手アーティストによる「記憶のイメージ / イメージの記憶」展を開催いたします。
人は自身の体験だけではなく、他人のそれにも絶えず関心を持っており、モノや場所からも歴史を見出そうとします。そして記憶はそれぞれの頭のなかで確固たる存在としてあるものの、そのイメージはつねに揺れ動き、変化するものです。
ものに蓄積された時間を読み解くことへの強い関心、とらえどころのない記憶そのもののかたち。絵画、彫刻、映像、インスタレーションなど様々な分野で活躍する17名の作家たちの作品からは、そうした記憶のさまざまなありようを感じ取ることができます。

出品作家|吉野石膏美術振興財団在外研修助成採択者 16名
秋吉風人、岩田草平、江田ゆかり、越後正志、川村秀彦、絹谷香菜子、木村東吾、白土佳誉、鈴村敦夫、竹村 京、橋爪 彩、原 美湖、福島沙由美、前竹泰江、水越香重子、山下香里

展覧会公式サイト http://www.yg-artfoundation.or.jp/kioku-image/


問い合わせ:公益財団法人 吉野石膏美術振興財団
〒100‐0005 東京都千代田区丸の内3-3-1新東京ビル6階
Tel / Fax: 03-3215-3480
E-mail:exhibition2014@yg-artfoundation.or.jp

▲トップへ


横浜国立大学卒業設計作品展2014
1/24のながめ

会期:2014年3月21日(金)- 24日(月)
   11:30-19:00(最終日は -16:00)
会場:BankART Studio NYK / 2Aギャラリー
入場無料




関連イベント
3.23(日)16:00-19:00 円錐会賞講評会
横浜国立大学OB、若手建築家によるクリティークイベント


主催:横浜国立大学建築学教室 "y-sa"
企画:卒業設計作品展実行委員会
協賛:円錐会・水煙会

問い合わせ:実行委員会 yun.1per24@gmail.com

▲トップへ


疑い・調査・実践
2013年度女子美術大学芸術学部芸術表象専攻卒業研究展

会期:2014年3月19日(水)- 23日(日)
   11:30-19:00(最終日は-17:00)
会場:BankART Studio NYK / 3Cギャラリー




"疑い・調査・実践"は、女子美術大学芸術表象専攻の卒業研究展です。学生各自が抱く「疑い」をしっかり見つめ、それぞれのやり方でそれを「調査」して、何らかの「実践」を設計し実施する。それぞれの疑いを、自らの手で乗り越えるための試み。この展示は、よく仕上げられた作品によるものではありません。荒削りな、けれども真摯な試みの断片。ひょっとするとそのいくつかは、現代アートの核心に触れているかもしれません。

オープニングパーティ:3月19日(木)17:00-
ギャラリートーク:
3月22日(土)14:00-16:00 三田村光土里(アーティスト)×杉田 敦(美術批評・芸術表象教授)
3月23日(日)14:00-16:00 冨井大裕(アーティスト)×杉田 敦(美術批評・芸術表象教授)


主催:女子美術大学芸術表象専攻
協力:BankART1929
問い合わせ:芸術表象専攻研究室 042−778-6664

▲トップへ


横浜美術大学 工芸領域卒業制作展2014

会期:2014年3月18日(火)- 20日(木)
時間:11:30-19:00(最終日のみ17時迄)
会場:BankART Studio NYK / 2A+2Bギャラリー
入場無料






▲トップへ


多摩美術大学美術学部生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻
卒業制作展2014

会期:2014年3月14日(金)- 16日(日)
時間:11:30-21:00(最終日のみ19時迄)
会場:BankART Studio NYK
入場無料



クリックで拡大
プログラム
RECEPTION PARTY 14日(金)19:00-21:00
REUNION BANQUET 15日(土)19:00-21:00

詳しくはこちら
www.tamabiproduct2014.net
www.facebook.com/tauppd.gwe

▲トップへ


TETSUSON2014 卒業制作合同展

会期:2014年3月6日(木)- 9日(日)11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK / 横浜赤レンガ倉庫1号館
入場無料




「渾身の卒業制作を学校だけでなく全国規模で成果を発信したい。」
TETSUSONは、そんな学生の思いを実現した卒業制作合同展示会です。
地域・学校・分野ごとに行われる卒業制作展と異なり、これらの枠組みを超え作品を募り、2001年の発足から毎年開催しています。本展示会では、日本だけではなく韓国の学生も交えた、今の時代を生きる学生達のクリエイティブシーンを一挙に体感することができます。
参加大学(順不同)
武蔵野美術大学 桑沢デザイン研究所 女子美術大学 東京造形大学 日本大学 東京工芸大学 横浜美術大学 千葉大学 共立女子大学 名古屋市立大学 名古屋芸術大学 名古屋学芸大学 静岡文化芸術大学 東北芸術工科大学 新潟国際自動車大学校
(韓国参加校)
Hongik University Sungshin Womens University Chungang University Suwon University Ewha Womans University


詳しくはこちら
HP/http://tetsuson.com/
Twitter/@tetsuson2014
Facebook/tetsuson

■会期中のイベント
3.6(Thu)19:00- オープニングパーティー
3.8(Sat)13:00- シンポジウム
3.9(Sun)17:00- 公開審査
公開審査審査員 ( 順不同・敬称略) 飯田善彦( 建築家) / 小泉雅生( 建築家) / 三星安澄( グラフィックデザイナー)

▲トップへ


阿佐ヶ谷美術専門学校 卒業制作・修了制作展 2014

会期:2014年2月26日(水) - 3月2日(日) 11:30 - 19:00
会場:BankART Studio NYK 1F・2F




視覚デザイン科、メディアデザイン科、スペースデザイン科、イメージクリエイション科、絵画表現科、研究科の6科の学生が、学びの集大成として制作した作品を展示します。ご高覧ください。
□2月26日[水]18:00- オープニングパー ティー
□会期中卒業生有志によるトークイベント開催予定

詳しくは、
http://www.asabi.ac.jp


主催:学校法人阿佐ヶ谷学園 阿佐ヶ谷美術専門学校
お問合せ:03-3313-8655(代) info@asabi.ac.jp

▲トップへ


多摩美術大学 日本画専攻卒業制作展
「えちがい」

会期:2月26日[水]-3月2日[日] 11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK/3F




「えちがい」は 2013 年度多摩美術大学日本画専攻4年生有志による卒業制作展です。
28 人の作品のちがいと見る人の感性のちがいを通して鑑賞者と対話すること = 絵画を通した交歓をテーマに、全てを重ね合わせて作った言葉が今展示のタイトル「えちがい」です。ゲストを招いてのトークショーや日本画材に触れられるワークショップ等のスペシャルイベントもございます。


主催:多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻有志
お問い合わせ:080-4412-3240 kyoh.xa@gmail.com(代表:坂田恭平)

▲トップへ


横浜デジタルアーツ専門学校選抜作品展2014

会期:2014年2月22日[土]- 23日[日]11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK / 2Aギャラリー




横浜デジタルアーツ専門学校の学生による卒業制作、産学共同プロジェクトから選抜された作品を展示いたします。グラフィック・イラスト・ゲーム・CG・WEB・ミュージックと、多彩なジャンルの作品を、是非ご高覧ください。
http://yda.iwasaki.ac.jp/


主催:学校法人岩崎学園 横浜デジタルアーツ専門学校
お問合せ:045-474-5911

▲トップへ


横浜国立大学 マルチメディア文化課程展
MULTI EXPO

会期:2014年2月22日[土]-23日[日]
   11:30-19:00(最終日は17:00まで)
会場:BankART Studio NYK/3Aギャラリー




マルチメディア文化課程は消滅することになっている。

はじめまして、マルチです。
私たちマルチメディア文化課程は今年度卒業する第13期生をもって消滅することになっています。マルチメディア文化課程、通称マルチとは一体どのような課程だったのか?どのような人が集まっていたのか?多くの人々がまず気になる疑問ではありますが、私たち自身その答えを正確に語ることはできません。ただ、ひとつ言えるのは芸術大学でないながらも、その独特な気風から学生たちは様々な分野で活動を行い、各々の力を試してきたということです。
「マルチとはなんだったのか?」
今回の展覧会は現役生からOGOBまで、マルチメディア課程に関わった人々の発表の場であると共に、この答えを私たち自身が見つける為の場でもあります。そして、13年という月日にわたって続いた本課程を少しでも多くの方々に知っていただく機会になることを願っています。会場には映像、写真、プログラミング、パフォーマンス等、様々なジャンルの作品を揃えました。
みなさんのご来場、心よりお待ちしております。

マルチメディア文化課程展 運営委員 代表 山本航大


主催:横浜国立大学マルチメディア文化課程有志
お問合せ:090-3408-6993 multen2014@gmail.com

▲トップへ


和光大学表現学部芸術学科卒業制作展2014
-ism

会期:2014年2月13日(木) ‐ 2月17日(月)
   11:30‐19:00 (13日は13:00~)
会場:BankART Studio NYK / 3階 +1階 mini ギャラリー
入場無料




「-ism」とは本来名詞語尾に使われる接尾辞です。
しかし、あえて頭に何も付けないことで
和光大学生の持ち味である個々の「自由」を尊重しています。
何事にも縛られず、
ポジティブな意味で自分勝手な展示にしたいという気持ちで名づけました。
この卒業制作展「-ism」で
私達の芸術に対する「自由さ」「自分らしさ」を強く感じていただきたいです。


オープニングパーティ: 2月13日 17:00~

主催 和光大学表現学部芸術学科
問合せ 044-989-7488 (教学支援室)

▲トップへ


国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014
Performing Arts Meeting in Yokohama 2014

会期 : 2014年2月8日(土) - 2月16日(日)
会場:ヨコハマ創造都市センター(YCC)、KAAT神奈川芸術劇場、BankART Studio NYK、横浜赤レンガ倉庫1号館、STスポット 他



くわしくはこちらをクリック
日本で最大の舞台芸術の国際的なプラットフォーム。舞台芸術に関わるプロフェッショナルが国や地域を超えて出会い、公演、ディスカッション、ミーティングなど多彩なプログラムを通して情報交換、相互学習、ネットワーキングを行なう場です。また、一般のお客様にはプロがみたい・みせたい最新の作品をご覧いただけます。同時代の舞台芸術への関心と熱意を共有するみなさんの参加をお待ちしています。

主催:国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014 実行委員会(国際交流基金、公益財団法人神奈川芸術文化財団、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、PARC - 国際舞台芸術交流センター)
協力:BankART1929、(公財)横浜観光コンベンションビューロー、STスポット
後援:横浜市、神奈川県

問合せ:国際舞台芸術ミーティング in 横浜事務局(PARC - 国際舞台芸術交流センター内)
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-1-2-3F
Tel : 03-5724-4660 Fax : 03-5724-4661
Web : www.tpam.or.jp/2014/contact/


BankART Studio NYKとハンマーヘッドスタジオ新・港区で開催するプログラム

【TPAMショーケース】
木野彩子 「静 Shizuka」
日時 : 2月7日(金) 21:30  2月8日(土) 20:00
会場:BankART Studio NYK / 3Cギャラリー
入場料:一般¥3,000、学生¥2,500(要予約、学生証提示)/TPAM参加登録者特典:¥2,500

AAPA / アアパ 「ありしひ」
日時 : 2月14日(金) 20:00  2月15日(土) 15:00 / 18:00  2月16日(日) 12:00 / 15:00
会場:BankART Studio NYK / NYK ホール
入場料 : 一般前売¥2,500、一般当日 ¥3,000、学生前売¥2,000、学生当日¥2,500/TPAM参加登録者特典:¥2,000(事前申込のみ)

MOKK 「ヴァニッシング・リム」
日時 : 2月14日(金) 20:00  2月15日(土) 15:00 / 20:00   2月16日(日) 15:00 / 20:00
会場:ハンマーヘッドスタジオ新・港区
入場料 : 一般前売¥3,000、一般当日¥3,300円 学生前売当日共¥2,500、/TPAM参加登録者特典:各券種より¥500割引

【TPAMエクスチェンジ】
この場所にしかない出会いがある!
日時 : 2月14日(金) - 2月15日(土) 11:30-16:00
会場 : BankART Studio NYK / 2F
※ 入場にはTPAM参加登録が必要です。

【BÜHNE FREI ! - パフォーミングアーツのミーティングポイント】
BÜHNE FREI !(ビューネ・フライ!)とは、ドイツ語で「さあ、舞台へ!」という意味。ドイツのパフォーミングアート分野で活躍するアーティストを招いて、自分の活動や作品を紹介してもらいます。映像や資料などを見ながら個別にお話しいただけます。ドイツのレジデンス助成についての説明コーナーもあります。
日時 : 2月14日(金) - 2月15日(土) 11:30-16:00
会場 : BankART Studio NYK / 2F 
※ 入場にはTPAM参加登録が必要です。

▲トップへ


卒業展・修了展・学生展

日程:2014年2月-3月
会場:BankART Studio NYK
料金:無料



詳しくはこちらをクリック!
BankART1929では、「卒展」を「学内にむけての展覧会」であると同時に、社会が共有する「未来の卵展」と位置づけ、広く市民や専門家に開いていきたいと考えています。ここ数年、卒業展の会場としては全国でも人気のある場所のひとつになり、今年も10校の展覧会が開催されます。美術・建築・デザイン・クラフト等の多種多様な作品が、天井の高いBankARTの空間に、のびのびと展開されることでしょう。全て無料の展示になります。是非皆様、お誘い合わせの上、ご来館ください。


卒業展・修了展・学生展  2014年2月-3月

2月
13日[木]- 17日[月] 「-ism」 和光大学表現学部芸術学科 卒業制作展2014 NYK/3F+1F Miniギャラリー
22日[土]- 23日[日] 横浜デジタルアーツ専門学校選抜作品展2014 NYK / 2Aギャラリー
22日[土]- 23日[日] 横浜国立大学 マルチメディア文化課程展 NYK / 3Aギャラリー
26日[水]- 3月2日[日]阿佐ヶ谷美術専門学校卒業制作・修了制作展2014 NYK/1F Miniギャラリー+2F
26日[水]- 3月2日[日]多摩美術大学日本画専攻卒業制作展「えちがい」 NYK/3F

3月
6日[木]- 9日[日]   TETSUSON2014 NYK全館
14日[金]- 16日[日] 多摩美術大学プロダクトデザイン専攻 卒業制作展 2014 NYK全館
18日[火]- 20日[木] 横浜美術大学工芸領域卒業制作展2014 NYK/2A・Bギャラリー
19日[水]- 23日[日] 女子美術大学芸術表象専攻卒業制作展2013「疑い・調査・実践」NYK/3Cギャラリー
21日[金]- 24日[月] 横浜国立大学卒業設計作品展2014 「1/24のながめ」 NYK/2Aギャラリー

▲トップへ


TPAM Showcase 参加作品
静 Shizuka

日時:2014年 2月7日(金)21:30開演
         8日(土)20:00開演
  (開場は15分前)
会場:BankART NYK Studio / 3Cギャラリー
入場料:一般 3000円
    TPAMパスホルダー/学生 2500円
    (要予約)



詳しくはこちらをクリック
しづやしづしづのをだまきくりかえしむかしはいまもなすよしもがな


構成•出演:木野彩子

音楽•出演:八木美知依(17弦21弦箏)

照明:三浦あさ子

主催:キノコチケット/木野彩子

予約・問合せ:キノコチケット kinokoticket@gmail.com 080-4096-0610

▲トップへ


「フォーラム・次世代の建築とランドスケープ」
-女性デザイナーのグローバルな視点から-

日時:2013年12月21日(土)14:00-18:30
   13:00より受付開始 17:00より懇親会
会場:BankART Studio NYK / 1F / NYKホール
参加費:1000円(懇親会費含む)
* 建築学部の学生は半額、
2013年度建築士試験合格者は無料招待、
CPD単位:2単位




パネラー:大槻香代子(建築家)
澤山乃莉子(インテリアデザイナー)
関晴子(ランドスケープアーキテクト)

詳細はこちら
www.kanagawa-kentikusikai.com/event/453.html
※※温かい服装でお越しください

申し込み方法:メールにてタイトル「12/21 フォーラム参加希望」とし、
お名前、メールアドレス、をご記入いただき、下記アドレスまで送信して下さい。
seinen@kanagawa-kentikusikai.com

主催:一般社団法人 神奈川県建築士会  青年委員会 / 女性委員会

▲トップへ


東京芸大先端芸術表現科3年後期成果発表
Delta展 可能性の手触り

日時 : 2013年11月22日(金) ー 11月26日(火)
   11:30-19:00
会場 : BankART Studio NYK 3F / 3Aギャラリー
入場:無料



↑ 詳しくはこちらをクリック
詳細は http://ima.fa.geidai.ac.jp/event/delta2_2013/


問い合わせ:Delta2013ima@gmail.com 050-5525-2595(先端芸術表現科合同教員室)
主催:Delta展実行委員会

▲トップへ


一語一絵『地球を生きる』【上・下巻】出版記念
岩崎駿介氏講演会「横浜へのメッセージ」

日時:平成25年11月14日[木]18:30-9:30
場所:BankART Studio NYK 1階 / NYKホール
会費:5000円(一語一絵『地球を生きる』上・下巻付き)
講演会・交流会のみ参加の方は1500円(学生は無料)本はなし
※参加事前申込制(学生は当日参加可)



↑詳しくはこちらをクリック
私たちは、今「これからの横浜」をどうするか、そして、どのように「横浜の都市デザイン活動」を展開していくのか、という課題に直面しています。そこで、横浜の都市デザイン活動の基礎を創り、この度著書「一語一絵 地球を生きる(上)(下)」をまとめられた岩崎駿介氏をお招きし、米国、国連、NGO、日本等での活動を振り返りながら、これからの横浜に何を期待するか、「横浜へのメッセージ」を語っていただきます。また、これからの課題に取り組む私たち自身が、新しい側面から課題を見つめ直す機会として、岩崎氏と「未来の横浜」を語る場を設けました。

お申し込み(平成25年11月7日締め切り)・お問合せ
下記アドレスに、お名前、ご住所、ご所属をご記入の上、メールにてお申し込みください。(お問合せも下記メールアドレスにお願いします)
nagisa.coy@gmail.com tel:090-2223-5574(事務局菅井)


主催|ヨコハマ・夢・フォーラム 実行委員会 代表=国吉直行(横浜市立大学特別契約教授/前横浜市都市整備局エグゼクティブアーバンデザイナー)
共催|なぎさの会
後援|一般社団法人 神奈川県建築士会、一般社団法人 横浜市建築士事務所協会、公益社団法人 日本建築家協会関東甲信越支部神奈川地域会、公益社団法人 横浜歴史資産調査会、NPO法人 日本都市計画家協会、NPO法人 横浜プランナーズネツトワーク、横浜市都市整備局
協力|BankART1929

▲トップへ


日産アートアワード2013

会期:2013年9月18日(水)- 11月4日(月/祝)
    ※ 9月25日(水)はイベント開催のためご覧頂けません
時間:11:30 - 19:00
会場:BankART Studio NYK / Mini Gallery(1F) + 2F
入場:無料



↑ 詳しくはこちらをクリック
日産自動車は創立80周年を迎える2013年を皮切りに、「日産アートアワード」を創設いたします。日産アートアワードは、『人々の生活を豊かに』という日産の企業ビジョンに基づき、年齢を問わず、ユニークでグローバルな視点を持ち、次代を担うアーティストに隔年で送られるアートアワードです。第一回目の今回は現代アートを対象に行ない、国際的に活躍する審査員によって選抜された精鋭のアーティスト8名が新作を制作し、その中からグランプリ受賞者1名を決定します。日本発のフレッシュで刺激的なアート体験がここから始まります。

ファイナリスト
安部典子
小泉明郎
篠田太郎
鈴木ヒラク
西野 達
増山裕之
宮永愛子
渡辺英司


審査員
南條史生 森美術館館長(東京)
逢坂恵理子 横浜美術館館長(横浜)
ホァン・ドゥ インディペンデントキュレーター(北京)
ジャン・ド・ロワシー パレ・ド・トーキョー館長(パリ)
ローレンス・リンダー カリフォルニア大学バークレー美術館 パシフィック・フィルム・アーカイブ館長(サンフランシスコ)

主催:日産自動車株式会社
協力:BankART1929
後援:横浜市


お問い合わせ:日産アワード運営事務局
Tel:03-3441-3660
E-mail:naa@misashin.com
http://www.nissan-global.com/JP/CITIZENSHIP/NAA/

▲トップへ


muTRIO 1st album 発売記念 LIVE

日時:2013年10月13日(日)
   開場 16:30 開演17:00
会場:BankART Studio NYK / NYKホール
料金:前売り限定CD付きチケット 4,500円
  通常チケット 前売/当日 大人 3,500円 中高生 1,500円
  小学生以下無料(要保護者同伴)
(全席自由 ただし前売チケットご予約の方から優先入場となります)



↑ 詳しくはこちら
出演 muTRIO : STEVE ETO (perc.) RIE KOYAMA (vln.) HARUKA NIIMI (gtr)


予約・問合せ 1013@mutrio.net
当日問合せ電話番号 03-3370-4415

お名前(フルネーム)、チケットご希望枚数をご記入いただき、上記アドレスまでお送りください。
CD付きチケット、中高生割引チケットをお求めの場合は各枚数をご明記下さい。
チケットは当日受付にて現金引き換えとなります。事前の郵送はありません。

携帯電話からお申込みの場合
1013@mutrio.net からのメールが受信できるように設定をお願いします。
メールを送信していただきましたら、自動送信の予約完了メールが届きますので、返信が届かないようでしたら受信設定をご確認の上、再度 1013@mutrio.net までご連絡ください。

主催:newTRINO RECORDS 
協力:BankART1929

▲トップへ


広松木工 家具個展「WHITE FUSION」

会期:2013年9月13日(金) - 23日(月)
時間:11:30 - 20:00(初日は13:00-, 最終日は-17:00)
会場:BankART Studio NYK 3F
入場:無料



 ↑ 詳しくはこちらをクリック
記念すべき10回目を迎える、広松木工の個展。
広松が大切にしてきた言葉「WHITE FUSION」とは何かー、観て、触れて、感じる、11日間です。ぜひ、その手でお確かめください。

詳しくは www.hiromatsu.org

 ● 9/14 オープニングのお楽しみ
 みなさまと一緒にのんびりと愉しい時間を過ごしたくて、お飲み物やフードを用意しております。
 ご家族、お友達と一緒に、お気軽に遊びにいらしてください。

 ● 広松木工ワークショップ(予約制)
 ※ 9/5(金)より専用フォームにてご予約を受け付けます。
 広松木工の職人さんと一緒につくるワークショップ「こどもいすをつくろう」や「木のねんどであそぼう」を企画しております。お子さまと一緒におたのしみください。

  「こどもいすをつくろう」 各回定員 15名 参加費 9,000円
   9/14(土)   12:00-13:00 / 17:00-18:00
   9/15(日)   12:00-13:00 / 17:00-18:00
   9/16(月・祝) 12:00-13:00 / 14:00-15:00

  「木のねんどであそぼう」 各回定員 10名 参加費 1,000円
   9/14(土)   14:00-15:00
   9/15(日)   14:00-15:00


 ●会期中のご購入特典
 期間中、ご購入頂いた家具に関しましては、送料(家具:開梱・設置)をサービスいたします。
 (離島など地域によって、送料を別途ご負担頂く場合がございます)
 また、ご購入が一定額以上のお客様には、プレゼントをご用意しております。


 ●個展だけの特別企画
 9月20日(金)~23日(月)の4日間のみ、一部商品を除き、 展示商品を優待価格にて販売いたします。


 ■主催:広松木工株式会社

 ■お問い合わせ:Factory Shop Hiromatsu
  0944-87-5911 shop@hiromatsu.org

▲トップへ


リスボン@ペソア

日程:2013年6月13日(木)~ 6月16日(日)
会場:BankART Studio NYK / NYKホール
料金:前売一般 2,500円 当日 3,000円
   学生割引(要予約) 2,300円




原作:『新編 不穏の書、断章』(平凡社)
著者:フェルナンド・ペソア
翻訳:澤田 直
構成・演出:鹿島 将介
出演:稲垣 干城 井上 美香 瀧腰 教寛 立本 夏山 邸木 夕佳
衣装:富永 美夏  照明:山澤 和幸  音響:堤 裕吏衣  
舞台監督:鈴木 拓  宣伝美術:青木 祐輔  制作:永井 彩子 平井 光子 
  仙台制作協力:小濱 昭博(短距離男道ミサイル)

主催:重力/Note
後援:ポルトガル大使館 Camões, I.P. 日本ポルトガル友好470周年記念事業
協力:アマヤドリ 株式会社 平凡社 短距離男道ミサイル BankART Studio NYK

日程 :
2013年6月13日(木)~ 6月16日(日)
13日(木) 19:30
14日(金) 19:30★
15日(土) 14:00 / 19:00★
16日(日) 14:00★
※受付開始は開演の30分前、開場は15分前です。
★終演後、ゲストを迎えてのポストトークあり。各回25分程度を予定しています。
14日19:30の回は渡辺一史さん(駐日ポルトガル大使館職員/ペソーア研究者)、
15日19:00の回は三浦基さん(演出家/地点代表)、
16日14:00の回は山田亮太さん(詩人/TOLTA)をお招きします。


ご予約・お問い合わせ :
ご予約の際は予約フォームから手続きしていただくか、件名を「『リスボン@ペソア』チケット予約」としていただき、本文に「ご氏名(カナ)/希望日時/枚数/ご連絡先」を明記したものを劇団宛にメールしてください。こちらからの返信を持ちまして予約完了となります。なお、3日以上経過しても返信がない場合は大変お手数ではございますが、再度お電話か、メールにてご連絡下さい。
TEL:080-3750-1069(受付時間 10時~20時)
E-mail: info@jyuuryoku-note.com

詳細は下記をご覧下さい
URL : http://www.jyuuryoku-note.com/

▲トップへ


アフリカ祭 in ヨコハマ

日程:2013年5月27日(月)-6月1日(土)
会場:BankART Studio NYK 河岸 ほか



↑ 詳しくはこちらをクリック
◎ アフリカンテラス
会期 5月27日(月)~6月1日(土) 16:00-21:00
会場 BankART Studio NYK 河岸
アフリカンフードとドリンクを販売 (500円~)

◎ アフリカ祭
日時 6月2日(日) 11:30-21:00
会場 BankART Studio NYK 河岸とNYKホール
ミュージックライブとフード、ドリンク、グッズ販売
ドリンク/フード付きミュージックチャージ 2,500円

予約・問合せ 050-3595-4432
主催 旅のレストラン

▲トップへ


blanClass Anthology #1 at BankART MINI

会期:2013年4月18日(木)- 29日(月・祝)
   11:00 - 19:00
会場:BankART Studio NYK / Mini Gallery



詳細はこちらをクリック
このほど、blanClassアーカイブから2つのコンテンツ、
・対談集「写真か? 鷹野隆大+秦雅則」、
・DVD「西浦の田楽|多田正美/鈴木理策」発行を記念して、
今週木曜日から2週間「blanClass Anthology #1」がBankART MINIで開催されます。

期間中は展覧会に加え、毎週土曜のLive Art,拡張計画も完全出張しますので、出張全体がアンソロジー(撰集)になっています。 
港も今が一番いい季節です。ぜひこの機会に奮ってご参加ください。

【blanClass Anthology #1 at BankART MINIスケジュール】━━━━━━━

[1]4月18日(木)─29日(月・祝)|鷹野隆大+秦雅則 [写真か?]展
|同時開催:BC写真大学修了展 11:00─19:00 入場無料
http://blanclass.com/japanese/schedule/20130418-29_exhibition/

[2]4月19日(金)|杉田 敦[ナノ・スクール《nano school》#6]
19:30~ ¥1,200 /学生 ¥1,000
http://blanclass.com/japanese/schedule/20130419_nano-school6/
https://www.facebook.com/nanoschool

[3]4月20日(土)|[写真か?]出版記念対談|鷹野隆大+秦雅則
 19:30~ ¥1,200円/対談集つき ¥2,500(対談集のみ ¥1,500)
http://blanclass.com/japanese/schedule/20130420/

[4]4月25日(木)|CAMP[translations|戦争について #5]
19:30~ ¥1,200 /学生 ¥1,000(要予約)
http://blanclass.com/japanese/schedule/2013042_translations5/
http://ca-mp.blogspot.com/

[5]4月26日(金)|眞島竜男[DSN #4|フィールドからオブジェクトへ:近代美術館]
19:30~ ¥1,200 /学生 ¥1,000
http://blanclass.com/japanese/schedule/20130426_dsn4/

[6]4月27日(土)|DVD[西浦の田楽]発行記念|多田正美+中川敏光パフォーマンス
(トークゲスト:鈴木理策)19:30~ ¥1,200円/DVDつき ¥2,500(DVDのみ ¥1,500)
http://blanclass.com/japanese/schedule/20130427/

[7]4月29日(月・祝)|BC写真大学修了展公開講評会 出品 加田メグミ/宮澤響
13:30~ 入場無料 講師/秦雅則/調文明(写真史研究/写真批評)/村越としや(写真家)
http://blanclass.com/japanese/schedule/20130429/


主催・内容の問合せ:blanClass 〒232-0006 横浜市南区南太田4-12-16
E-mail info@blanclass.com URL http://blanclass.com

チラシのダウンロード→ http://blanclass.com/japanese/about/flyer/
コラム→ http://d.hatena.ne.jp/blanClass/

▲トップへ


畦地拓治 WAVE展

会期:2013年4月20日(土)11:00 - 20:00 
       4月21日(日)11:00 - 16:00 
※20日(土)終了後、オープニングパーティがあります。
会場:BankART Studio NYK 2F / 2Aギャラリー
料金:一般1,000円 学生500円 応援カンパ募ります。



詳しくはこちらをクリック
現代彫刻家 畦地拓治の十三回忌終え、スタートの年となる2013年春。 数十点の作品展示の他、所縁あるアーティストが集結しパフォーマンスを同時開催致します。

総合ディレクター/畦地真奈加
企画実行委員/加藤みや子 畦地亜耶加 翁譲 ヒグマ春夫 みわはるき 三輪美奈子 山崎博史 三上豊 栗原公


パフォーマンス・タイムテーブル
【4月20日(土)】
(1) 13:00-13:30 木原浩太(ダンス)
(2) 14:00-14:30 ケイタケイ(ダンス)
(3) 15:30-16:00 深谷正子(ダンス)
(4) 16:00-16:30 石井かほる(ダンス)
(5) 17:00-17:30 ヒグマ春夫(映像)× 寺杣彩(ダンス)
(6) 17:30-18:00 加藤みや子(ダンス)×畦地亜耶加(ダンス)高田みどり (per.)
(7) 18:30-19:00 多数(トーク)
終了 20:00

【4月21日(日)】
(1) 12:30-13:00 JEHO(ギター+歌)
(2) 13:00-13:30 畦地亜耶加(ダンス)
(3) 14:00-14:30 片岡道人(ダンス)
(4) 14:30-15:00 加藤みや子(ダンス)
終了 16:00 


問合せ:TEL&FAX 03-3308-0423 090-5344-5859(当日のみ)
    Email : info@azechitakuji-wave.com

主催:畦地拓治事務局

▶詳細はこちら→ http://www.azechitakuji-wave.com/

▲トップへ


TETSUSON2013(多大学による卒展/韓国7大学含む)



↑詳しくはこちらをクリック!

▲トップへ


多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業制作展



↑詳しくはここをクリック!

▲トップへ


駒沢女子大学人文学部空間造形学科卒業制作展2013



詳しくはここをクリック!

▲トップへ


全国合同卒業設計展「卒、13」



詳しくはここをクリック!

▲トップへ


阿佐ヶ谷美術専門学校卒業制作・終了制作展2013



詳しくはこちらをクリック!

▲トップへ


和光大学芸術学科 卒業制作展2013「I-MY-ME」



詳しくはこちらをクリック!

▲トップへ


TPAM in Yokohama 2013
(国際舞台芸術ミーティング in 横浜2013)

会期:2013年2月9日(土)ー17日(日)
   ※ BankART会場は2月14日(木)ー17日(日)
会場:BankART Studio NYK、ヨコハマ創造都市センター(YCC)、
   横浜赤レンガ倉庫1号館、KAAT神奈川芸術劇場 他




詳しくはこちらをクリック
TPAM(ティーパム)は、演劇、ダンス、音楽などの公演、街中パフォーマンス、マイクロ・フェスティバル、ディスカッション、 プレゼンテーションなどを通じて国内外から人々が集う、舞台芸術の国際的プラットフォームです。同時代の舞台芸術の創造、支援、発展、発信、交流、批評、 研究への関心と熱意を共有する皆さんの参加をお待ちしています。


問合せ:国際舞台芸術ミーティング in 横浜 事務局
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南 3-1-2-3F
Tel 03-5724-4660 | Fax 03-5724-4661 | tpam@tpam.or.jp


■ BankART Studio NYKで開催するプログラム
【ネットワーキング・プログラム】
舞台芸術の制作をめぐる諸問題に共に取り組み、アイディアを更新し、創造的活動を可能にするため、ネットワークは以前にも増して重要になって います。TPAM では、会場の間を移動する時間、パフォーマンスを観る 前や後の時間、ランチやディナー、それら全てを出会いの機会として活用していただきたいと考えていますが、同時に、より効率的で密度の高い情報共有とコ ミュニケーションを促進するため、時間と場所を特定してのネットワーキング・プログラムをご用意しています。スタンド出展形式での 活動紹介、対面型のミーティング、トピックを絞った同時通訳つきディスカッションなど、さまざまな参加形態があります。最新情報は http://www.tpam.or.jp/ をご覧下さい。
日時:2月14日(木) 18:30 - | 15日(金) 〜17(日) 10:30 -
会場:BankART Studio NYK 2F
入場にはTPAMパスが必要です(2月17日はTPAMパスがなくても無料でご入場いただけます)

【インターナショナル・ショーケース】
■フォレスト・フリンジ [英国] at TPAM
"Playing with Cities"
日時:2月14日(木) 18:00-22:00  15日(金)〜17(日) 12:00-22:00
会場:BankART Studio NYK 3F
入場:無料

【TPAMディレクション Plus】
■アンティエ・グライエ(AGF) [ドイツ]
Gedichterbe -- サウンド・ポエトリー ドイツ 詩と歌の遺産
日時:2月14日(木) 20:00
会場:BankART Studio NYK 1F / NYKホール
入場料:1,500円 TPAMパス特典1,000円

【TPAMショーケース】
■86B210
Through The Keyhole
日時:2月16日(土)20:00-21:00 
   2月17日(日)14:00 / 18:00
   両日12:00よりビデオ作品上映(無料)
会場:BankART Studio NYK 1F / NYKホール
料金:前売3,000円 当日3,500円 TPAMパス特典1,500円

【レセプション/パーティ】
■ウェルカム・レセプション
日時:2月14日(木)19:00-20:00
会場:BankART Studio NYK 2F
入場にはTPAMパスが必要です。

■クロージング・パーティ
日時:2月17日(日)20:30-
会場:BankART Studio NYK


TPAMとは?
1995年に「芸術見本市(Tokyo Performing Arts Market)」として開始。「見本市=Market」の名の通り、舞台芸術作品の流通促進を目的としていましたが、2005 年から同時代的舞台芸術に取り組むプロフェッショナルのネットワーキングにより重点を置くようになりました。2011 年に会場を横浜に移し、「TPAM」の「M」を「Market」から「Meeting」と改め、「国際舞台芸術ミーティング in 横浜(Performing Arts Meeting in Yokohama)」として再出発。 横浜の徒歩圏にある多様な文化施設を会場に、ショーイング・プログラム、ネットワーキング・プログラムを通して情報交換、相互学習、議論、交流のための国際的プラットフォームとして機能することを目指しています。
キュレーター、ディレクター、プロデューサー、プログラマー、ファシリテーター、その他無数の職業形態で活動するプロフェッショナルは、作品の紹介者であるだけでなく、インフラや制度の推進者、改革者であり、さらには「芸術」や「文化」の概念とその意味の作り 手でもあります。TPAM は、舞台芸術に取り組むプロフェッショナルの実践とコミュニケーションを促進するための国際的プラットフォームです。同時代の舞台芸術の創造、支援、発展、発信、交流、批評、研究への関心と熱意を共有するみなさんの参加をお待ちします。

主催:国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2013 実行委員会(国際交流基金、公益財団法人神奈川芸術文化財団、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、PARC ‒ 国際舞台芸術交流センター)
協力:BankART1929、象の鼻テラス、NPO法人STスポット横浜、急な坂スタジオ、有限会社ネビュラエクストラサポート(Next)
後援:横浜市、神奈川県
助成:公益財団法人ポーラ美術振興財団
協賛:株式会社野毛印刷社、株式会社横浜ビール
提携事業:舞台芸術制作者オープンネットワーク

▲トップへ


女子美術大学芸術学部メディアアート学科卒業制作展「eclosion」



詳しくはこちらをクリック!

▲トップへ


倉敷芸術科学大学 有志合同卒業制作展2013
「十字路」

会期:2013年2月2日(土) - 11日(月)
時間:11:30 - 19:00
会場:BankART Studio NYK /Mini Gallery



↑ 詳しくはこちらをクリック
同大学で芸術を学んできた大学生活の集大成ともいえる4名の展示。倉敷での卒業制作展出品作品がメインとなりますが、併せて新作の展示も行います。卒業を迎え進学・就職の分岐点に立った現在、これまでの制作から導き出した今後の制作活動の指針など、各学生の答えが詰まっています。

□オープニングパーティー 2月2日(土) 19:00 -
□座談会「好きなことが形になる」ゲスト/ 写真家・吉田繁 2月9日(土) 13:00 -15:00


主催:倉敷芸術科学大学有志 十字路展実行委員会

連絡先:
090-7127-9755 asyamobi@gmail.com

▲トップへ


ウェブ時代のこれからの写真のあり方を考える



詳しくはこちらをクリック!

▲トップへ


横浜国立大学教育人間科学部マルチメディア文化課程
卒業制作展覧会2012

会期:2013年2月2日(土)- 3日(日)
時間:2.2=11:30-19:00、2.3=11:30-16:00
会場:BankART Studio NYK / 3Aギャラリー




マルチメディア文化課程は学部の改組によって2011 年度から募集を停止し、2012 年現在の3,4年生の卒業によってマルチメディア文化課程は消滅することになりました。所属学生は様々な分野で活動をしながらも芸術大学ではないため、これまで課程あげての卒展は行うことがありませんでした。そこで課程がなくなってしまう今、成果物である映像、写真、インスタレーション、パフォーマンス等の展示・上演企画を実施します。

詳しくは http://multi-ten.tumblr.com/


主催:マルチメディア文化課程有志

問い合わせ:
Tell 080-4448-4125 Mail multen.info@gmail.com

▲トップへ


多摩美術大学 造形表現学部 映像演劇学科 卒業制作展
風にのれ!~情熱 想像力 明日へのメッセンジャー~

会期:2013年1月20日(日)- 27日(日)
時間:11:30-19:00(最終入場)
(土日はトークショー開催につき21:30閉館)
入場:無料



↑ 詳しくはこちらをクリック
映像演劇学科は映画、演劇にはじまり、写真、彫刻、インスタレーション、パフォーマンスまで、一言に括ることのできない表現を内包しています。それらを柔軟に横断し、自由に思考する導線をつくることを目標に、本卒業制作展では「歩行」という言葉を企画・運営の中心に定めました。だれがどこへ向かうのか、なにが通過していくのか、或いは、なにをもって歩けないのか、どこに停滞するのか、そうした自由な「歩行」を当たり前としないということから考え始め、一つの展覧会として映像演劇学科の卒業制作展を発信していきます。
イベント「情報と物語」
現代という時代性を軸に、私たちは作り手として、また生きるものとしてどう物語を紡いでいくか、なにを情報として見つめていくのか、物語とはなにかを、映・演・美術という三分野から見ていき、現代について、或いは芸術についての、なにか確かな真実を掴みたいというトークショーです。
第一部 1月20日(日) 大久保賢一( 映画評論家) ほか
第二部 1月26日(土) 丹羽良徳( 行為芸術家)
         石田尚志( 美術家、映像作家)
第三部 1月27日(日) 大物劇作家出演交渉中!

詳しくは http://www.eess2012.com/

▲トップへ


卒業展・修了展・学生展  2013年1月-3月

日程:2013年1月-3月
時間:11:30-19:00
  [展示により開始/終了時間が異なる場合有] 
会場:BankART Studio NYK



↑ 詳しくはこちらをクリック!
今年も卒業展のシーズンがやってきました。BankART1929では、「卒展」を「学内にむけての展覧会」であると同時に、社会が共有する「未来の卵展」と位置づけ、広く市民や専門家に開いていきたいと考えています。ここ数年、卒業展の会場としては全国でも人気のある場所のひとつになり、今年も12校の展覧会が開催されます。美術・建築・デザイン・クラフト等の多種多様な作品が、天井の高いBankARTの空間に、のびのびと展開されることでしょう。全て無料の展示になります。是非皆様、お誘い合わせの上、ご来館ください。


1月20日[日]- 27日[日]
多摩美術大学 造形表現学部 映像演劇学科 卒業制作展
「風にのれ!~情熱 想像力 明日へのメッセンジャー~」

NYK全館

2月2日[土]- 11日[月]
倉敷芸術科学大学 有志合同卒業制作展2013「十字路」
NYK / 1F Miniギャラリー

2月2日[土]- 3日[日]
横浜国立大学教育人間科学部マルチメディア文化課程卒業制作展覧会2012
NYK / 3Aギャラリー

2月6日[水]- 10日[日]
HAKUSHI2012 「境界 " The Boundary "」
NYK / 3Aギャラリー

2月8日[金]- 11日[月]
女子美術大学芸術学部メディアアート学科卒業制作展「eclosion」
NYK/2A・2B・スタジオ203

2月21日[木]- 25日[月]
和光大学芸術学科 卒業制作展2013「I-MY-ME...」
NYK/3F+1F Miniギャラリー

2月27日[水]- 3月3日[日]
阿佐ヶ谷美術専門学校卒業制作・修了制作展2013
NYK/2A・2B・スタジオ203

2月27日[水]- 3月3日[日]
駒沢女子大学人文学部空間造形学科卒業制作展2013
NYK/1F NYKホール

3月1日[金]- 3日[日]
全国合同卒業設計展「卒、13」
NYK/3Aギャラリー

3月8日[金]- 10日[日]
多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業制作展
NYK全館

3月14日[木]- 17日[日]
TETSUSON2013
NYK全館

3月20日[水]- 24日[日]
横浜国立大学卒業設計作品展 2013
NYK/1F NYKホール


※お問い合せ=各展覧会の主催[チラシpdf参照]

▲トップへ


リヨン大学--リヨン市--東京大学 横浜公開セミナー
スマート・コミュニティ 実践的経験連携のために

日時:2012年9月7日(金)14:00-
会場:ハンマーヘッドスタジオ 新・港区




いま、世界各地で、スマート・コミュニティ・プロジェクトが展開している。 横浜市にリヨン市幹部、リヨン大学幹部が訪問する機会をとらえ、リヨン市、横浜市、柏市など各地での具体的展開状況を紹介しあうことで実践的経験を連携させ深化させていくみちすじを探ってみたい。

■内容
1.リヨン市におけるスマート・コミュニティへの取組 リヨン市 副市長Mr. Jean-François Arrue
Public policies and smart community projects carried out in Lyon
2.横浜市におけるスマート・コミュニティの取組 横浜市温暖化対策統括本部副本部長 中島徹也
3.横浜市・リヨンスマートシティプロジェクトの技術側面
 株式会社 東芝 スマートコミュニティ事業統括部 主査 西村信孝
4.柏の葉スマート・シティ・プロジェクト  ㈱日建設計総合研究所 理事 上席研究員 山村真司
5.長崎EV&ITS プロジェクト  長崎県産業労働部EVプロジェクト推進室 室長 野嶋克哉 6.意見交換


主催:東京大学生産技術研究所、リヨン大学
協力:横浜市、BankART1929、ハンマーヘッドスタジオ運営委員会
問い合わせ:東京大学生産技術研究所 信太(しだ)
      Tel:03-5452-6401,Mail:shida@iis.u-tokyo.ac.jp

▲トップへ


Brazil connection
ブラジルを横浜から発信

日時:2012年7月15日(日) 13:00-19:00
   2012年8月12日(日) 13:00-19:00
会場:BankART Studio NYK / NYKホール
料金:入場無料



詳しくはこちらをクリック
会場にてDJ、サンバ、カポエラ、ブラジル雑貨販売、シュラスコ等が有ります。


問合せ 080-6675-1552 (日本語) 080-3310-3256 (Portugues) 
主催 NPO 「地球の心・日本」
協力 在外ブラジル・パラ州人会 NOVA AMAZON
後援 駐日ブラジル大使館 JICA横浜海外移住資料館 公益財団法人海外日系人協会 ステーキ・ハウス・ガウシャ 前田貿易 ラテンヤマト ウニベル・ツール

▲トップへ


Breath 展

会期:2012年7月14日(土) - 20日(金)
時間:11:30 - 19:30
場所:BankART Studio NYK / Mini Gallery
入場:無料



詳しくはこちらをクリック
本展覧会「Breath展」は多摩美術大学の授業<PBLⅡ-9 文化演出の現在>に参加する、学生が企画・主催する展覧会です。
人間は存在していくために息を吸い込み、そして吐き出します。また息を交わすことによって、人は他者と交感し、意思の疎通を計ることで、完全な生命体として存在することができます。アーティストは作品を通じて呼吸し、観客とコミュニケーションします。そのことを意味して、展覧会名を「Breath=息、呼吸」と題しました。この展覧会で私たちは観客と共に呼吸し、コミュニケーションすることで、作品を芸術として完成させたいと思っています。
本展覧会は多摩美術大学にて開催された後、7月14日から横浜のBunkART Studio NYKに巡回します。是非ご観覧下さい。(Breath実行委員会広報部)


■イベント
アーティストトーク 7月14日(土) 16:20より
レセプション 7月14日(土) 17:20より


参加アーティスト:
広瀬 陽(工芸4年) 朴 仙旻(環境デザイン3年) 武井 明希子(油画3年) 栗原 知(油画3年) 小林 奈央実(油画3年) 鈴木 有美(油画3年) 二反田 彩(油画3年) 梅田 重明(油画3年) 植竹 睦美(油画3年) 水嶋 渚(油画3年) 羽石 真奈美(油画3年) 熊倉 涼子(油画3年) 白鳥 友里恵(油画3年) 池田 萌子(工芸3年) 竹之内 佑太(工芸3年) 久保 恵理(油画2年) 岡野 睦美(油画2年) 相澤 安嗣志(日本画2年) 佐藤 健太郎(日本画2年) 松田 紫野(日本画2年) 近藤 晴夏(日本画2年) 大浦 七海(日本画2年) 川副 麻里子 (日本画2年) 土岐奈々央(油画2年) 菅原 彩美(油画2年) 謝 欣欣(情報デザイン研究生)

キュレーター
崔 貞伊 (芸学3年)チーフ・キュレーター
謝 欣欣(情報デザイン研究生)アシスタント
朴 仙旻(環境デザイン3年)アシスタント


主催 多摩美術大学情報デザイン学科 Breath 実行委員会
協力 BankART1929

▲トップへ


混浴温泉世界カフェvol.3 in 横浜

日時:2012年7月16日(月/祝) 14:00 -15:00
場所:BankART Pub
料金:無料(カフェにてドリンクの注文をお願い致します)
予約:不要




今年の10月6日(土)から12月2日(日)までの58日間、大分県別府市で開催する、別府現代芸術フェスティバル2012「混浴温泉世界」。国際的に活躍するアーティストが別府のためだけに構想した新作の展示を行います。ここ以外では体験、鑑賞できない、質の高い大規模な8つのアートプロジェクトが点在します。今回、総合プロデューサー・山出淳也と総合ディレクター・芹沢高志が港町・横浜で「2人がなぜ混浴温泉世界というタイトルのアートフェスティバルを立ち上げようと思ったのか」「また誰に頼まれているわけでもないのに一度ではなく継続して開催していこうと思ったのか」混浴温泉世界の中心にいる二人が語ります。 お茶を飲みながらまったりと、温泉につかるようにゆったりと、アートのこと、別府のこと、聞いてみませんか?是非お気軽にお越し下さい。

主催:別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」実行委員会
問い合わせ:0977-22-3560 <NPO法人BEPPU PROJECT内>
混浴温泉世界HP:http://www.mixedbathingworld.com


芹沢高志( P3 art and environment 統括ディレクター)
1951年東京生まれ。1989年、P3 art and environmentを設立。以後、現代美術、環境計画を中心に、数多くのプロジェクトを展開する。アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(2002~)。とかち国際現代アート展「デメーテル」総合ディレクター(2002)。横浜トリエンナーレ2005キュレーター。別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」総合ディレクター。著書に『この惑星を遊動する』、『月面からの眺め』など。

山出淳也( NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事)
1970年大分生まれ。PS1インターナショナルスタジオプログラム参加(2000-01)。文化庁在外研修員としてパリに滞在(2002-04)。主な展覧会として「台北ビエンナーレ」台北市立美術館(2000-01)、「GIFT OF HOPE」東京都現代美術館(2000-01) 、「Exposition collective」Palais de Tokyo/パリ(2002)など多数。帰国後、地域や多様な団体との連携による国際展開催を目指して、2005年にBEPPU PROJECTを立ち上げ現在にいたる。 平成20年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞(芸術振興部門)

▲トップへ


黄表紙プロジェクト
山東京伝も驚愕の映像音楽新世界

日時 2012年6月8日(金) 18:30開場 19:30開演
場所 BankART Studio NYK / NYKホール
料金 予約/4,000円 当日/4,500円 学生/2,000円(要学生証)
   全席自由



くわしくはこちらをクリック
出演 モリイクエ (映像 エレクトロニクス)  巻上公一 (語り テルミン) ジム・オルーク (シンセサイザー)  元永拓 (尺八) シャニア・ブルーメンクランツ (ベース、ウード)
 

予約・問合せ  0465-63-0578 (10:00~18:00) ticketdesk@makigami.com
主催 MAKIGAMI OFFICE
協力 BankART1929

▲トップへ


鳥公演#2「すがれる」

日程:2012年5月24日(木)~28日(月)
会場:BankART Studio NYK / NYKホール
料金:全席自由
一般前売2500円 / 一般当日2800円
学生前売2200円 / 学生当日2500円
初日割引(5月24日(木)19:30の回) 一般2200円 / 学生2000円
※当日券の初日割引はございません)
※学生チケットをお求めの場合は、
 当日受付にて学生証をご提示いただきます



詳しくはこちらをクリック
作・演出 西尾佳織
出演 森すみれ(鳥公園)  若林里枝 吉田圭佑 武井翔子


公演時間
5月24日(木)★19:30
5月25日(金)★19:30
5月26日(土)★14:00 / 18:30
5月27日(日)14:00 / 18:30
5月28日(月)14:00
★の回は、終演後に「すがれる」北九州版の映像上映あり(上映時間、約40分予定)
受付開始は開演の1時間前、開場は30分前です。

ご予約方法
・CoRichチケット!からのお申込み
 http://ticket.corich.jp/apply/35752/
もしくはチラシのQRコードから予約フォームにアクセスし、必要事項をご記入ください

・メールによるお申込み
件名を「チケット予約」とし、本文に、お名前(フリガナ)・ご希望日時・チケット種類・枚数をご記入の上で、info.birdpark@gmail.com宛てにご送信ください。鳥公園からの返信を以て、ご予約完了となります。(※ご予約受付は、ご観劇希望日の前日24時まで)



問い合わせ 鳥公園 080-5472-5657 info@birdpark@gmail.com

主催 鳥公園 http://birdpark.web.fc2.com/

▲トップへ


tpt82「ベルナルダ・アルバの家」

日程:2012年5月9日(水)~5月20日(日)
   ※ 5月13日休演
会場:BankART Studio NYK / NYKホール
料金:全席自由 5,500円
   25歳以下 3,000円 (tpt電話予約&当日券のみ)




原作:フェデリコ・ガルシーア・ロルカ
訳:広田敦郎
演出:門井均
美術:朝倉摂
音楽:かりん
衣装:萩野緑
出演:安奈淳 広瀬彩 森ほさち 秋定史枝 堀杏子 蓮見のりこ 井料瑠美 野崎美子 菊池ゆみこ 清水あつこ 棚橋由佳 浜田えり子 大道朋奈 藤原恵 尹美那 三間京子 谷英明 中川香果 廣畑達也 三上剛


公演時間
5. 9(水) 19:30
5.10(木) 19:30
5.11(金) 14:00
5.12(土) 13:30 17:30
5.13 (日) 休演
5.14(月) 19:30
5.15(火) 14:00
5.16(水) 14:00
5.17(木) 19:30
5.18(金) 14:00
5.19(土) 13:30 17:30 5.20(日) 13:30


チケット取扱 tptオンラインチケット www.tpt.co.jp
電話予約・問い合わせ 03-3635-6355

主催 有限会社シアタープロジェクト・東京  文化庁

▲トップへ


FUTURE SHORTS FESTIVAL SPRING 2012

日時:2012年5月19日(土)
   14:00-17:00 / 18:00-21:00
会場:BankART Studio NYK / Miniギャラリー
料金:800円



↑ チラシはこちらをクリック
ロンドンに拠点を置き、ショートフィルムのクリエイターと観客を結ぶ FUTURE SHORTSは、2003年からインターネットやライブイベント、配給を通して、ショートフィルムの新しい鑑賞方法を構築してきました。彼らによって厳選された作品は、年に4回、 Future Shorts Festival として55カ国150都市で、ボランタリーたちによって同時期に上映されています。 そして日本では、2012年1月に3331Arts Chiyodaで上映されて以来、今回が2季目となります。イベントにおいては、ショートフィルムの上映とともに、音楽、ライブアート、飲み物なども楽しむことができ、観客同士のコミュニケーションも生まれる場として好評を博しています。

参加方法
1. Facebook↓で 参加する!をクリックして当日、入口で購入。
    http://www.facebook.com/FutureShortsJapan/events

2. メールで予約し当日、入口で購入。
お名前と人数を送ってください。 makiko@e06.itscom.net


詳しくは下記サイトをご覧ください。
http://www.futureshorts.com/index.php?site=50

問い合わせ
makiko@e06.itscom.net  080-1174-7218

▲トップへ


よこはまシャルソン

日程:2012年4月14日(土) 11:00~スタート 17:30ゴール
場所:横浜臨海エリア
  (受付スタート/ゴール・報告パーティ会場=BankART Mini)
参加人数:100人
参加料金:2,000円(Tシャツ、パーティ代含む)
開催にあたって:小雨決行 晴天祈願 荒天中止




おもいやりライト運動Presents
街を感じる季節を愛でる地域発見ソーシャルマラソン

コースなし競争なし徒歩あり休憩あり、街や人や風景を味わう自由すぎるマラソン。
ソーシャルマラソン(シャルソン)が横浜にやってくる。
出会いと偶然を受け入れて、照れを越えて誰かとつながる。
楽しみながらおもいやりの感覚を再発見してみる実験です。

詳しくは、下記websiteをご覧ください。
http://www.omoiyari-light.com/CIALTHON/

主催:よこはまシャルソン実行委員会(経堂マラソン、グリーンドリンクス横浜、横浜ペダルプロジェクト)、おもいやりライト運動事務局
運営協力:パクチーハウス東京、横浜市道路局総務部交通安全・放置自転車課、横浜市民放送局、横濱うたげや ど根性ホルモン、象の鼻カフェ、mass×mass関内フューチャーセンター、THE-SPACE、驛の食卓、レストラン ラタトゥイユ(調整中)、Cafe&Dining SAKAE、BAR de Mirai、横濱いせぶらカフェ、ベロタクシー横浜、Bar de Mirai、Tanemaki 、シクロポリタン

▲トップへ


横浜インターナショナルスクール卒業作品展2012
IB Diploma Art Exhibition

会期:2012年4月16日(月)~22日(日)
時間:11:30~19:00
会場:BankART Studio NYK 2F / ギャラリーA+B
入場:無料



詳しくはこちらをクリック
国際バカロレア後期課程美術科が毎年行っている作品展を一般公開します。今年卒業する13名の生徒が絵画、彫刻、陶芸、インスタレーション、グラフィック、ファッション、デジタルメディアなど幅広い作品を展示致します。YISの国際バカロレア後期課程美術科は、国際バカロレアディプロマプログラムの一環として2年間の厳しいコースを修了し、多くの卒業生は世界中の名門デザイン校や大学に進学します。今回開催する展覧会は、本校PTAのご協力により開催できることとなりました。

学校紹介
横浜インターナショナルスクールは、横浜の国際ビジネスコミュニティにより1924年に設立されました。現在では約45カ国より集まった650名近くの生徒がプリスクールから第12学年(年少から高校3年生)に在籍しております。本校は世界で2番目に「インターナショナル」と称した学校で、支援の整った環境の中で高水準かつバランスのとれた教育プログラムを提供することを使命としております。生徒達の勉学及び社会的能力の向上を助け、国際人としての可能性を最大限に高める教育理念を掲げております。

問い合わせ:横浜インターナショナルスクール 045-622-0084 (平日のみ)
主催:横浜インターナショナルスクール http://www.yis.ac.jp

▲トップへ


Food featuring Nils Petter Molvær Japan tour 2012

日時:2012年4月20日(金) 18:30開場/19:30開演
会場:BankART Studio NYK / NYKホール
料金:予約4,000円 当日4,500円 学生2,000円(要学生証)
   (50席を予定)



↑ 詳しくはこちらをクリック
出演:Nils Petter Molvær (トランペット)
   Iain Ballamy (サキソフォン)
   Thomas Strønen (ドラムス)
   巻上公一 (ヴォイス / テルミン)
   神田佳子 (パーカッション)
   中村仁美 (篳篥)


予約・問合せ:0465-63-0578 (10:00〜18:00) ticketdesk@makigami.com
主催 MAKIGAMI OFFICE
協力 BankART1929

▲トップへ


first ON!
関東圏美術大学合同大新歓

日時:2012年4月15日(日) 13:30開場
会場:NYKホール+Miniギャラリー
料金:新入生学生証提示で無料




詳しくは、下記websiteをご覧ください。
http://firstooon.com


主催:first ON!
問い合わせ:first ON! 代表 堀 倫太朗  080-3306-3921  rintaro1808@gmail.com

▲トップへ


多摩美術大学大学院絵画専攻油画研究領域修了制作展
「日常の変容」

会期:2012年3月26日(月)− 31日(土)
時間:11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK / 2F
入場:無料




日常とは誰にとっての常なのだろう?3.11以降、私たちの持っていた日常観はがらりと様相を変えました。この大きな変化は表現者としての私たちにも影響を与えたはずです。そして私たちは大学院を修了し、社会に出るという大きな節目を迎えています。個々の作家が各々の変容して行く日常をどの様に捉え、どの様な答えを目指し問い続けて行くのか。この展示をひとつのアンカーポイントとして世界に提示出来れば幸いです。

詳細はこちらをご覧ください。
https://sites.google.com/site/nichijounohenyou

<主なイベント>
◎トークショー
日時:3/31(土)14:00 - 16:00
ゲスト:本江邦夫(美術史学者/多摩美術大学教授)
    室越健美(画家/多摩美術大学教授)
    杉田敦(美術批評/女子美術大学教授)
司会:村田真(美術ジャーナリスト/BankARTスクール校長)

◎レセプション
日時:3/31(土)16:30 - 18:30

◎アーティストトーク
日時:3/26(月)、3/28(水)、3/30(金)17:00 - 18:30

学科紹介
多摩美術大学大学院博士前期課程(修士課程)では専門性をより深め、同時にジャンルを横断できる柔軟な人材を育成しています。絵画専攻油画研究領域は、先鋭な時代感覚に裏づけられた、より個性的で自由闊達な美の創造の確立を図っております。また、各専攻において深められる「縦軸」だけでなく、他分野・異文化との交流からもたらされる「横軸」をも活発にし、人間的成長をはかるために「国際講評会」を行っています。

問い合わせ
nichijou.henyou@gmail.com
090-2672-9309(代表)

▲トップへ


台北市・横浜市アーティスト交流プログラム2011
Lo Shih-tung / 羅 仕東 展覧会「ドン・キホーテは誰だ?」

会期:2012年3月16日(金)- 30日(金)
時間:11:30-19:00
   ※初日16日(金)19:00よりオープニングパーティー

会場:BankART Studio NYK/2F/スタジオ201



↑ 詳しくはこちらをクリック
主催:BankART1929
共催:アーツコミッション・ヨコハマ
   (横浜市文化観光局・公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
問い合わせ:BankART1929 info@bankart1929.com 045-663-2812

▲トップへ


Brewery Opening Festival 「 2012出航!」

日時:2012年3月25日(日)
時間:14:00 -19:00(18:30Last Call)
会場:BankART Studio NYK 3F
料金:前売券 2,500円 / 当日券 3,000円



詳しくはこちらをクリック
2011年8月、横浜・吉田町に誕生した新たなビール醸造所BAY BREWING YOKOHAMAが、いよいよ醸造を開始しました。
10種のオリジナルビールを携え、大海原へ出航。Brewery Opening Festivalを開催します。

主催:BAY BREWING YOKOHAMA
協力:BankART1929
問合せ:BAY BREWING YOKOHAMA 045-341-0450

▲トップへ


Curiosity 好奇心の発見
ドキュメンタリーワークショップ

日程:2012年3月24日(土)
時間:11:30-18:00
会場:BankART Studio NYK



詳しくは画像をクリック。
このワークショップでは、中高校生の隠れた好奇心や可能性を探り、見つけ、育みます。好奇心と可能性は、彼らの"未来"。学校教育とは違ったアプローチで、自発的、創発的、実際的に、彼らの好奇心と可能性を広げていくことを目指します。

詳しくはこちらをご覧下さい。
URL:http://japan.discovery.com

主催:ディスカバリー・ジャパン株式会社
協賛:インテル株式会社
協力:ATMK.Co,.Ltd BankART1929
お問合せ:ディスカバリーチャンネルカスタマーセンター 0120-777-362

▲トップへ


TETSUSON2012

会期:2012年3月15日(木)- 18日(日)
時間:11:30 -19:00(最終日17:00まで)
会場:BankART Studio NYK 全館
入場:無料



詳しくはこちらをクリック
TETSUSONは、学生主体で運営する、学生クリエーターのための卒業制作合同展示会です。「すべてのクリエイターにとって刺激的な存在であり続けたい。」という信条のもと、分野・大学・国などのあらゆる枠を超えた交流の場を提供します。
特別常設展では卒業制作だけでなく1年生から3年生の作品も展示します。

《イベント》
□オープニングパーティー
日時:3月15日(木)19:00-

□TETSUTOWN
日時:3月16日(木)- 18日 11:30-19:00(最終日は17:00)

□公開審査
日時:3月18日(日)12:30-17:00
ゲスト:飯田侑希(プロダクトデザイナー)
    下山幸三(インテリアデザイナー)
    八谷和彦(メディアアーティスト)
    谷尻 誠(建築家)

主催:TETSUSON 2012
問合せ:TEL 090-1272-0937(代表:宮城) MAIL maki-miyagi@tetsuson.com
HP:http://tetsuson.com

▲トップへ


多摩美術大学大学院テキスタイルデザイン専攻修了作品展

会期:2012年3月9日(金)− 12日(月)
   ※ 3月10日(土)17:00よりパーティあり
時間:11:30-19:00(最終日17:00 まで)
会場:BankART Studio NYK / 2Aギャラリー




本年度修了の、大学院美術研究科デザイン専攻テキスタイルデザイン研究領域修士2年の8名により、修了作品展を開催致します。
これまでの2年間の集大成として、研究成果を織、染め、シルクスクリーン等、それぞれの技法や表現方法を用いて制作したテキスタイル作品を展示します。
詳しくは http://www.tamabi.ac.jp/tx/

学校紹介
多摩美術大学大学院博士前期課程デザイン専攻テキスタイルデザイン研究領域では、各自の研究テーマを設定した上で、繊維素材を多様な視点で考察し、染、織、シルクスクリーンなどの染織技法を用いて独自の表現を探っていきます。
これまで培ってきた知識や技術を理論的知識とともにさらに深め、より高度な表現の可能性を目指します。

主催:多摩美術大学大学院テキスタイルデザイン専攻修了作品展実行委員会
問い合せ:080-1700-5138(代表)

▲トップへ


多摩美術大学大学院美術研究科版画修了制作展2012

会期:2012年3月7日(水)− 12日(月)
   ※ 3月10日(土)17:00よりパーティあり
時間:11:30-19:00(最終日17:00 まで)
会場:BankART Studio NYK / 2Bギャラリー




大学院版画領域2年生、12名による、多摩美術大学大学院美術研究科版画修了制作展2012を開催致します。一口に版画と言っても版画には様々な領域があり、木版・銅版・リトグラフなどの伝統的な技法と研究で得た自由なアイディアを活用して、各々の「版表現」という独特の世界を展開しています。※3月10日(土)17:00から、ささやかながらパーティーを開催致します。
詳しくは http://taumpm2012.tumblr.com/

学校紹介
多摩美術大学大学院版画領域は、時代における版表現の各々の意味と意義を考え、より多角的な視野と思考により鮮明で創造的かつ作家やクリエーターとしての発表能力を深める制作研究を行っています。また、国際活動や発表を通して柔軟なコミュニケーション能力を養うことも重要であると考え、よりグローバルに国際社会へ適応する研究領域の具体化を目指しています。


主催:多摩美術大学大学院美術研究科版画修了制作展2012実行委員会
問い合せ:taumpm2012@gmail.com 042-79-5621

▲トップへ


駒沢女子大学人文学部 空間造形学科卒業制作展2012

会期:2012年3月7日(水)- 3月11日(日)
会場:BankART Studio NYK / 1F/ Mini Gallery
時間:11:30-19:00
料金:入場無料




この展覧会は「人のくらし」をトータルにデザインできる、また考えることのできる、を目標として学んできた学生たちの4年間の集大成です。建築・インテリア・プロダクト・陶芸・織、各分野からのジャンルを問わない多彩な発想と提案を見てください。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.komajo.ac.jp/uni

主催:駒沢女子大学人文学部空間造形学科
問合せ:Tel 042-350-7111(内線420 空間造形学科)

▲トップへ


404notfound
和光大学 卒業・修了制作展

会期:2012年2月29日-3月4日
時間:11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK 3F
料金:入場無料




Webページが見つからないときに表示される「404notfound」。これは「要求された内容が見つからない」という意味である。いま、社会は私たち若者をあまり受け入れてはいない。ゆとり世代というレッテルを貼られた私たちに向けて、社会という名のサーバーは常にこの「404notfound」というエラーメッセージを送り続けている。求められていないのであれば、私たちは自らの手で新たな表現のフィールドを切り開いていかなければならない。

オープニングパーティ 2/29(水) 17:00~

学校紹介(学科紹介)
小さな実験大学である和光大学は、3学部7学科の総合大学で、その中に芸術学科があります。開学当初からある芸術学科は、現在は1学年80人定員ながら、絵画・彫刻・版画・日本画・プロダクト・グラフィックから編集や展覧会企画、批評まで幅広く学ぶことができます。また、少人数のため教員と学生との距離が近く、学生一人ひとりの個性を尊重する教育を行っています。


お問合せ先 044‐989-7488 11sotsusei@gmail.com
URL http://www.wako.ac.jp/artex/12info/12index.html

▲トップへ


阿佐ヶ谷美術専門学校 卒業制作・修了制作展2012

会期:2012年2月29日(水)-3月4日(日)
時間:11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK
   1F / NYKホール + 2F / 2A・2B ギャラリー




阿佐ヶ谷美術専門学校の視覚デザイン科(グラフィック・イラスト・エディトリアル・ 写真)、メディアデザイン科、スペースデザイン科、イメージクリエイション科、絵画表現科、研究科による卒業制作と修了制作の展覧会です。

会期中のイベント
2/29(水)17:00~ オープニングパーティー
3/ 3 (土)15:00~ トークイベント

学校紹介
1945 年創立の本校は、「精神の真の自由を獲得し、人間性にもとづく社会の実現を目 指す」という理念に基づき、美術・デザインの初心者でも高度な制作手法と思考が身に付 く独自の学習システムを通じ、グラフィック、キャラクターデザイン、映像、web、マン ガ、アートと、様々な分野の第一線で活躍する卒業生を多々輩出してきました。近年では、 フランス、チェコなどの美術学校との交流、2012 年度からはキャラクターデザイン科の 新設と、常に時代と向き合いながら教育・研究活動の活性化と質の向上を図っています。
東京都杉並区梅里1-3-3


問合せ:阿佐ヶ谷美術専門学校
TEL : 03-3313-8655 info@asabi.ac.jp
http://www.asabi.ac.jp/

▲トップへ


横濱建築祭 CROSS × CROSS

日時:2012年2月24日(金) 15:30-20:30
2月25日(土) 11:30-21:00
2月26日(日) 11:30-17:00
※ 展覧会、イベントの詳細なタイムテーブルはJIA神奈川HPでご確認下さい。
会場:BankART Studio NYK / NYKホール



詳しくはこちらをクリック ↑
横濱建築祭は、社)日本建築家協会JIA神奈川が毎年行う建築祭です。子どもたちや学生・市民、企業、行政、建築団体の皆さまと建築家がさまざまなイベントを通して"交流 「cross × cross」" するのがテーマです。

スケジュールと内容詳細はJIA神奈川HPをご覧下さい。
http://www.jia-kanto.org/kanagawa/


主催 社団法人 日本建築家協会 JIA神奈川
特別協賛  総合資格学院
後援 神奈川県 横浜市  (社)神奈川県建築士会 (社)神奈川県建築士事務所協会 tvk神奈川  関内まちづくり振興会 吉田町名店街会 ハウスクエア横浜

問合せ・申込み (社)日本建築家協会 JIA神奈川
TEL 045-663-2745 (月・水・金)  FAX 045-663-2746   EMAIL jiakana@beige.ocn.ne.jp

お申し込みは氏名やイベント名などをご記入の上、EMAIL、FAX、TEL等で上記までお願いします。

▲トップへ


韓日クリエイター合同展示会「etteda」5th 日本展

会期:2012年2月23日(木)-26日(日)
時間:11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK 2Aギャラリー




What's etteda?
etteda(イッテダ)は「 いまだ! 」という意味の韓国語です。 学校という枠から出てクリエイターとして活動してゆく直前の「いま」しかできない作品づくりを表現する場として企画され今年で五年目を迎える展示会です。韓国展のみだったettedaは4年目より両国開催の形になりました。韓日両国間の若手クリエイターの国境を越えた交流、ジャンルの垣根を越えた交流、それによる技術・表現力の研鑽 を目標に展示会を行っています。作品ジャンルはノージャンル。様々な形で日韓の作品が一堂に並んでいます。

etteda5th
今年の展示会テーマは「間」です。日韓クリエイターの感覚の差異や共通点が見える展示会を目指しております。日本展ではこれまでのettedaを振り返るブースもご用意しようと考えております。是非、そちらもご覧下さい。

詳しくはこちらをご覧下さい。
URL:http://www.etteda-japan.com/

主催:etteda2011 JAPAN実行委員会
お問合せ: 090-9666-8056(代表:伊藤) etteda2011@gmail.com 

▲トップへ


TPAM in Yokohama 2012
(国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2012)

会期:2012年2月13日(月)- 19日(日)
   (BankART会場は2月15日(水)〜)
会場:ヨコハマ創造都市センター(YCC)、BankART Studio NYK、横浜赤レンガ倉庫1号館、KAAT神奈川芸術劇場 他




BankART Studio NYKでおこなわれるプログラム

《プレゼンテーション・プログラム》
日時:2月16日(木)- 2月19日(日)
*2月18日(土)と19日(日)は、パスをお持ちでない方にも無料で入場いただけます。
国内外のアーティストや舞台芸術関連団体の多彩なプレゼンテーションを通じた「出会い=ミーティング」をお楽しみ下さい。プレゼンテーション・プログラムは、内外の舞台芸術団体やアーティストが資料配付などを交え、 ご来場になった方と直接お話などをしながら活動や作品の紹介をするプログラムです。


《国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2012 事務局ディレクション》
日時:2月16日(水)- 19日(日)12:00-19:00
会場:BankART Studio NYK / Miniギャラリー
*展示(パスなしでも無料でご覧いただけます)

2011年夏に「3/11以降」をテーマに掲げ実施したTPAMiYサマーセッション。そのオープニングセッションは「俺は演劇だと思ってやっている」と題し、坂口恭平氏とチン↑ポムの卯城竜太氏をお招きしました。今回、福島第一原発事故と東日本大震災をテーマにしたチン↑ポムの「REAL TIMES」展(2011年5月)からの映像作品を中心に展示します。

Chim↑Pom(チン↑ポム)
2005年、エリイ、卯城竜太、林靖高、水野俊紀、岡田将孝、稲岡求で結成した日本のアート集団。「生と死」をテーマにした作品や、現代社会に全力で介入した社会的メッセージの強い作品で評価を得、サンパウロ・ビエンナーレなどの国際展への参加や、2010年に開催された「アジア・アート・アワード」で日本代表に選ばれるなど、海外からの注目も高い。2010年3月には初の作品集『Chim↑Pom』(河出書房新社)が刊行された。
http://chimpom.jp/


《舞台芸術AIRミーティング@TPAM》
日本―フィンランド・コンテンポラリーダンス・レジデンス・エクスチェンジ共同製作プログラム
エルヴィ・シレン『Kite』

日時:2月15日(水)17:30-19:00
会場:BankART Studio NYK / NYK ホール
料金:500円(当日受付のみ)/ TPAMパスで無料

互いの国のダンス環境、国際的な活動の可能性を広げるため、日本とフィンランド両国での作品制作・公演を実施するプロジェクト。今回は、フィンランド人振付家エルヴィ・シレンが日本人アーティストと制作中の作品『Kite』のショーイングです。

振付:エルヴィ・シレン
作曲・音響デザイン:アーケ・オッツサラ
照明デザイン:藤本隆行
出演:垣尾優、川口隆夫、玉邑浩二、岩淵多喜子、立石裕美
共同企画・主催:NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク、ZODIAK 共催:国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2012 実行委員会
問い合わせ:国際舞台芸術交流センター(PARC) info@parc-jc.org TEL 03-5724-4660


《TPAMショーケース》
■高襟〜HAIKARA〜
 無花果キネマ(Aプログラム)
 Maneater VS Dandyism(Bプログラム)
日時:2月16日(木)20:45A、17日(金)19:30A、
   2月18日(土)15:30B/19:30A、19日(日)15:00B
会場:BankART Studio NYK / 3Cギャラリー
料金:前売一般2,800円/前売学生2,500円/当日一般3,000円/当日学生2,700円
   86B210または美学校のチケット半券持参で500円割引
   TPAMパス特典:1,000円
「女性」という不条理な入れ物から放たれる「美」を纏い、薔薇色なエロスを奏でる、毒を含んだシュールアートシアター。
http://haikara2001.com/
問い合わせ hi-color@haikara2001.com 090-9106-2137


■86B210+福島かほり(陶芸)
 人の声が起こすまで、僕らは溺れる―叫びと沈黙の舞踊と陶芸の饗宴
日時:2月16日(木)19:30、17日(金)20:45、18日(土)14:00/18:00、19日(日)17:00
*陶芸作品展示は全日11:30から(無料)
会場:BankART Studio NYK / 3Bギャラリー
料金:前売3,000円/当日3,500円
   高襟または美学校のチケット半券持参で500円割引
   TPAMパス特典:1,500円
「君が会う顔に会う為に顔を作る」。T・S・エリオットの一節を軸に鑑賞と観劇の異なる世界を展開する。
http://www.geocities.jp/dance86b210/
問い合わせ 86b210@gmail.com 090-2303-6664


■大倉摩矢子、田村のん、百合子(Aプログラム)
 ラビィ、高橋理通子、横滑ナナ(Bプログラム)
 結晶への憧憬―美学校ソロ舞踏集1
日時:2月16日(木)19:30A、17日(金)19:30B、
   18日(土)15:00B/19:30A、19日(日)14:00B/18:30A
会場:BankART Studio NYK / NYKホール
料金:予約2,500円/当日3,000円/2回券4,000円
   86B210または高襟のチケット半券持参で500円割引
   TPAMパス特典:500円
現在日本の舞踏界で注目すべき若手の踊り手を一度に紹介しようという試み。一人40分程のソロダンス。
http://www.bigakko.jp/index.html
問い合わせ kafka5554@aa.cyberhome.ne.jp 080-3240-0573



TPAMとは
TPAMは舞台芸術の国際的プラットフォームです。
プロフェッショナルのネットワーキングを通じて舞台芸術の分野における活動の向上・発展を目指すディスカッションやプレゼンテーションと、時代に応答する舞台芸術作品を発見・紹介するパフォーマンスを中心に構成された「出会いの場=ミーティング」です。
3/11から約一年。地震・津波による災害と原子力発電所の事故は、生存の条件と社会の構造の根底を揺るがしています。TPAM in Yokohama 2012は、舞台芸術がその根底に深く関わるものであるとの信念に基づき、この状況への応答となることを目指して開催します。
詳しくは http://www.tpam.or.jp


主催:国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2012 実行委員会
(構成団体:国際交流基金、公益財団法人神奈川芸術文化財団、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、国際舞台芸術交流センター/事務局:国際舞台芸術交流センター)
助成:スペイン文化省グラシアン基金

協力:BankART1929、黄金町エリアマネジメントセンター、急な坂スタジオ、象の鼻テラス、有限会社ネビュラエクストラサポート(Next)、NPO法人STスポット横浜、株式会社アイ・ティー・シー・エー(三本コーヒーグループ)、Cafe Vacation、視聴室その2、nitehi works、e+(株式会社エンタテインメントプラス)
協賛:株式会社野毛印刷社
後援:横浜市、神奈川県

▲トップへ


女子美スタイル2011
再生の光をつむいで

会期:2012年2月10日(金)− 13日(月)
時間:11:30-19:00
   (入館18:30迄、最終日15:00迄)
会場:BankARt Studio NYK 全館



クリックで詳細
女子美術大学の、大学・短大・大学院の全ての学科・専攻・コースの選抜卒業・修了制作展です。学内の卒業制作展では卒業生全員分の卒業制作が展示されますが、『女子美スタイル』では芸術学部アート・デザイン表現学科アートプロデュース表現領域の南嶌 宏教授のキュレーションにより、テーマに沿った作品が選抜され、各専門教員とは別の視点から作品を選出し展示します。さらに、それらの作品がゲスト審査員によって審査され、選出された作品には「Rainbow Award」という賞が贈られます。ゲスト審査員となるのは美術・デザイン界の第一線で活躍されている方々です。

オープニングパーティ:2012年2月10日(金)17:00-
ギャラリートーク(グ・ツェンキン+南嶌宏):2012年2月11日(土)14:00-


詳しくは下記websiteをご覧ください。
http://www.joshibi.net/gw

▲トップへ


コウサ展2012
KOUSA CROSSING EXHIBITION

会期:2012年2月4日(土) - 5日(日)
時間:4日 11:30-18:00
   5日 11:30-17:00
会場:BankART Studio NYK / 2F
料金:入場無料




コウサ展は専修大学ネットワーク情報学部の学生有志による学外発表・展覧会です。今年は「人との繋がり」を大切にしたいと考え、「糸」に想いを込めています。団体ブース発表・ステージ発表・ポートフォリオ展示・個人展示という4つの発表展示を設けて内容を盛り沢山にしています。皆様のご来場をお待ちしております。

詳しくはこちらをご覧下さい
URL:http://www.ne.senshu-u.ac.jp/~kousa2012/
twitter:@kousa2012

主催:専修大学ネットワーク情報学部コウサ展2012実行委員会
お問合せ:info@senshu-kousa.net

▲トップへ


東京藝術大学先端芸術表現科 卒業・修了制作展2012

会期:2012年1月7日(土)-15日(土)
時間:11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK 全館
料金:入場無料




このたび、東京藝術大学先端芸術表現科は、横浜 BankART Studio NYKにて卒業・修了制作展「藝大先端2012」を開催致します。先端芸術表現科では美術の分野を超えて、社会的な関係性の中で芸術の持つ意味そのものを「表現の問題」として問いかけ、私たちの生とその表出について提案と実践を続けてきました。
そのような科で学ぶ私たちにとって、3月11日に起こった震災とそれに続く社会の変動は、自らに対して立てていた問いの強度を、各々が直接的なかたちで問い返される事態であったと言えます。この状況の中での表現とは、必然的に社会に対する私たちの現時点での応答となるでしょう。
また、本展では企画の発足から展覧会の細部に至るまで、すべて私たち学生自身で協議し準備を進めてきました。その試みの中には拙い点もあるかと思いますが、この展覧会をかたちづくる要素の一つひとつが、大学という場を離れて社会の中で自らの表現の意義を問うてゆく私たちの「現在」を、これ以上ないほど如実に示しています。この場所で出会い、交差し、また別様に結び合わされてゆく、そのような私たちの過渡的な風景に、ぜひともお立ち会い頂ければと思います。皆様のご来場を心よりお待ちしています。

■ 主なイベント
1月9日(月・祝)「展評:明るい未来のはなし」
ゲスト:桂英史、畠山直哉
30年来の親交があるゲストの両名をお招きし、本展の総評から始まって、お二人の学生時代から現在の活動に至るまで、時代背景の移り変わりとともに伺います。

1月15日(日)「10 MONTH AFTER 3.11」
ゲスト:高山登、八谷和彦、鈴木理策、イルコモンズ、大友良英、高嶺格、山川冬樹
3月11日の震災以降、表現活動に携わる人々がそれぞれの姿勢でこの出来事に向き合ってきました。第一線でご活躍される方々をお招きし、ラウンドテーブルにてお話ししていただきます。


詳しくはこちら
URL:http://www.geidai.ac.jp/event/sentan2012

問合せ先:050-5525-2595 sentan2012@gmail.com


主催:東京藝術大学 先端芸術表現科 卒業・修了制作展2012実行委員会
協力:BankART1929

▲トップへ


Fujimoto Takayuki × Jung Young Doo
赤を見る/Seeing Red
ワークインプログレス-ver.α(alpha version)--

日時:2011年12月25日(日)15:00-
      12月26日(月)19:30-
*15分前開場
*25日の終演後にポストトークあり
*オープンクリエーション
  12月20日(火)-24日(土) 14:00-19:00

会場:BankART Studio NYK 1F/ NYK Hall

料金:前売券 1,500円 / 当日券 1,800円
*オープンクリエーションは、無料



↑詳細はこちらをクリック!
『赤を見る/Seeing Red』、このタイトルは、進化心理学者のニコラス・ハンフリー (Nicholas Humphrey) が、2004年にハーヴァード大学で行った講演をもとに書かれた同名の書籍からとっている。この講演は、不特定多数の人間が真っ赤なスクリーンを観ているとして・・・、という一見単純な前提から始めて、はたして「意識」とは何なのかということを明らかにしていく。人間の意識とは何かという問いを、デジタルテクノロジーとダンスを軸に思考/舞台化してみるというのが、本作品の試みである。
創作のパートナーとして、韓国のみならず日本でも活躍目覚ましい振付家のチョン・ヨンドゥを迎え、ダムタイプの川口隆夫・平井優子と共に行う2週間のクリエーションの成果を、開発初期版[ver.α(alpha version)]として発表する。

ディレクション・照明=藤本隆行(dumb type, true)
振付=チョン・ヨンドゥ
出演=チョン・ヨンドゥ、川口隆夫 (dumb type)、平井優子 (dumb type)
テクニカルサポート=rhizomatics

【オープンクリエーション open creation】
 12月20日(火)-24日(土) 14:00-19:00/NYK Hall
 クリエーションの過程を公開しています。ご自由にご覧ください。予約不要。


予約/お問合せ ticket & more info.
ハイウッド: 03-3320-7217 / e-mail: info@hiwood.jp
BankART1929: info@bankart1929.com / 045-663-2812


主催:藤本隆行
特別協力:BankART1929
制作:ハイウッド


藤本隆行:インディペンデントディレクター・照明デザイナー。
1987年、ダムタイプに参加。近年は自身の演出作品も手掛け、白井剛や川口隆夫、真鍋大度(4nchor5 la6)等、9名のアーティストによるパフォーマンス作品「true/本当のこと」で、LED照明を含めたデジタル・ディバイスと人体の高密度の同期に焦点を当てた舞台を構築。ダンスカンパニーMonochrome Circusとのコラボレーション「Refined Colors」「lost 01」「lost 03」や、平井優子、ヴァイオリンの辺見康孝と製作の「lost 02」を発表している。Daniel Yeung(香港)、 Ea Sola(フランス/べトナム)、Choy Ka Fai(シンガポール)、Daniel K(シンガポール)等、海外のアーティストとのコラボレーションも多い。2010年、BankART並びに第2回恵比寿映像祭で、真鍋大度、石橋素とのインスタレーション作品「Time Lapse Plant」を発表。同年より、山本能楽堂(大阪)にて、古典的な能の演目にLED照明デザインを付ける試みを始める。舞台以外では、2010年より子どものためのデジタルワークショップ開発を目的とした「京都コンピュキッズ」を立ち上げているほか、2011年10月、横浜で開催された「スマートイルミネーション」にて、横浜三塔をライトアップ。インターネット経由による遠隔同期をとったLED照明で、省電力かつ効果的な夜景の創出を試行している。
http://performingarts.jp/J /art_interview/0907/1.html
http://kakehashi.tv/pickup.php?blogid=4&i=274
http://www.zounohana.com/event/post_33.html

チョン・ヨンドゥ: 俳優を経て、韓国芸術総合学院で舞踊を学ぶ。横浜ダンスコレクション2004で「横浜文化財団大賞」「駐日フランス大使館特別賞」受賞。韓国を代表する気鋭の振付家・ダンサーの1人として国際的な評価を得、世界各地で作品を発表。日本でも、自身の振付け作品『風の合間で』の発表や、マレビトの会『HIROSHIMA-HAPCHEON』(演出 松田正隆)への出演など、多くの支持を集める。Doo DanceTheater主宰。

▲トップへ


Allgiid Studio Performance vol.4
「クリスマスの夜に。」
「solos」「あのひ このとき これから -薄桃色舞う中で-」

日時:2011年12月22日(木)16:00- , 19:30-
   2011年12月23日(金・祝)15:00- , 18:30-
   ※ 30分前より開場
会場:BankART Studio NYK / スタジオ202
料金:昼の部:大人 1,000円 子供(小学生以下)700円
   夜の部:大人/子供共通 1,500円
   昼の部+夜の部のお得なチケット 大人/子供共通 2,000円




エアリアル(空中)パフォーマンスとダンスをコラボレーションさせた作品を発表しているエアリアルダンスカンパニーAlgiid(アルギード)の3年目のクリスマススタジオイベント。パフォーマンスでが昼と夜の部と異なった作品を上演します。空中までもが舞台と成るAlgiidの世界をお楽しみください。

■昼の部
「クリスマスの夜に。」

小さいお子様から大人の方まで楽しめるAlgiid恒例のクリスマスパフォーマンス。

■夜の部
「あのひ このとき これから -薄桃色舞う中で-」

3.11の震災後の想いを込めて作ったソロダンス作品にAlgiidメンバーのエアリアルを加えた、新たなパフォーマンス。

「solos」
2011年12月10日出演のイベント「どろひよフェスタ2011」ソロナンバーを再構築した1本の短編作品。

主催:Algiid
協力:Dance Sanga / BankART1929
チケットの申し込み/お問合せ:info@algiid.com 090-6175-5466(担当:渡邊)

本公演の収益は2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災された方を支援している「ふんばろう東日本プロジェクト」並びに被災地の舞台芸術家を支援する事業「フェニックス・プロジェクト」に全額寄付いたします。

▲トップへ


香港・マカオ建築都市ワークショップ2011
「ヴァナキュラーからの変換」

会期:2011年12月11日(日) - 17日(土)
時間:11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK / Mini ギャラリー



詳しくはこちらをクリック
ヴァナキュラー性(地域性・土着性)は、ポストモダニティーにおける重要なキーワードであり、東日本大震災復興やパラダイムシフトへの対応と重なってきます。今回、中国において、特徴あるヴァナキュラー性を有する3都市:南社村、マカオ、香港をフィールドに「ヴァナキュラーからの変換」をテーマにワークショップを実施しました。
全国から集った20名の意欲ある参加者の作品展示会とシンポジウムを行います。各都市の文化を体験する中でコンセプトを見出し、現代化の提案を行う魅力的プロジェクトです。ヴァナキュラーをデザインの要素とする面白さと意味を浮き彫りにします。シンポジウムでは、ヴァナキュラーという文化をデザインに活かす意味、海外にてワークショップをする意味、震災とパラダイムシフトなど、パネラーの作品の紹介と共に、ディスカッションします。

【シンポジウム】
日時:12月17日(土)16:00-19:00
       懇親会 19:00-21:00
参加費:1,000円(一般)学生無料 懇親会参加費:2,000円
定員:60名(定員に達し次第)

ワークショップ発表
・主旨とアウトライン 連健夫(建築家・連健夫建築研究室)
・プロジェクトとワークショップの意味 加茂紀和子(建築家・みかんぐみ)
パネルディスカッション
・モデレーター:連健夫(建築家・連健夫建築研究室)
・コメンテーター:池田修(BankART1929代表)
・パネラー:松原弘典(建築家、慶應義塾大学SFC准教授)
 加茂紀和子(建築家・みかんぐみ)
 山本想太郎(建築家・山本想太郎設計アトリエ)

参加申込・問合せ:
連健夫建築研究室(大出)宛てに、
①氏名②学生or一般③所属④連絡先(TELまたは携帯でも可)
を記入しFAXまたはE-mailにて
(有)連健夫建築研究室(tel:03-5549-9887) FAX:03-5549-9889 E-mail:ohide@muraji.jp

【出展者】
宮地洋(芝浦工業大学大学院)荒谷健道(早稲田大学芸術学校)今野広大(福井大学大学院)大出真裕(東海大学)小林良平(東北大学)太田潮(東北大学)雨宮雅明(東北大学)島瑞穂(大阪市立大学)亀井一帆(日本大学)種村和之(京都工芸繊維大学)山本純平(京都工芸繊維大学)神戸美由起(福井大学)加藤ひかる(日本女子大学)中里友美(日本女子大学)服部真友子(日本女子大学)田中裕大(武蔵野美術大学)山下真一郎(武蔵野美術大学) 田中良典(武蔵野大学)東慎也(武蔵野大学)木村あかり(職業能力開発総合大学)

▲トップへ


OPEN YOKOHAMA2011 GRAND FINAL

日時:2011年11月29日(火)
    18:00 受付開始 18:30 スタート
会場:BankART Studio NYK / 2F
参加費:1,000円(交流会)




OPEN YOKOHAMA2011では、多彩なまち歩きツアーやいつもは見られない場所の特別公開などなど、尽きることのない横浜の魅力を、300を越えるイベントを通じ多くの方々に体験していただきました。
また、ヨコハマトリエンナーレ2011には33万人を超える来場者を迎え、特別連携プログラム「黄金町バザール 2011」「BankART Life 3 - 新・港村」などの70を超えるアートプロジェクトも街中の賑わいを作りだしてくれました。
この賑わいと盛り上がりを、未来の横浜へとつなげていくために交流の場を設けます。 是非とも奮って御参加ください。
詳細: http://www.invitation-yokohama.jp/blog/?p=963


□日時
2011年11月29日[火]18:00 受付開始 18:30 スタート
・第一部『今回のOPEN YOKOHAMA 2011を振返って』
 スピーカー:鈴木伸治(OPEN YOKOHAMA実行委員会)ほか
・第二部 交流会

□予約
forum-op@yaf.or.jp あてに、1お名前(団体名) 2ご連絡先3参加予定人数をご連絡ください。
※事前予約にご協力ください。

□問合せ
OPEN YOKOHAMA実行委員会事務局
メール: forum-op@yaf.or.jp
電話: 045- 221-0325
ホームページ: http://www.invitation-yokohama.jp/

twitter: http://twitter.com/invite_YKHM

□主催
OPEN YOKOHAMA実行委員会

▲トップへ


TPT シアタープロジェクト・東京
tpt77『イェルマ』

日程:2011年5月23日(月)-5月31日(火)
会場:BankART studio NYK / 3Cギャラリー
    ASAKURA Theater
料金:一般4,000円
    25歳以下、60歳以上の方3,000円
    (全席自由)



詳しくはこちらをクリック
スペインが生んだ20世紀最大の劇詩人ロルカが描く執念の女のドラマ。"アバンギャルド少女"朝倉摂デザイン、かりん(25絃筝)生音楽、グスタヴォ・ザジャク(アルゼンチン)振付によるライブパフォーマンス。

公演時間
5.23(月) 19:30(プレビュー公演)
5.24(火) 19:30
5.25(水) 14:00
5.26(木) 19:30
5.27(金) 19:30
5.28(土) 14:00 / 18:00
5.29(日) 14:00
5.30(月) 19:30
5.31(火) 19:30


作:フェデリコ・ガルシア・ロルカ
訳/台本/詩:広田敦郎 
演出:門井 均
美術:朝倉 摂
照明:金 英秀
衣裳:たかひらみく
照明:かりん
振付/ステージング:グスタヴォ・ザジャク

キャスト
井料瑠美 村松恭子 須藤香菜 中井奈々子 蓮見のりこ 勝島乙江 杉山文雄 岸田研二 熊本昭博 晃映ヒロ 菊池ゆみこ 吉田紗和子 今井彩 斎藤萌子 藤田千穂 富沢亜古 
25絃筝演奏:かりん

tptオンラインチケット http://www.tpt.co.jp/(PC) http://www.tpt.co.jp/m/(携帯)
tpt電話予約 03-3635-6355

問い合わせ
tpt 03-3635-6355

▲トップへ


第2回横浜開港アンデパンダン展

会期:2011年5月7日(土)-15日(日)
時間:11:30-19:00
    最終日15日は15時まで
会場:BankART Studio NYK




2009年、文化発祥の地横浜で、横浜開港150周年を記念して第1回アンデパンダン展が開催されたことは、文化的都市を宣言する横浜にとって画期的な催しであったと言えるでしょう。 今回20011年に開催する『第2回横浜開港アンデパンダン展』は、多くの作家の継続希望により実現しました。 この展覧会は作家が主体であり、まさしく市民による市民のための美術展なのです。県外の作家たちも積極的に参加しており、ジャンルを超えたアートの世界と活動の場を市民に紹介できたことは心より誇りに思っています。 また、第1回展では中国遼寧省(神奈川県の姉妹都市)から50 名の作家が参加し、文化交流の場となったことも特徴のひとつで、横浜での新しい美術の歴史の始まりとして、今後海外交流展も視野に続けていきたいと考えています。

■内容詳細は、ホームページをご覧下さい。
http://www.yamadayuko.com/yokohama150/


主催:横浜開港アンデパンダン展実行委員会

問い合わせ:アンデパンダン展実行委員会 担当:浅野
Tel/Fax 045-302-9896

▲トップへ


千葉大学卒業設計展2011

会期:2011年4月29日(金・祝)-5月1日(日)
時間:11:30 - 19:00 (最終日17:00まで)
会場:BankART Studio NYK 2F
入場:無料




『千葉大学建築学科、都市環境システム学科、緑地環境学科の学生有志による卒業設計展です。
共同出展という本学における新たな試みにより、住宅から都市に至るまで幅広い視野で「今」をいう時代を見透していきたいと考えております。
会期中に公開審査、講評会を行います。

《会期中のイベント》
公開講評会&トークセッション
日 時:4月30日(土)14:00~18:00
ゲスト審査員:西沢立衛 トーマスダニエル 饗庭伸 吉村靖考 (敬称略)
アドバイザー:栗生明 岡田哲史 (敬称略)
懇親会:18:00~20:00

内容詳細は、HP http://www.chibadaiten.org/ をご覧下さい。

主催/問合せ 千葉大学卒業設計展2011実行委員会
Tel:090-2939-6353 / Email:chibadaiten2011@gmail.com

特別協賛 総合資格学院

▲トップへ


横浜インターナショナルスクール 卒業作品展2011

会期:2011年4月11日(月)- 4月17日(日)
時間:11:30 - 19:00
会場:BankART Studio NYK / 2Aギャラリー
入場:無料




国際バカロレア後期過程美術科専攻の7名の生徒の卒業作品展を行います。展示される作品は、絵画、彫刻、陶芸、インスタレーション(空間アート)、グラフィックデザイン、ファッションデザイン、デジタルメディアデザインなど様々です。ぜひ足をお運びください。

■オープニングパーティ
日時:4月11日(月)19:00-
会場:2Aギャラリー
入場:無料

主催:横浜インターナショナルスクール
お問合せ:045-622-0084
http:www.yis.ac.jp

▲トップへ


土田俊介 個展
「考えても作れないんだけど、考えていないと出会えないモノ。」
―五島記念文化賞美術新人賞研修帰国記念―

会期:2011年3月16日(水)-3月30日(水)
時間:11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK 1F / Mini ギャラリー
入場:無料



詳しくはこちらをクリック
3月24日(木)イベント
18:00-18:45 アーティストトーク 彫刻家 湯原和夫×土田俊介
18:45- 懇親会
※当初予定16日(水)より、変更になりました
主催:五島記念文化財団
企画:CAI現代芸術研究所
協力:BankART1929
問合せ先:CAI現代芸術研究所 011-802-6438
http://www.cai-net.jp

▲トップへ


『mAR.Ia』
G.E.(grace enlargement) 

中止になりました

会場:BankART Studio NYK / 3C Gallery
日程:2011年3月26日(土)-27日(日)
    3/26 14:00~,19:00~  3/27 15:00
料金:一般¥2500/学生¥2000
    当日各¥300増



詳しくはこちらをクリック
演劇、音楽、舞踊、映像など、各分野の若手アーティストによる舞台。近未来を生きる少年と少女を軸にした何気ない物語を、様々な次元から彩り、人と世界とのツナガリを浮かび上がらせる。ARというキーワードから始まった、終わりの無い問いかけたち。巡り繋がっていく時間を、皆様と共有出来れば幸いです。

主催:G.E.(grace enlargement)
予約・問い合わせ:08035052425  grace_enlargement@yahoo.co.jp

▲トップへ


東京綜合写真専門学校卒業制作展2011

会期:2011年3月16日(水)-3月21日(祝・月)
時間:11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK 2F / 2Bギャラリー
入場:無料




東京綜合写真専門学校写真芸術第一学科・第二学科卒業生有志による展覧会をBankART Studio NYKにて開催致します。写真を中心に据えながら、写真というメディアにとらわれない、インスタレーションや動画などを交えた展示を行います。

出品者

写真芸術第一学科
馬 君馳
藤田和美

写真芸術第二学科
墨谷風香
秦 瑛二
鈴木真理
山崎遥菜
佐藤佳祐

イベント
【対談】
2011年3月20日(日)13:00-15:00
小林晴夫(美術家 / blanclass代表)×出品者×下薗詠子(写真家)

【パーティー】
2011年3月20日(日)17:00-19:00

主催:東京綜合写真専門学校卒業制作展2011実行委員
お問い合わせ: 090-9168-1167 xmustang1080@hotmail.com

▲トップへ


TETSUSON 2011 「NOWON」

会期:2011年3月10日(木)- 13日(日)
時間:11:30 -19:00
会場:BankART Studio NYK 全館
入場:無料




TETSUSON2011は、日韓から分野を超えて集まる学生クリエイターで作り上げる卒業制作合同展覧会です。2001年に発足して以来、日本最大規模の学生展示会として運営を行ってきました。今年は、テーマ「NOWON=これまでとこれからの間の今」を掲げ「全ての学生クリエイターにとって刺激的な存在であり続けたい」という理念の基に、あらゆる枠を超えたつながりを創出していきます。是非ご来場頂き、皆様の生の声をお聞かせください。

《イベント》
□オープニングパーティー
日時:3月10日(木)19:00-
会場:NYKホール

□TETSU collection(テツコレ)
日時:3月10日(木)19:10-
会場:NYKホール

□TETSUトーク
日時:3月11日(金)15:00-
会場:NYKホール

□公開審査会(2日間に渡って開催)
日時:3月12日(土)15:00-
ゲスト:中山英之(建築家)
     上田雄三(ギャラリーQ、多摩美術大学非常勤講師)
    その他

日時:3月13日(日)15:00-
ゲスト:野老朝雄(武蔵野美術大学非常勤講師、東京造形大学非常勤教員)
    押金純士(元・『デザインの現場』編集長)
     ロコサトシ(ウォールぺインター)

主催:TETSUSON 2011 実行委員会
問合せ:T/080-6573-4450(代表) M/2011info@tetsuson.org
HP:http://www.tetsuson.org

▲トップへ


和光大学表現学部芸術学科「0時間」

会期:2011年3月2日(水)- 6日(日)
時間:11:30 -19:00
会場:BankART Studio NYK / 3F+1F Mini Gallery
入場:無料




大学生活を締めくくるこの展覧会は、これから社会人になる者、新たな目標を目指す者、作家として活動してゆく者など、私たちにとって新たなるスタートとなります。重大な開始時刻という意味を持つ「0時間」。ここから私たちの新たな一歩を踏み出す姿を、多くの皆様に観て頂ければ幸いです。

□オープニングパーティー
3月2日(水) 17:30 -  BankART Studio NYK / 3F

主催:和光大学表現学部芸術学科
問合せ:044-989-7488(和光大学教学支援室)

▲トップへ


倉敷芸術科学大学芸術学部 美術学科日本画コース有志
卒業制作展2011「無人島」

会期:2011年3月1日(火)- 6日(日)
時間:11:30 -19:00
会場:BankART Studio NYK 1F/ NYKホール
入場:無料




4年間共に切磋琢磨し、感性と技術を伸ばしあった同大学日本画コース8人の集大成ともいえる展示となります。倉敷での卒業制作展出品作品がメインとなりますが併せて、新作の展示も行います。卒業を迎え進学・就職の岐点に立った現在、これまでの制作から導き出した今後の制作活動の指針など、各学生の答えが詰まっています。

□オープニングパーティー
3月2日(水) 19:00 -  BankART Studio NYK / 1F NYKホール

主催:倉敷芸術科学大学日本画コース有志 無人島展実行委員会
問合せ先:090-3577-9806(代表)

▲トップへ


creative garden 2011
阿佐ヶ谷美術専門学校 卒業・修了制作展

会期:2011年3月2日(水)- 6日(日)
時間:11:30 -19:00
会場:BankART Studio NYK / 2F
入場:無料




クリエイティブ・ガーデン。匂い立つ草花の庭。鳥さえずり蝶が舞う。光や風、空気や水の自然の力と育てる人の力とで成長した庭。阿佐ヶ谷美術専門学校はアートとデザインの創造の庭です。今年はヨコハマで開花予定。キャラクター・デザイン、マンガ、アニメーション、映像、グラフィックやエディトリアル、インテリア、プロダクト・デザイン、写真、現代アート、絵画。強く美しい多彩な草花。ご来場お待ちしています。

《イベント》
□オープニングパーティー
3月2日(火) 17:00 -

□シンポジウム「クリエイティブの力」
3月5日(土)14:00-15:30  2Aギャラリー
ゲスト:白井美穂(美術家)
武藤健司(映像作家/クリエイティブディレクター)

主催:阿佐ヶ谷美術専門学校
問合せ先:03-3313-8655

▲トップへ


建築WEEK2011「横濱建築祭 CROSS×CROSS」

日時:2011年2月25日(金)-27日(土)
会場:BankART Studio NYK / 1F NYKホール




建築WEEKは、(社)日本建築家協会JIA神奈川が毎年行う建築祭です。
横濱建築祭は、子どもたちや学生・市民、企業、行政、建築団体の皆さまと建築家がさまざまなイベントを通して"交流 「cross×cross」"するのがテーマです。

シンポジウム、学生卒業設計コンクール、横浜近代建築展、Pecha Kuchaナイト、CROSS×CROSSパーティー等盛りだくさんです。
みなさまの来場をお待ちしております。

スケジュール/内容詳細は、JIA神奈川HPを御覧ください。
http://www.jia-kanto.org/kanagawa/


主催:社団法人 日本建築家協会 JIA神奈川
問い合せ:tel/045-663-2745(月・水・金)
mail jiakana@beige.ocn.ne.jp

特別協賛:総合資格学院
後援 : 神奈川県、横浜市、( 社) 神奈川県建築士会、 ( 社) 神奈川県建築士事務所協会、tvk 神奈川、 関内まちづくり振興会、吉田町名店街会、 元町ショッピングストリート、 元町クラフトマンシップ・ストリート、 UIA2011 東京大会 日本組織委員会(JOB)

▲トップへ


日本工学院ものづくりフェスタ2011
日本工学院デザインフェスタ2011

会期:2月25日(金)-27日(日)(最終日16時まで)
会場:BankART Studio NYK / 2F+3F+Miniギャラリー






テクノロジーカレッジ(電子・電気・ロボット・CAD・建築・環境・バイオ・応用生物・自動車)とデザインカレッジ(インテリア・プロダクト・グラフィック・Web)の各学科が一堂に集まり、授業や課題で取り組んだ教育成果の発表、プロジェクト型教育の作品展示・発表、さらにはテクノロジーカレッジ、デザインカレッジの卒業制作展を行います。さまざまな角度から「ものづくり」と「デザイン」の魅力と可能性を感じられる場所にしたいと考えています。ぜひご来場下さい。

主催:日本工学院専門学校・日本工学院八王子専門学校
問い合わせ:042-637-3179(八王子キャンパス)

▲トップへ


TPAM @ BankART Studio NYK

会期:2011年2月16日(水) - 2月20日(日)
会場:BankART Studio NYK



↑詳細はこちらをクリック!
過去14回開催した「芸術見本市(TPAM)」が「Market」から「Meeting」に生まれ変わり、横浜で「国際舞台芸術ミーティング in 横浜(TPAM in Yokohama)」として、創造界隈のいくつかの施設で開催されます。
BankARTでは主に「TPAMショーケース」の公演、海外のショーケース、スタジオ・ショーイング、セミナー等が開催されます。
これにともない、2月18日(金)には、ウェルカムパーティーを開催します。出演者、関係者、TPAMパスフォルダーは無料にて、それ以外の方は500円で、どなたでもご参加いただけますので、是非ご来場ください。

BankART Studio NYKでおこなわれるTPAM in Yokohama の公演

■TPAM ショーケース
指輪ホテル with 真珠子・小林エリカ・おやつテーブル『A woman is a woman is a woman.』
2月17日(木)19:30-|18日(金)15:30-|19日(土)15:30-|20日(日)17:30-
◉ 会場:NYK 3F ◉ 公演時間:180分 ◉ 料金:¥2,200
◉ 問合せ:080-4098-4600 contact@yubiwahotel.com
◉ U R L http://www.yubiwahotel.com

■ARTizan国際ダンスワークショップ『ショーネッド・ヒューズ青森プロジェクト』
2月18日(金)19:30-|19日(土)13:30-/19:30-
20日(日)13:30-(プレゼンテーション)
◉会場:NYK 3F ◉公演時間:60分
◉料金:前売¥1,000 /当日¥1,200(20日のプレゼンテーションは無料)
◉問合せ:090-7934-5599 sh.aomori.project@gmail.com
◉ URL http://artizan.fromc.jp/

■ARICA『蝶の夢/Buttery Dream』
2月17日(木)19:30-|18日(金)14:00-/19:30-
◉会場:NYK 1F / NYKホール ◉公演時間:60分
◉料金:前売¥3,000 /当日¥3,500、学生・TPAMパスホルダー¥2,000
◉問合せ:090-1446-0416 keizo_maeda@mac.com
◉ URL http://aricatheatercompany.com

■d'UOMO ex machina『ようきひはよもぎのくにでようねられんそんなよもすゑよをみるゆめをみる』
2月19日(土)20:30-|20日(日)20:30-|21日(月)20:00-
※17日(木)20:30、18日(金)20:30より公開稽古(開演時間の90分前から開場しすでにゆるやかに上演がはじまっています。
TPAMパスをお持ちの舞台制作者のみなさまには他の時間帯もBankARTでの全制作過程を公開いたしますのでご希望の方はご連絡ください。
◉会場:NYK 3F ◉公演時間:90分 ◉料金:¥2,000
◉問合せ:03-3716-2410 d.uomo.ex.machina@mac.com
◉ URL http://web.mac.com/d.uomo.ex.machina/

■ミズノオト・シアターカンパニー『アンセックスミー・ヒア?』
2月19日(土)19:30-|20日(日)13:00-/17:00-|21日(月)19:30-
◉会場:NYK 1F / NYKホール ◉公演時間:80分 ◉料金:前売¥3,000 /当日¥3,500
◉問合せ:090-4205-5721(担当:平松) ms.notone@gmail.com(担当:平松)
◉ URL http://notone.taf.co.jp


■TPAM海外ショーケース イギリス
■Subject to_change『Home Sweet Home』
2月18日(金)18:00-21:00、19日(土)/ 20日(日)14:00-20:00
※最終日にはパーティーも実施!
◉会場:BankART Studio NYK 2F ◉料金:入場無料
◉問合せ:急な坂スタジオ 045-250-5388 toiawase@kyunasaka.jp
主催:急な坂スタジオ、国際舞台芸術ミーティングin横浜2011実行委員会
共催:アーツコミッション・ヨコハマ(横浜市APEC・創造都市事業本部、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団) 協力:ブリティッシュ・カウンシル
本事業は、創造都市国際レジデンス事業の一環で行なわれています。


■スタジオ・ショーイング
■Dance Sanga中村恩恵『Pre-performance of Dance Sanga Live』
2月20日(日)14:30 / 16:30
◉会場:NYK 2Fダンスサンガスタジオ ◉公演時間:60分
◉料金:無料(要予約) ◉問合せ:080-5699-3631 artintersection.k@gmail.com
◉ U R L http://www.meguminakamura.com


■セミナープログラム
■ダンカン・スピークマンを迎えたセミナー 2月18日(金)16:00-17:30 
スピーカー:ダンカン・スピークマン(アーティスト) モデレーター:大平勝弘(STスポット館長)

■バタシー・アーツ・センターとのスカイプ・ミーティング 2月18日(金)18:00-20:00
スピーカー:デイヴィッド・ジャブ[バタシー・アーツ・センター アーティスティック・ディレクター]
モデレーター:伊藤達哉[ゴーチ・ブラザーズ代表取締役/プロデューサー]

◉会場:NYK1F / BankARTMini ◉入場無料
◉問合せ:国際舞台芸術交流センター 03-5724-4660 info@parc-jc.org
主催:国際舞台芸術交流センター、ブリティッシュ・カウンシル


■TPAM in Yokohamaウェルカムパーティ
2月18日(金)21:30 - 23:00 NYK1F/ BankART Mini
◉費用:500円(TPAM出演者・関係者・TPAMパスホルダーは無料 
◉問合せ:BankART1929 info@bankart1929.com 045-663-2812



国際舞台芸術ミーティング in 横浜 TPAM in Yokohama
会期: 2011年2月16日(水) - 2月20日(日)
    TPAMショーケース対象期間:2011年2月12日(土)-2月20日(日)
    併設事業:IETM Satellite Meeting: 2011年2月14日(月) - 16日(水)
会場:ヨコハマ創造都市センター(YCC)・ 神奈川芸術劇場・横浜赤レンガ倉庫1号館・象の鼻テラス・ 急な坂スタジオ・STスポット・横浜にぎわい座・ BankART Studio NYKほか
主催: 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 実行委員会(構成団体:国際交流基金、公益財団法人神奈川芸術文化財団、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、国際舞台芸術交流センター、事務局: 国際舞台芸術交流センター)
後援:神奈川県、横浜市APEC・創造都市事業本部、神奈川新聞社、NHK横浜放送局、tvk、横浜観光コンベンション・ビューロー、FMヨコハマ、社団法人全国公立文化施設協会、外務省、経済産業省、文化庁
協力:NPO法人BankART1929、NPO法人STスポット横浜、横浜アートプラットフォーム / 急な坂スタジオ、横浜にぎわい座、有限会社ネビュラエクストラサポート(Next)、横浜美術館、Café Vacation、株式会社CINRA

お問い合せ: 国際舞台芸術ミーティングin横浜2011事務局 
TEL 03-5724-4660  info@parc-jc.org http://www.tpam.or.jp  

▲トップへ


女子美スタイル☆最前線 JOSHIBI Degree Show 2010

会期:2011年2月11日(金・祝)- 2月14日(月)
時間:11:30-19:00(入場は18:30まで)
会場:BankART Studio NYK 全館
入場:無料




女子美術大学の大学・短大・大学院のすべての学科・専攻・コースの学外選抜卒業制作作品展です。 ◎オープニングイベント
2月11日(金・祝)17:00-
■佐野ぬい学長によるライブペインティング
■JOSHIBI レインボー・アワード
ゲスト審査員
葛西薫氏(アートディレクター)
小山登美夫氏(小山登美夫ギャラリー/ 明治大学国際日本学部特任准教授)
曽我部昌史氏(建築家/神奈川大学工学部教授)

展覧会期間中にギャラリートークを行います。決定次第、ウェブサイトにてお知らせいたします。
http://www.joshibi.net/gw/

主催:女子美術大学・女子美術大学短期大学部
問合せ:042-778-6123(女子美術大学企画部広報入試課)

▲トップへ


グラセラミックス!
女子美術大学芸術学部工芸学科
陶・ガラスコース卒業制作展2011

会期:2011年1月27日(木)- 2月1日(火)
時間:11:30 - 19:00(最終日17時まで)
会場:BankART Studio NYK / 2F
入場:無料




日々学んだこと、感じたことを、作品を通して社会に放つきっかけとして卒業制作展を開催します。日々、土や硝に向き合い、素材の力に驚かされながら、それぞれの想いを形にした器や立体を展示します。作品展示の他、「グラセラworks」、「グラセラpieces」というイベントを期間中。手で触れ、制作者と鑑賞者がコミュニケーションを取れるように、陶と硝で制作したパーツを使ってオリジナル小物を制作するワークショップ「グラセラworks」、21人がそれぞれ制作した器でお茶を飲むことができる「グラセラpieces」です。皆様のご来場お待ちしております。

◎レセプションパーティ
2011年1月30日(日)17:00-

◎「グラセラworks」
ガラスや陶のパーツで作品をつくるワークショップ
日時:展覧会期中常時開催
参加費:100円~300円(作品の大きさによる)

◎「グラセラpieces」
一部の作品でお茶をお出しします
日時:展覧会期中常時開催
参加費:無料

主催:女子美術大学芸術学部工芸学科卒業制作展2011
問合せ:042-778-6645(工芸学科研究室)

▲トップへ


藝大先端2011
東京藝術大学 美術学部先端芸術表現科 卒業制作展
東京藝術大学大学院 美術研究科先端芸術表現専攻 修了制作展

日時:2011年1月15日(土)-1月23日(日)
    11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK 全館
入場:無料



↑詳細はこちらをクリック!
東京藝術大学先端芸術表現科は学部課程・修士課程それぞれの卒業・修了制作展「藝大先端2011 」をBankART Studio NYKにて合同開催致します。本展では現代美術、写真や映像、身体表現、音、文章などのあらゆる芸術表現が52人の若いアーティスト達によって発表されます。先端芸術表現科における表現の方法は様々ですが、出展作家全員が本展に向けて互いに協力し、本展を企画から立ち上げ、より良い展覧会をつくり上げようと議論を重ねてきました。
現在、私達は同時代的に社会の情報化とコミュニケーションの多様化を体感しています。芸術の世界においても同様に表現や価値観は多様化し、細分化されてきています。異なる表現メディアを扱う私達は自主企画展や相互批評を学内外で行ってきました。繰り返し対話することを通して、この多様化する価値観の間に存在する壁を取り払う事を試みてきました。そうする事で根源的な表現の深層へと挑んできたのです。
本展ではこの時代の芸術表現の在り方について考え、枠組みとしての展覧会というメディアに焦点をあてたシンポジウムやイベントも同時開催していきます。作品をつくり、展示することから一歩踏み込み「芸術表現の可能性とは何か」「展覧会とは何か」といったテーマに向かって取り組んで行きます。私達の活動の集大成となる「藝大先端2011」を是非、ご高覧下さい。

オープニングパーティー:1月15日〈土〉17:00-

1月15日〈土〉19:00- 21:00
トーク Specula×藝大先端2011 「都市と芸術をめぐる現実(リアリティ)」
ゲスト:川俣正(美術家)/桂英史(メディア論研究者)/※スペシャルゲストを予定

1月22日〈土〉15:00-18:30
公開シンポジウム 「メディアとしての展覧会」
ゲスト:東谷隆司(インディペンデント・ディレクター)/小谷元彦(現代美術家)/辛美沙(アートディレクター)


主催:東京藝術大学先端芸術表現科卒業・修了制作展2011実行委員会
問い合わせ先:090-3960-0801 info@sentan2011.com

▲トップへ


うれしがっしの心
多摩美術大学映像演劇学科卒業制作展2010

日時:2010年12月19日(日)-12月26日(日)
   11:30-19:00(初日は15:00から)
会場:BankART Studio NYK 全館
入場:無料




多摩美術大学映像演劇学科は、舞台・映画のほか、写真・立体作品など様々な表現を総合的に学び、またそれぞれの分野を専攻する学生の交流によって、既存の方法論にとらわれない作品を展開する学科です。その集大成である卒業制作展を多種多様なアートの発信地である横浜BankART Studio NYKで開催いたします。皆様のお越しを学生一同お待ちいたしております。

◎オープニングパーティー:12月19日(日)18:00-
◎演劇公演、映画上映など随時行います。詳細は http://www.eien2010.com/ をご覧ください。

主催:多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科
問い合わせ先:080-6569-1782  info@eien2010.com

▲トップへ


Algiidクリスマスチャリティー公演
第2弾!『Just before Christmas』

日時:2010年12月23日(木・祝日)
   15時半/19時の二回
   ※開場は開演の30分前
    上演時間約30分
会場:BankART Studio NYK / スタジオ 202
料金:大人1,000円 子供700円




Algiidは、
エアリアルティシュー(tissu)と呼ばれる空中パフォーマンスと様々なダンスをコラボレーションさせた作品を発表するエアリアルダンスカンパニーです。
昨年に引き続き、クリスマスにユニセフチャリティーイベントを行います。
今年も子供も大人も楽しめるクリスマス色満載の作品です。
Algiidメンバー全員出演です。

内容詳細は、アルギードHP http://www.algiid.com/


主催:Algiid
問い合せ:090-6175-5466(担当:渡邊)

▲トップへ


マンガ・ミーツ・ルーブル
美術館に迷い込んだ5人の作家たち

日時:2010年12月6日(月)-12月17日(金)
    11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK / Mini ギャラリー
入場:無料



↑詳細はこちらをクリック!
フランスでBD(バンド・デシネ)は「第九芸術」と呼ばれ、日本のマンガとはまた異なった文化を発展させています。その現代の「芸術」に、"美の殿堂"として世界に冠たるルーヴル美術館が注目しました。出版社と共同で、BD界を代表する作家にルーヴル美術館をテーマにした作品制作を依頼し、単行本の出版を実現させたのです。
フランス・ベルギーのBD界で著名な4人の作家に加え、「ジョジョの奇妙な冒険」などで異彩を放つ大人気マンガ家・荒木飛呂彦氏がこのプロジェクトに参加してしたことは、海外における日本マンガの広がりを象徴する出来事として、世界的なニュースとなりました。 本展は、こうして生まれた5人の作家による個性豊かな作品を、原画を中心に紹介する展覧会です。11月の京都国際マンガミュージアムでの開催も好評を博し、今回、横浜へ巡回の運びとなりました。

これまでの「ルーブル展」とは、一味違う展覧会をご覧いただけます。ぜひBD/マンガ作家の華麗なる競演をお楽しみください。


出展作家「作品名」
• ニコラ・ド・クレシー「氷河期」
• マルク=アントワーヌ・マチュー「レヴォリュ美術館の地下」
• エリック・リベルジュ「奇数時間に」
• ベルナール・イスレール「ルーヴルの上に広がる空」
• 荒木飛呂彦「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」

主催:北仲スクール/京都国際マンガミュージアム/ルーブル美術館
問い合わせ:北仲スクール事務局 045-263-9075 info@kitanaka-school.net
特別協力 フュチュロポリス

▲トップへ


HAMArt!編集部 企画
三瀬夏之介×泉 太郎 対談トークショー

日時:2010年11月30日(火)19:30-21:00
会場:BankART Studio NYK / Mini ギャラリー
入場料:1000円(1ドリンク付き)




BankART school「アートの綴り方vol.5」受講生有志とOB/OGがつくるフリーペーパー「HAMArt!(ハマート)」では、これまで大巻伸嗣(2008年)、鴻池朋子(2009年)など気鋭のアーティストにインタビューを行い、特集を組んできました。
今回は現在、それぞれ2か所で個展を開催し、大きな話題を集めている三瀬夏之介と泉 太郎をゲストに招き、公開対談を催します。
三瀬は現在、最も注目されている日本画家で、泉は国内外で高く評価されている映像作家です。異なるジャンルで活躍する2人の組み合わせは、まるで異種格闘技。
しかし、接点を探ってみると、偶然にも2人は奈良県出身であり、ほぼ同世代。これはもしかしたら、何か思いもよらない共通点が見つかるかもしれません。
それどころか素敵なケミストリーが起きるかも?
はたまた、お互いの意見を巡って真っ向対決か?!
どう転ぶかは予測不能。
さらに、2人と同世代であり、我らが編集長・福住廉も加え、場をかき乱してもらいましょう。
お仕事帰りに気軽に一杯やりながら、この前代未聞のトークショーをどうぞお楽しみください。

定員:80名(要予約)
申込み方法:お名前、ご連絡先、2人に質問したいことがあれば明記の上、メールにてお申込ください。
※なお、申込みは先着順とさせていただきます。定員に達し次第、締め切らせていただきます。
申込み・問合せ:hamart10intv@gmail.com 090-4369-4489(代表)

主催:HAMArt 編集部

▲トップへ


女子美術大学 芸術学科 視聴覚メディア研究制作発表
Video Screening for Exercises

期間:2010年11月27日(土)-28日(日)
時間:11:30~19:00
会場:BankART Studio NYK / BankART Mini
入場:無料



詳しくはこちらをクリック
女子美術大学学生による、映像及びWebの作品展示。
ヴィデオやWebで表現するということについて考え、そして体験してみた。
その小さな成功や失敗は、それ自体何かの意味を持っているかもしれない。

[展示] 11:30-19:00
[ギャラリートーク]27日(土) 15:00-17:00
           28日(日) 17:00-19:00
[Opening party] 27日(土) 17:00-19:00

主催:女子美術大学 芸術学科
協力:BankART1929

お問合せ:女子美術大学 芸術学科 042-778-6646
       090-8224-4967 (当日)

▲トップへ


Landscape Design Student Exhibition 2010
-学生ランドスケープデザイン作品展-
1/1 Message

会期:2010年11月20日(土)-23日(火・祝)
時間:11:30-19:00(最終日16:30まで)
会場:BankART Studio NYK / NYKホール




Landscape Design Student Exhibition 2010は、ランドスケープ、建築を学ぶ学生14組による、ランドスケープデザイン作品展。みなとみらいを舞台にして、ランドスケープデザイン提案を行うとともに、[1/1Message] というテーマのもと、感覚に訴えかけるインスタレーション作品を展示します。また、ゲストを迎えて作品の講評会も行います。

公開講評会
日時:2010年11月21日(日)12:00-18:00
ゲスト:
長谷川逸子(建築家)
三谷 徹(ランドスケープアーキテクト)
池田 修(BankART1929 代表)
中野 創(横浜市都市整備局都市デザイン室長)

主催:LDSE実行委員会
参加大学:関東学院大学 | 多摩美術大学 | 千葉大学 | 東京農業大学 | 横浜国立大学
お問合せ:ldse2010ldse@gmail.com  090-9390-4856(代表)
協力:北仲スクール、BankART1929

▲トップへ


「アフリカx日本x世界:暴力を平和に変える空間」
AfricaxJapanxWorld: Space of Transforming Violence

ワークショップ
日時:2010年11月13日(土)14:00 - 17:00
会場:Mini ギャラリー
参加費:500円

シンポジウム
日時:2010年11月14日(日)14:00 - 17:00
会場:Mini ギャラリー
参加費:無料



詳しくはこちらをクリック
「暴力の空間」を「平和の空間」に変えるために何ができるのかを、世界・アフリカ・日本の多様な参加者同士で話し合い、実践を試みます。「暴力の空間」とは、アフリカの紛争地のような場のみを指すのではなく、現代日本社会に内在する「暴力の空間」も対象となります。同時代に生きるアフリカと日本。一緒に世界を考え、語り合い、「新しい平和の空間」づくりの第一歩を踏み出します。

■概要
11月1日~15日までの15日間、アフリカからの招聘者(建築家と家職人)、日本のプロジェクトメンバー(建築家、キュレーター、研究者、元国連職員、新聞記者)が共に各地(京都・石見銀山・広島・篠山・横浜)を訪問し、地元の職人や専門家と出会い、日本の伝統的な「平和の空間」について学びます。また交流を通じて、アフリカや世界の「平和の空間」創造の試みを各地の参加者にも学んでもらい、その成果を横浜での実践ワークショップにつなげ、最終的にはシンポジウムで披露します。

■海外招聘者
*ジョゼ・フォルジャズJose Forjaz (在モザンビーク、建築家/モザンビーク共和国元文化大臣、エドアルド・モンドラーネ国立大学建築学科前学科長)
*ムビータ・ムビータMubita Mubita(在ザンビア、家作り職人/ザンビア共和国内ロジ王国認定職人)

11月13日(土)14時~17時 実践ワークショップ(定員30名、要予約、通訳有り)
アフリカ・コンゴに伝わる「ルカサ(lukasa)」にヒントを得た、チームでの空間制作とプレゼンテーションを行います。身近な材料(粘土、糸、紙、棒など)を使って、「紛争発生地」のモデルを制作し、空間的な解決の方策についてのシュミレーションと話し合いを行います。最後に、各チームによるプレゼンテーションで、今回の経験を皆で共有します。作品は、翌日のシンポジウムでも披露されます。

11月14日(日)14時~17時 シンポジウム(定員100名、予約不要、通訳有り)
世界・アフリカ・日本にまたがる招聘者やプロジェクトメンバー、そして各地での出会い・発見・議論・制作が生み出す新しい形の「平和の空間」の可能性。他方での、その困難。これらについて、成果発表とパネルディスカッション、そして参加者全体との討論から明らかにします。アフリカン・ドラムにお茶もお楽しみください。


主催:金沢工業大学 未来デザイン研究所
企画:アフリカ×日本×世界 暴力を平和に変える空間実行委員会
助成:独立行政法人 国際交流基金
後援:横浜市 篠山市
協力:株式会社庵 株式会社石見銀山生活文化研究所 株式会社他郷阿部家 徳正寺 一般社団法人ノオト 株式会社かんかん BankART1929 東京外国語大学大学院国際コミュニケーション・通訳専修コース


予約・問合せ
金沢工業大学 未来デザイン研究所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-15-13
tel: 03-5410-8379 fax: 03-5410-3057
email: brown@neptune.kanazawa-it.ac.jp

プロジェクトの詳細は、以下のブログをご覧ください。
http://spacepeace.exblog.jp

▲トップへ


KINIKO KATO ARTS PROJECT presents
加藤訓子+モブセス・ポゴシアン
マリンバ&ヴァイオリン・デュオコンサート アルメニアの風 

日時 2010年11月11日 19:00  (開場18:30)
会場 BankART Studio NYK / NYKホール
入場料  3,000円 全席自由



↑詳細はこちらをクリック!
日本とアルメニア作曲家・演奏家による競演。
民族的でリリカルなアルメニア音楽の調べ


プログラム(予定)   ~アルメニアの風
- アルメニア宗教的コラール
- ヴァイオリンとマリンバのための委嘱新作(2009-2010):
- ヴァッチェ・シェラファン、アートゥール・アヴァネゾフ、伊藤美由紀
- コミタス:「アルメニアン・ソング」より
- Krounk-The Crane
- Oror-Lullaby
- Tchinar es-Like a Poplar 他
- エドワード・バグダサリャン:夜想曲


ご予約:ticket@kuniko-kato.net
お問合せ:info@kuniko-kato.net | Tel 080.5075.5038
主催:KUNIKO KATO ARTS PROJECT
協力:BankART1929

▲トップへ


映画「ハーブ&ドロシー」
佐々木芽生監督×フクヘン。トークイベント

日時:2010年11月8日(月)19:30開演(19:00開場)
会場:BankART Studio NYK
入場料:1,500円(完全予約制)



詳細は、画像をクリック!
 マンハッタンに暮らす郵便局員と図書館司書のごく普通の老夫婦が40年の歳月をかけて集めた4000点ものアートコレクション。その膨大な作品はなんと、アメリカの国立美術館に寄贈した----。この驚くべき実話を追って、全米で話題を呼んだドキュメンタリー映画がついに11月13日に渋谷イメージフォーラムで封切りとなります。その公開を記念して、 BankART1929でトークショーを開催!
 公開に先行して『ハーブ&ドロシー』の名シーンを観ながら、佐々木芽生監督と元BRUTUS副編集長の人気ブロガー、フクヘン。が、その制作秘話などを語ります。アートを通じて人生のほんとうの豊かさとはなにか、ということを考えさせる心温まる映画ですので、アートファンはもちろん、現代アートには詳しくないという方も必見です!

*本編全編の上映会ではありません。計20分ほどの映像をご覧いただけます。
*当日は特別鑑賞チケット、オリジナルTシャツなどの販売もございます。

ご予約:herbdorothyatllove@gmail.com
    お名前と連絡先を明記/表題「11月8日講演予約」
    ※入場料は当日受付精算

問い合わせ:ハーブ&ドロシー自主配給チーム TEL 090-4614-8848
講演詳細 www.herbanddorothy.com/jp/

主催:ファイン・ライン・メディア・ジャパン、ハーブ&ドロシー自主配給チーム
協力:BankART1929

▲トップへ


BankART school関連企画
第一回「蝉座」展覧会
「蝉座のぬけがら」

日時:2010年8月22日(日)-29日(日)
   11:30-19:00(最終日17:00迄)
会場:BankART Mini Gallery
入場無料



↑詳細はこちらをクリック!
本展は、美術家・田中信太郎氏による「手のひらサイズワークショップ」(主催:BankART school講座、2010年2月5日~3月26日)で創作することの面白さ、楽しさを学んだ一般の参加者8名(「蝉座」)が、新たな創作に取り組んだ結果を発表するものです。


【イベント】
2010年8月22日(日)
17:00-18:00 美術家・田中信太郎氏によるトークイベント開催
18:00-20:00 オープニングパーティー(パフォーマンスなど予定)


主催:蝉座展実行委員会
協力:BankART1929
問合せ:080-3547-7476(阿部)

▲トップへ


多摩美術大学芸術学科
「~展」-NAMI EXHIBITION-

日時:2010年7月30日(金)-8月5日(木)
   11:30-19:30
場所:BankART Studio NYK/Miniギャラリー
入場無料

◎オープニングパーティ
7月31日(土)17:00-19:00
参加費:無料




「~展」はPBL科目〈文化の演出〉の授業の一環として行われる、学生主催の展覧会です。 「テクノロジーが進歩し、知識や情報を簡単に入手・発信することが可能になった今、むしろ現代人のコミュニケーションは脆く『揺らぎ』、一方では環境の変化に応じて心が『~』(なみ)のように多様に変化しているのではないか」という視点から、アーティストと観衆とのより自由で新しいコミュニケーションの可能性を発信します。

アーティスト:
常深紗季(絵画学科 日本画専攻3年)渡邊透真(絵画学科 日本画専攻3年)
大宮麻里奈(絵画学科 油画専攻3年) 賀川友慧(絵画学科 油画専攻 3年)
高 禎延( 絵画学科 油画専攻 3年)後藤 奏(絵画学科 油画専攻 3年)
佐藤千亜季(絵画学科 油画専攻 3年) 武山実可(絵画学科 油画専攻 3年)
樽井英樹(絵画学科 油画専攻 3年)西尾美春(絵画学科 油画専攻 3年)
室伏美歩(絵画学科 油画専攻 3年) 山岸 結(絵画学科 油画専攻 3年)
吉野もも(絵画学科 油画専攻 3年 )内田亜樹( 絵画学科 版画専攻 3年)
李 旻英(生産デザイン学科 テキスタイルデザイン専攻2年 )
中谷 瞳(環境デザイン学科 3年)朝嵐友香(情報デザイン学科 情報芸術コース 3年)
長岩久美子(情報デザイン学科 情報芸術コース 3年 ) 遠藤紗穂里(絵画学科 油画専攻 2年)
佐野 翠(絵画学科 油画専攻 2年) 橋口美佐(絵画学科油画専攻2年)
谷藤 遥(絵画学科 油画専攻 2年) 寺門 大(工芸学科 2年)
福岡彩香(情報デザイン学科 情報芸術コース 2年)
金 荷硯(情報デザイン学科 情報デザインコース 2年)

キュレーター:
李 智希(芸術学科 3年)チーフ・キュレーター
阿部未来(芸術学科 2年)アシスタント
孫 慧賢(芸術学科 研究生)アシスタント

主催:多摩美術大学芸術学科~展実行委員会
問い合わせ:多摩美術大学芸術学科研究室 tel.042-679-5627

▲トップへ


『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』
特別先行上映会&トーク・イベント

日時:2010年7月31日(土)
   プレ・トーク 12:45-13:30
   上映会 13:45-15:45
   ※受付開始 12:15
場所:BankART Studio NYK/Cafe+ライブラリー
参加費:2,000 円(1ドリンク付)




ヨーロッパ有数の美術館であるアムステルダム国立美術館が、改装工事に伴い反対する市民たちと衝突。何度も工事延期になり、2010年現在、なんとまだ工事中......。
この本当に起こっている大騒動を4年以上、400人におよぶ関係者の取材を経て制作したドキュメンタリー映画を、一般公開の8月21日(土)に先駆け、特別上映いたします。映画上映前にBankART1929 代表の池田修氏と建築設計事務所みかんぐみの曽我部昌史氏によるプレ・トークも実施いたします。
美術館とはいったい誰のものなのか、そして「市民のための美術館」とは?アムステルダム国立美術館が所有する美しい絵画とともに、横浜の「文化芸術創造の実験場所」であるBankART 1929で少し考えてみませんか。
★映画公式サイ ト: http://www.ams-museum.com

■プレ・トークゲスト:池田修(BankART 1929 代表)/曽我部昌史(みかんぐみ)
 司会:岩渕潤子(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授)
■募集人員:40 名 ※予定人員に達し次第、締め切らせていただきます
■申し込み方法:info@mcdn.jp 宛に、お名前・メールアドレスを記載の上、件名を「7/31上映会参加希望」としてご応募ください。

■お問い合わせ: Museum Career Development Network
info@mcdn.jp
http://www.mcdn.jp

主催:Museum Career Development Network
共催:BankART1929
協力:ユーロスペース
企画運営:株式会社アーツ・マーケティング

▲トップへ


City Beats + Live explosions

日時:2010年6月25日(金)-7月15日(木)
   11:30-19:00 会期中無休 
入場無料(ライブパフォーマンスは有料)




Two conjoined exhibitions on contemporary strategies of psychogeography
二つの展覧会をつなぐ心理地理学の現代的戦略

■City Beats

ローラ・ブルース ライナー・ガナール ドライデン・グッドウィン アレキサンダー・ハイム ベン・ジャッド ステファン・パッシャー アレックス・ヴィラー ジェフ・プライス 
キュレーター:ベリット・フィッシャー

都市空間における生活や信条のシステムが構築するメカニズムによって、いかに私達の日々の行動が条件付けられ操作されているのかを問いつつ、 City Beats(シティ・ビーツ)は都市のありふれた状況の中での重層的で錯綜したリズムと不協和音の一閃をビデオで編成し、時間と空間、個人と社会、枠組みと内容といった二項の間に構築された関係に新しい見方と検証の仕方を提供します。それは都市空間とそこに生きる人々との間の束の間の様相を映し出すことでしょう。

ベリット・フィッシャー Berit Fischer
1999年より現代美術のインデペンデント・キュレーターとして国際的に活躍している。近年はベルリンに在住。ドクメンタ10やVTOギャラリー(ロンドン)で仕事をし、2006年から美術評論誌Afterall(ロンドン)出版に関わっている。


■Live explosions

石田悠介 沖啓介 河合政之 利部志穂 金魚/黄桃 國宗浩之 木村幸恵 木村稔+藤田至一 志水児王 白井美穂 "t"(中川敏光 清水友美 後藤天) 高安 野村和弘 村田峰紀 山本雅煕

Live explosions(ライブ・エクスプロージョン)では個人またはコラボレーションにより、美術と音楽、パフォーマンスの領域を横断して活動する日本の美術作家による新作の展示と様々なライブ・パフォーマンスを行います。会場ではインスタレーションやビデオの展示の間で、日用品を使った手製の楽器での演奏やアナログによるビデオのフィードバック・ノイズだけを使った即興演奏、ボイス・パフォーマンスや物体を使った激しい身体行為などが行われます。多彩なアーティストたちの間でアイデアを交換し共有する事は、時代のリアリティに向き合うためのより開かれた知覚の獲得に繋がっていくことでしょう。作家たちは日常の事物の機能を置き換え、意味を転用することによって時間と空間の関係を作り出し、観客が自身のリズムの源泉である身体の感覚で共感し理解し合える世界を提示します。

●ライブパフォーマンス [各日\1,000]
6月25日(金)19:00-21:00
村田峰紀、河合政之、対岸(天野光太郎、竹内美貴)、1¢VG(沖啓介、利部志穂、木村幸恵、白井美穂)

6月26日(土)19:00-
【BED】-眠り人のための演奏会- vol.3(企画:スエナガゴウ)

6月27日(日)19:00-21:00
"t"(中川敏光、清水友美、後藤天)plus HAL_ &林潤

7月4日(日)19:00-20:00
中川敏光、Hair Stylistics(中原昌也)+河合政之

7月11日(日)19:00-20:00
"t"(中川敏光、清水友美、後藤天)、河合政之

●カフェトーク@BankART Pub
[参加費無料]※ドリンクのご注文をお願いします。

6月27日(日)16:00-18:00
河合政之、金魚/黄桃、他展覧会参加アーティスト 

7月4日(日)16:00-18:00
中原昌也(ミュージシャン、小説家、元暴力温泉芸者)、高橋洋(映画監督、『リング』脚本家)、河合政之

7月11日(日)16:00-18:00
住友文彦(横浜国際映像祭CREAMディレクター)、井出玄一(Boat People Association代表)、河合政之


主催:エクスプロージョン
協力:BankART1929 
企画:白井美穂 ベリット・フィッシャー
お問い合わせ:live@explosion-tokyo.com 090-4833-7713
http://www.explosion-tokyo.com/Live.html

▲トップへ


ヨコハマヘリテイジセミナーVol.1
絹が育てた横浜の近代建築(1)象の鼻・転車台

日時:2010年7月25日(日)13:00-16:00(12:30受付開始)
場所:[講演] BankART Studio NYK 
    [見学] 象の鼻パーク周辺の港湾施設 ほか
参加費(資料・保険代・コーヒー付き):
  一般 800円(会員 300円 当日入会も出来ます)




開港都市横浜の人・もの・文化の流れにとって大きな役割を果たした「絹」。その「絹」とのかかわりに視点を置いて横浜の近代建築を紹介するセミナーを3回シリーズで開催します。 第1回は、象の鼻・転車台を中心に、「絹」を介して世界につながっていた横浜の港湾部の歴史的建造物にスポットを当てます。

■講師:堀 勇良 氏(建築史家・一般社団法人横浜歴史資産調査会理事)
■定員:60名
■申込方法:
  往復ハガキに、住所・氏名・電話番号をご記入の上、お申し込みください。
  同伴者(氏名記入)は1名まで受け付けます。
  ホームページからも申し込めます。 http://yokohama-heritage.jp
■締め切り: 7月17日(土)必着  参加証は21日頃までにお送りします。
  申込者多数の場合は、抽選になります。

■申込・問合せ先:
  〒231-0023 横浜市中区山下町25-2インペリアルビル205
  一般社団法人横浜歴史資産調査会 事務局
  E-mail  info@yokohama-heritage.jp
  TEL/FAX : 045-651-1730

主催:一般社団法人 横浜歴史資産調査会(ヨコハマヘリテイジ)
協力:横浜市

*ヨコハマヘリテイジサポートクラブ会員の方へは、一般に先駆けて募集のご案内をし、各回とも会員料金でご参加いただけます。セミナー当日に入会もできます。
セミナー及び会員募集については、当会ホームページでもご案内しています。
http://yokohama-heritage.jp

▲トップへ


宮 晶子さんの新建築賞(吉岡賞)受賞をお祝いする会

日時:2010年6月25日(金)
   18:30-21:00
会場:BankART Studio NYK / 1F / BankART Mini
会費:1500円(お食事+ワンドリンク)




この度、横浜馬車道大津ビルで設計をされている建築家 宮晶子さんの「House I」が、新建築賞(吉岡賞)を受賞されました。つきましては、宮さんと交流の深い皆様、そして共に横浜の創造界隈を形成する皆様と一緒にお祝いの場を設けたく、ご案内申し上げます。 ご本人による「House I」他、のご紹介も企画しております。気軽なお祝いの集まりですので、お近くの方々も是非お誘い下さい。

宮 晶子さんの新建築賞(吉岡賞)受賞をお祝いする会
隣人代表 小泉アトリエ/小泉雅生
     環境デザイン・アトリエ/安田博道
事務局  小泉アトリエ(担当:中林・小林)
     TEL 045-663-7457   FAX 045-663-74578
     MAIL info@k-atl.com
※参加希望の方は、参加希望者と人数を明記の上、事務局までメールにてご連絡下さい。

▲トップへ


Shinji Ohmaki & Ryoko Minato Wedding Party

日時:2010年6月13日(日)
   開場 17:00-
   開始 17:30-
会場:BankART Studio NYK / 2F
会費:8,000円

特別展示 Memorial Rebirth 16:00-/17:00-
会場一般公開 15:00~16:30
※入場無料




アーティスト大巻伸嗣と湊亮子の結婚パーティ。

大巻伸嗣
『ECHO』シリーズ(資生堂ギャラリー、水戸芸術館 等)、『Liminal Air』(東京ワンダーサイト、ギャラリーA4、金沢21世紀美術館、アジアパシフィック・トリエンナーレ2009等)、『Memorial Rebirth』(横浜トリエンナーレ2008)など、軽やかかつ大胆に空間を非日常的な世界に変容させ、鑑賞者の身体的な感覚を呼び覚ますダイナミックなインスタレーション作品を発表。近年は日本国内のみにとどまらず、世界中のギャラリー、美術館、国際展などで意欲的に作品を展開している。

主催:Ohmaki Shinji Studio & Hustle
問い合せ:080-4142-7449

▲トップへ


アーバンデザイナー 北沢 猛を語る会 in ヨコハマ

日時:2010年6月12日(土) 13:00-
※各部のみの参加も可能です。
会場:BankART Studio NYK 2F
会費:一般2,000円 学生1,000円 (パーティー参加者は別途2,000円)



詳しくはこちらをクリック
アーバンデザインの多様な可能性を社会に投げかけ続け、多くの人々に深い影響を与えたアーバンデザイナー北沢 猛氏が、去る2009年12月22日に永眠されました。この催しを「北沢 猛を語る会」と名付けたように、決して「北沢先生を偲ぶ会」ではありません。彼の残してくれた業績を理解・評価・議論し、我々が継承していく具体的な課題をみつけていこうとする催しです。皆さんの、積極的なご参加を期待します。

■ 開催内容
第1部 13:00-15:00
『全員で語る:アーバンデザイナー北沢 猛を語る』
・スピーチ 「横浜と北沢 猛」
・5つのテーマに別れ、出席者全員で北沢さんを語ります。
① 未来への都市ビジョン
② まちづくりの運動体
③ 歴史を生かしたまちづくり
④ 文化芸術創造都市
⑤ 魅力ある空間デザイン

第2部 15:30-17:30
『トークセッション:北沢 猛の目指したものは...』
・5つのテーブルのコーディネーターによるトークセッション

第3部 18:30-20:30
パーティー『北沢さんの人となりを語る集い』
・参加者による連続スピーチや、スライドショーなど

■ お申し込み・お問い合わせ
kitazawatakeru@urbandesign.sakura.ne.jp

主催:アーバンデザイナー北沢猛を語る会 in ヨコハマ 実行委員会
代表 国吉直行
構成(順不同) 横濱まちづくり倶楽部 / アーバンデザイン研究体 / BankART1929 / UDCY横浜アーバンデザイン研究機構 / 創造都市横浜推進委員会 / この会 / YOKOHAMA HERITAGE / 大学まちづくりコンソーシアム横浜 / 都市デザイン室OB有志の会

▲トップへ


市民創発・環境行動フォーラム2010

会期:2010年6月5日(土)10:00-18:00
           6日(日)10:00-17:00
(*5日(土)は、19時-21時にグリーンドリンクス(エコな交流会)を開催)
会場:BankART Studio NYK
入場:無料



↑詳細はこちらをクリック!
(チラシ裏表2.4MB)
6月5日(土)・6(日)、環境月間のコアイベントとして『市民創発・環境行動フォーラム2010』を開催します。
これは、開国博Y150ヒルサイドイベントで培われた市民力をさらに定着させ、発展させていくとともに、『環境に関心はあるけれどまだ行動には移していない人』や『環境にあまり関心のない人』も楽しむことができ、環境について『市民一人ひとりができること』に『気づき』、そして『行動』へと展開していくことを目的とした体験型イベントです。
ぜひご参加ください。


■テーマ
都市型エコライフスタイルのすすめ

■主な内容
(1)市民活動団体、企業、大学・研究機関、行政などによる体験型展示コーナー
 「くらしの中のエコ(地球温暖化や3Rなど)」「水の大切さを考える」「自然と生き物(生物多様性)」をテーマに、約50のブースが出展!
(2)横浜産の新鮮な野菜の直売・地場食材を使ったフードコーナー
(3)Fm yokohama 84.7「AIR CRUISE」公開生放送(5日(土)13:00-16:00)
(4)横浜環境活動賞 表彰式(受賞21団体/林文子横浜市長)(5日(土)13:30-)
(5)よこはま動物園ズーラシア 増井光子園長トークショー(6日(日)13:00-14:00)
(6)生物多様性リレートーク(6日(日)14:30-16:00)
   海・京浜臨海部・動物園...横浜における生物多様性の様々な取組をリレー形式でご紹介。
(7)環境セミナー「工場夜景から環境を考える」(工場夜景クルーズ同時開催)※要事前申込(5日(土)17:00-)

主催:横浜市環境創造局
共催:FMヨコハマ
協賛:キリン・トロピカーナ


◆同日開催のイベント情報◆
横浜セントラルタウンフェスティバル『Y151』(山下公園、元町ショッピングストリート、馬車道通りほか)
2010 tvk 秋じゃないけど収穫祭(日本大通り)
エコカーワールド2010(横浜赤レンガ倉庫)

*環境月間とは?
1971年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して、国連は6月5日を「世界環境デー」として制定し、世界各国で様々な行事が行われています。我が国でも、環境基本法(平成5年)で6月5日を「環境の日」と定め、この日を含む6月を「環境月間」とし、国、地方公共団体等において、環境保全の重要性を認識し、行動の契機とするため、各種の行事を実施しています。
横浜市でも、この環境月間を機に、市民、企業、学校、行政等があらためて環境問題について一緒に考え、これからの行動につなげていけるよう、環境月間事業を実施しています。


問い合わせ先
環境創造局 企画課 環境活動推進担当
電話:045-671-2484 FAX:045-641-3490
Eメール:ks-kikaku@city.yokohama.jp

▲トップへ


横浜インターナショナルスクール 学生作品展
IB Diploma Art Exhibition

日時 2010年4月6日(火)-4月11日(日)
    11:30-19:00
場所 BankART Studio NYK 2F / ギャラリー2A+2B
入場無料



詳しくはこちらをクリック
横浜インターナショナルスクールは、国際バカロレア後期課程美術科専攻の15名の生徒の卒業作品展を行います。展示される作品は絵画、彫刻、陶芸、インスタレーション(空間アート)、グラフィックデザイン、ファッションデザイン、デジタルメディアなど様々です。皆様のご来場をお待ちしております。


お問い合せ 045-622-0084 080-5056-4101 横浜インターナショナルスクール
主催 横浜インターナショナルスクール www.yis.ac.jp

▲トップへ


BankART school 飯沢耕太郎ゼミ受講生有志・写真展
「みる、つなぐ、ひらく」

会期:2010年3月23日(火)-4月4日(日)
時間:11:30 - 19:00
会場:BankART Studio NYK / Miniギャラリー
入場:無料



詳しくはこちらをクリック
BankART School 2009年8-9月期に行われた飯沢耕太郎ゼミ。今期は「ポートフォリオを作る」というテーマで、飯沢氏の指導のもと、2ヶ月という短期間の中、それぞれオリジナルの「ポートフォリオ」の完成を目標に制作を行ってきました。
それぞれが撮りためてきた写真を見直し、時には言葉を用いて写真を編み、一冊のポートフォリオとしてまとめあげるという作業は、みることとは何か、みせることとは何かといった問いを自らに引き寄せ、さらに他者に投げかける行為でもありました。
みること、つなぐこと、ひらくこと。わたしたちはゼミでの実践を個々の作品として完結させるだけでなく、展覧会という開かれた場で、より多くの人に見てもらいたいと考えています。 本展では、受講生有志が集まって、写真作品とポートフォリオを同時に展示します。皆様のご来場をお待ちしております。

【関連イベント】
ivent1. 展示作品公開講評
飯沢耕太郎(写真評論家)+高橋宗正(写真家)
3月27日(土)16時-
ivent2. トークショー「なぜ写真集を作るのか?」
飯沢耕太郎(写真評論家)×姫野希美(赤々舎)×高橋宗正(写真家)(予定)
3月27日(土)17時-
ivent3. オープニングレセプション
3月27日(土)18時30分-

主催:みる、つなぐ、ひらく実行委員会
特別協力:BankART1929
お問合せ先:090-9316-2376/宮下(代表)

▲トップへ


Kanagawa Art Cafe Vol.10
「誰も、何も、どんなに巧みな物語も」

日時:2010年3月31日(水)
    19:30 (受付開始は開演30分前)
会場:BankART Studio NYK 3階
    3C gallery
料金:2,000円 (前売り当日共)



詳しくはこちらをクリック
テクスト:ジャン・ジュネ
構成・翻訳:宇野邦一
演出:三浦基
出演:山田せつ子、安部聡子


チケット取扱: 神奈川県民ホールチケットセンター 045-662-8866
お問合せ: 財団法人神奈川芸術文化財団 045-633-3766
主催: 財団法人神奈川芸術文化財団 神奈川県

▲トップへ


COLLOL公演
「このままでそのままであのままでかみさま」

日時 2010年3月26日(金) 20:00
3月27日(土) 17:00
3月28日(日) 17:00
3月29日(月) 20:00
3月30日(火) 20:00
会場 BankART Studio NYK / NYKホール
料金 前売り当日共 3,000円 学割 2,000円



↑詳細はこちらをクリック!
予約・問い合わせ 080-1159-9902 COLLOLmail@gmail.com
主催 COLLOL   URL http://www.COLLOL.jp

▲トップへ


ロストジェネレーション

日時:2010年3月16日(火)-3月28日(日)
   11:30-19:00
オープニングレセプション:3月20日(土)
会場:BankART Studio NYK / 2F
   2Bギャラリー 入場:無料




「私たちの時代は大変だった」、戦後すぐに生まれた団塊の世代は大きな喪失感と貧しさのなかで生きてきました。しかし同時に、彼らは復興という目標と豊かな未来という希望を獲得したはずです。「ロストジェネレーション」展は、彼らの子供である私たちが、彼らの築いた大変ではなくなってしまった時代に何を失ったのかということについてではなく、失うに値する何を獲得してきたのかということについての考察です。

出展作家:天津優貴
 上田朋衛
 遠藤優貴
 大町 碧
 嘉義拓馬
 相模智之
 櫻井史樹
 中山裕介
 西村祐紀
 野口博行
 本田和裕
 Kazu.Soejima
HP:www.lostgeneration-exhibition.com
主催:東京綜合写真専門学校研究科ロストジェネレーション展実行委員会
問い合わせ先:実行委員会(担当 ソエジマ)080-3412-4277

▲トップへ


開港150周年・創造都市事業本部特別研修
仲原正治60歳 アートな人生
~横浜のまちづくりを語る

日時:2010年3月29日(月)18:00-19:30
場所:BankART Studio NYK / 2F
料金:無料
   (懇親会は1500円/軽食・ワンドリンク付)



詳しくはこちらをクリック
これまで長年にわたって横浜の魅力・活力を高めようと、時には無謀とも思えるチャレンジを続けてきた仲原課長が、横浜のまちづくりについて熱く語ります!!
アートの力で地域を変えようという"黄金町のまちづくり"や歴史的建造物をアート活動の拠点として再生した"ZAIM""BankART"等数々のプロジェクトを先頭に立って進めてきました。
都市で暮らし・働く者として、都市・横浜の魅力、これからのまちづくりについてともに考えてみませんか?

◆講師 仲原正治氏 プロフィール
開港150 周年・創造都市事業本部創造都市推進課担当課長。
1974年に横浜市役所就職以来、建築局、職員研修所、新交通システム、福祉、都市再開発事業、横浜美術館、㈱横浜みなとみらい21などの仕事に従事し、2004年より横浜市文化芸術都市創造事業本部(2006年組織改変により横浜市開港150 周年・創造都市事業本部)で、創造界隈形成事業(BankART1929、ZAIM、急な坂スタジオ等の運営及び黄金町地区の文化芸術 によるまちづくり)を担当。また、仕事と並行して、1980年に市役所の中に横浜まちづくり研究会を発足させ、世話人として活動するとともに、全国の赤煉瓦建造物保存活用のネットワーク(赤煉瓦ネットワーク)の設立に参加。市内での各種イベント(ヨコハマフラッシュ、横浜博覧会FM放送等)のディレクターとして活動してきた。


申込方法
①所属、②氏名、③懇親会参加の有無を記載し、e メールまたはFAXでお申込ください。
※メールで申込みの場合は、メール件名を『仲原講演会希望』としてください。
※申込みされた方は、特に連絡のない場合は全員参加できます。
※講演会参加申込とあわせ懇談会参加の有無をご連絡ください。会費は当日受付にて徴収します。会費:1500 円(軽食・ワンドリンク付)
<申込先>開港150 周年・創造都市事業本部創造都市推進課 権藤
TEL 671-3868 FAX 663-1928 Eメール yu00-gondou@city.yokohama.jp

▲トップへ


関東学院大学
第5回HED(Human Environmental Design)展

会期:2010年3月19日(金)- 25日(木)
時間:11:30 - 19:00
会場:BankART Studio NYK / 2Aギャラリー
入場:無料




第5回HED(Human Environmental Design)展は、関東学院大学 人間環境学部人間環境デザイン学科の学生がそれぞれの授業で制作した「建築模型・プレゼンテーションボード」、「卒業研究(論文・制作)」及び「ゼミナールの活動報告」を展示します。今年は新たに「つながり」というテーマでワークショップを催す予定です。

主催:関東学院大学人間環境デザイン学科展示運営委員会
問合せ先:045-786-9829(関東学院大学人間環境デザイン学科演習室)

▲トップへ


倉敷芸術科学大学 大学院 修了制作展
どんぶらこ

日時:2010年3月15日(月)-21日(日・祝)
    11:30-19:00 初日 14:00-
会場:BankART Studio NYK / 1F
    Miniギャラリー及びNYKホール
入場:無料



↑詳細はこちらをクリック!
この展覧会は倉敷芸術科学大学大学院、修士・博士16人による展覧会です。
私たちの大学は、瀬戸内海を眺望する山のてっぺんにたつ大学です。大学のある倉敷という街は、大原美術館を始め、数々の伝統をもつ文化の発信地。このような環境で作品を制作してきました。今回の出品する作品の構成は、絵画・彫刻・陶芸・ガラス・インスタレーション。これらの作品は文化の街倉敷で伝統や芸術文化を取り込んだ、私たちの新しい挑戦です。その作品とともに倉敷から「どんぶらこ」と横浜の街へと進出し「どんぶらこ」展を開催します。

【オープニングパーティ】
 3月 15日 18:00-

【トークイベント】
 3月21日 
 15:00~ 「2010年3月21日現在のアートシーン」藤田千彩(美術ライター)
 16:00~ 「アートとデザインの違い」
       ゲスト:田中義久(グラフィックデザイナー/Nerhol)
 17:00~ 「絵を売ること/売る絵を描くこと」
       ゲスト:横井勝利(YOKOI FINE ART 代表)

◎出品
芸術研究科
修士課程
美術専攻:日本画 西洋画 彫刻
工芸専攻:陶磁工芸 ガラス工芸
博士課程
芸術制作表現専攻:ガラス工芸

問い合わせ:
donburaco2010@gmail.com 090-5655-9647

主催:倉敷芸術科学大学大学院修了制作展 どんぶらこ実行委員会
協力:BankART1929
    倉敷芸術科学大学 芸術研究科

▲トップへ


多摩美術大学美術学部生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻卒業制作展
多摩美術大学大学院デザイン専攻テキスタイルデザイン領域修了制作展

会期:2010年3月12日(金)- 14日(日)
時間:11:30 - 19:00(最終日のみ17時まで)
入場:無料






この度の展覧会は、同科4年生と大学院生が幅広いテキスタイルデザインとアートの両翼の中で、各自の能力と個性に応じて創作の可能性を専門的に追求し、発表している卒業・修了制作展です。期間中には公開審査会とパーティを開催します。ぜひご来場ください。

【公開審査会】
2010年3月13日(土)15:00 - 16:30
(16:45頃から同会場にてパーティを開催します)

主催:多摩美術大学美術学部生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻 H21年度卒業生
   多摩美術大学大学院デザイン専攻テキスタイルデザイン領域 H21年度修了生
問合せ先:042-679-5625(テキスタイル研究室)

▲トップへ


老人ホーム・リミックス #1
野村誠のポストワークショップ

期日:2010年3月14日(日)
時間:14:00 /18:00
   開場は開演の30分前
会場:BankART Studio NYK
   2F ライブラリー
料金:前売2000円/当日2500円



↑詳細はこちらをクリック!
 ぼくが10年間続けている「お年寄りとの共同作曲」。特別養護老人ホーム「さくら苑」で、駄洒落、インプロ、唱歌、トランスが交差し、古典ともコンテンポラリーとも形容しがたい独自の芸能のような場が形成されています。「老人ホーム・リミックス」は、その特異なセッションを映像に記録し、その映像をリミックスして、老人ホームの映像にピアノの生演奏が交差するユニークな音楽を提示します。

Direction 野村誠 吉野さつき
Piano 野村誠
Video上田謙太郎

予約 web http://sakuraen.blogspot.com/
   お申し込みフォームよりご予約いただけます。

お問い合せ web http://sakuraen.blogspot.com/
      メール sakuraen314@yahoo.co.jp
      電話 03-3936-5199※電話は不在の場合がございます。 
        なるべくwebサイト・メールよりお問い合せ下さい。

主催 さくら苑プロジェクト実行委員会
助成 平成21年度横浜市先駆的芸術活動助成(ACY)
協力 BankArt1929
   特別養護老人ホームさくら苑
   エイブル・アート・ジャパン
   アートミーツケア学会

▲トップへ


TETSUSON2010
Art Design Architecture
全国合同卒業制作展覧会

会期:2010年3月4日(木)-7日(日)
時間:11:30 -19:00
会場:BankART Studio NYK全館
入場:無料




「てつそん」とは、日本そして海外からアート・デザイン・建築系の学生が集まり、学生主体で運営する日本最大規模の合同卒業制作展示会です。
今年は日本そして海外韓国から37校約180名、12種類の分野の作品が集まりました。近未来のクリエイターである全国の学生が考えた「日常」や「生活」がそこにはあります。
会場には、卒業制作の作品以外に、大学1-3年生の作品や10周年記念として過去の「TETSUSON」の作品の写真展示等ございますので、どうぞごゆっくりご覧ください。

【イベント】
◇ワークショップ 3.4-7 11:30-19:00
「異種異人芸術交流 共同即興制作」:多分野な学生による共同即興制作です。
「テツチズ」:来場者も参加可能。TETSUSONに関わった全ての人々の繋がりを全国地図に書き込んでもらうことで視覚化します。

◇学生有志活動紹介 3.4 thu 13:00-
学業の傍ら、様々な制作活動を行う有志団体を紹介します。
参加団体:早稲田大学繊維研究会、cuad、etteda!!2010、epa2009、flat

◇公開審査 3.6 sat 15:30-
作品作者が自らを表現する場を設け、作者と様々な学問領域のプロフェッショナルであるゲストとの対談及び公開討論により、個々の作品の新たな価値と可能性を探ります。
【審査員】
池田 修 BankART1929代表・PHスタジオ代表)
伊藤 有壱 アートディレクター
作田 知樹 クリエイティブ・リサーチャー
下川 一哉 日経デザイン編集長
鈴木 恵千代 (株)乃村工芸社
鈴木 康広 アーティスト
曽我部 昌史 建築家
柘植 喜治 商業施設技術者・団体連合会会長
仲原 正治 横浜市開港150周年・創造都市事業本部 課長

◇レセプションパーティー 3.6 sat 18:00-
みなさま是非、ご参加ください。お待ちしております。

主催:TETSUSON2010運営委員会
問合せ先:090-8113-8181(事務局)
E-mail:2010info@tetsuson.org

▲トップへ


女子美術大学芸術学部工芸学科卒業制作展-染織陶硝-

会期:2010年2月20日(土)- 2月28日(日)
時間:11:30 - 19:00(最終日のみ17:00まで)
会場:BankART Studio NYK / NYKホール + 2F
入場:無料




染・織・陶・硝の4コースからなる工芸学科は"用の美"の追求を基礎とし、専門的な技術を学んでいます。私達はそれぞれの素材と向き合うことで、自らの手で作り出す喜びを感じ、ものづくりを通して個々の感性を磨いています。
今年で2回目となる4コース合同での卒業制作展です。各素材と歩んできた4年間の集大成をぜひご覧下さい。

主催:女子美術大学芸術学部工芸学科 H21年度卒業生
問合せ先:042-778-6645(女子美術大学工芸学科研究室)

関連企画
オープニングパーティ
工芸の新たな魅力を感じて頂ける催しです。ゲストをお呼びしてトークショーを行います。
参加費は無料ですので、ぜひご参加ください。
日時:2010年2月20日(土)18:00~
会場:BankART Studio NYK / 1F

▲トップへ


北仲スクール連続講座「アートとコミュニティ」
vol.1 台湾レポート
3つの会場、3つのフォーマットによる、3日間の討論会
オフィシャル・シンポジウム

日時:2010年2月28日(日)
    13:00-16:00(終了後、17:30までレセプション)
会場:BankART Mini
参加費:無料



詳しくはこちらをクリック
北仲スクール連続講座「アートとコミュニティ」では、アジアの都市との交流を通して、市街地再生における芸術の役割を探ります。第1弾「台湾レポート」では、NPO法人黄金町エリアマネジメントセンターとの協力により、横浜市の黄金町と台北市の龍山寺地区に焦点をあて、町並みの保存と芸術文化活動の拠点としての再生について、情報・意見を交換します。

◇龍山寺剥皮寮とは
日本の統治時代、小学校の建設用地として指定されていたため、剝皮寮の一角は清朝時代の街並を残したまま放置されていました。戦後、小学校の拡張に伴う区画整理に対し、この地区の産業に従事していた人、またこの地域を台湾の歴史文化財として捉える人々による反対運動が起りました。彼らの地道な活動により、政府はその街並みの保存と文化教育施設としての再利用を決定。2009年修復が完了し、台北市強度教育センターがオープン、また「剥皮寮藝條通 (Bopiarts--Old Street Cultural Festival)」が開催されました。

パネリスト:
丘如華(台湾歴史資源経理学会秘書長)
胡朝聖(キュレイター / Bopiarts)、陳敬寶(アーティスト / Bopiarts)、周靈芝(アーティスト / Bopiarts)、蔡坤霖(アーティスト)、呉彗貞(キュレイター)、鈴木伸治(横浜市立大学准教授)、山野真悟(黄金町エリアマネジメントセンター事務局長)、本間純(アーティスト)、伊東純子(デザイナー / アーティスト)、五島朋子(鳥取大学地域学部付属芸術文化センター准教授)


全体スケジュール
詳しくはhttp://www.kitanaka-school.net/
※全て参加無料。

1日目
2/26(金)|オープニング・トーク:地区再生のもうひとつの道
会場:横浜アーバンラボ(横浜市中区北仲通5丁目57-2北仲BRICK1階)

2日目
2/27(土)|分科会:台湾からみた黄金町、日本からみた龍山寺剝皮寮
会場:黄金スタジオ内[試聴室その2]、バザール・コミュニティ

ウェルカム・パーティ
会場:黄金スタジオ内[試聴室その2]

3日目:2/28(日)|オフィシャル・シンポジウム:アートとコミュニティ
会場:BankART Studio NYK


問い合せ:北仲スクール事務局/045-263-9075
art-and-community@kitanaka-school.net

主催:北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)
共催:特定非営利活動法人黄金町エリアマネージメントセンター
後援:横浜市、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団
助成:文部科学省「大学教育充実の為の戦略的大学連携プログラム
協力:横浜市立大学鈴木伸治ゼミ、Kogane-X Lab、BankART1929

▲トップへ


和光大学表現学部芸術学科卒業制作展2010「NUDE」

会期:2010年2月20日(土)-25日(木)
時間:11:30 -19:00
会場:BankART Studio NYK3階/1階 Mini Gallery
入場:無料




和光大学芸術学科は個性的です。学生は必ずしも美術ではなく、個人個人が興味のあるものに対して揺るぎない情熱を注いでいます。そのため卒業制作展では、平面、立体、映像、デザイン、マンガと、様々な媒体の作品が出品され、和光大学芸術学科生の多様な興味を覗くことができます。会期中盤には出品者によるパフォーマンスの公演があります。興味のある方は時間を合わせてご来場下さい。

《イベントスケジュール》
オープニングパーティー
2月20日(土) 17:30 - 18:30 於:BankART Studio NYK 3階会場

演劇《暗中問答》千島芳彦
20日・21日15:00-/18:00-・22日18:00-

漫才《ドラゴンフライ卒》ドラゴンフライ(中川翔太、荻沼竜太)
24日・25日15:30-

ワークショップ《4さいのげいじゅつかになろう》秋葉真里
20日13:00-14:00


主催:和光大学表現学部芸術学科
問合せ先:044-989-7488(和光大学教学支援室)
http://www.wako.ac.jp/artex

▲トップへ


Yokohama Creative #5

日時:2010年2月17日(水)
    7:00pm-10:00pm
会場:BankART Mini
料金:1,000円




横浜クリエイティブとは定期的にアイデアや情報をシェアできるプロフェッショナルなクリエイターのためのネットワークです。
横浜クリエイティブイベントでは他の成功を収めているクリエイターと共に新しいパートナーやビジネスの関係をつくるお手伝いをします。
横浜クリエイティブイベントは日本人と在外外国人がアイデアを共有し、プロジェクトを売り込み、つながりを作るお手伝いをします。

■Speaker
佐々木 博 氏[Hiroshi Sasaki]
オフィス創庵 代表取締役
12年にわたりNHK教育テレビ番組「趣味悠々」にて、パソコン・IT教育の番組講師を歴任。
IT社会における情報表現・発信教育、並びに創造性向上による個人のライフスタイルやワークスタイルのあり方研究が活動テーマ。
書籍やテレビ、講演 など様々なメディアを通じてわかりやすく解説する語り口には定評がある。 中高年向け書籍からクリエイター、企業ウェブ担当者向け書籍まで著書監修多数。
主な書籍、活動実績は以下参照
http://www.soan.jp/?page_id=2878

参加者事業分野
ウェブデザイン・広告・建築・ファッション・グラフィックデザイン・マーケティング・テクノロジー・プロダクトデザインなど


主催:Yokohama Creative
問い合わせ:info@yokohamacreative.com
www.yokohamacreative.com

▲トップへ


女子美スタイル☆最前線
JOSHIBI Degree Show 2009

会期:2010年2月10日(水)- 2月14日(日)
時間:11:30 -19:00(入場は18:30まで)
会場:BankART Studio NYK
入場:無料




4回目を迎える『女子美スタイル☆最前線』は「芸術・女性・社会」というグランドコンセプトに基づき、大学院・大学・短大から選抜された卒業・修了作品を一堂に発表するDegree Show形式の展覧会です。楽しいこと、面白いこと。自分を輝かせること、悩むこと。そして協力し合うこと。真剣に打ち込めることを探し、それを表現する。女子美術大学はそのための「場」です。ぜひ、本展をご覧いただき、女子美という才能を感じてください!

主催:女子美術大学・女子美術大学短期大学部
問合せ先:042-778-6123(女子美術大学 企画部 広報入試課)
http://www.joshibi.ac.jp/

▲トップへ


「キョウトミライ」
京都精華大学デザイン学部
ビジュアルデザイン学科+建築学科作品展

会期:2010年2月2日 (火) -2月7日(日)
時間:11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK / 3F / 3Aギャラリー
入場:無料



詳しくはこちらをクリック。
今日、もしかしたらいつも通りの平凡な日かもしれない。今日、もしかしたら世界が終わってしまう日かもしれない。10年後、100年後まで揺さぶってしまうかもしれないこの日を、私たちは生きています。
さっき・今・5分後...「今日」の中には、「過去・現在・未来」が存在し、今日考えたコト、今日創ったモノが、未来へとつながっていきます。
私たちにとっての、リアルな未来のカタチは、流線型のクルマが空を飛んでいたり、ロボットが人間と同じように過ごしていたりということではなく、「今日」という身近な現実の延長線上にあるのです。
未来はいつも今日と共にあります。長い長いデザインの歴史が集積された、京都という街で、私たちは今日も何かを考え、未来を創り続けています。

セイカビジュアル
Seika Architecture


京都精華大学
〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
TEL:075-702-5119 http://www.kyoto-seika.ac.jp/


関連企画
ショップ
会場の一室にて、学生達の作品やポストカードなど、オリジナルグッズの販売を行います。

クロージング・バーティー
第一線で活躍するデザイナー、クリエイターなど、本学にゆかりのある多彩なゲストをお招きし、クロージング・パーティーを催します。
卒業生、学生、一般の方々も是非ご参加ください。参加費無料。
2月6日(土)16:00‐20:00


京都精華大学デザイン学部は、グラフィックデザイン・イラストレーション・デジタルクリエイションの3コースからなるビジュアルデザイン学科、建築学科、プロダクトコミュニケーションデザイン・インテリアプロダクトデザインの2コースからなるプロダクトデザイン学科の3学科で構成され、各々の専門分野におけるプロフェッショナルの育成を目指します。

▲トップへ


「Exhibition of Graduation Works 2010」
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科
インテリアデザインコース卒業制作展'10

会期:2010年2月3日(水)- 2月7日(日) 時間:11:30-19:00(最終日18:00まで) 会場:BankART Studio NYK / 3F / 3Bギャラリー 入場:無料




今年もインテリアデザインコース専攻の学生による卒業制作展を開催することとなりました。空間、家具、プロダクト等私たちの生活にまつわる新たな提案として18 作品を発表いたします。より多くの皆様の目に触れることで、ここを新たな出発点とできれば幸いです。

主催:武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科インテリアデザインコース4年生一同
問合せ:090-3913-1507

▲トップへ


日本工学院 ものづくりフェスタ 2010
~ものづくり・ひとづくり・まちづくり~

日時:2010年2月5日(金)-7(日)11:30-19:00
   初日5日14:00- / 最終日7日-16:00
会場:BankART Studio NYK / 1-2F
入場:無料




主催:日本工学院専門学校

問い合わせ:日本工学院専門学校
042-637-3179八王子キャンパス
03-3732-1367蒲田キャンパス

▲トップへ


ペピン結構設計
「トンカツであーる」

会場 BankART Studio NYK / 3F / 3Cギャラリー
日時 2010年2月4日(木) 19:30
         2月5日(金) 19:30
         2月6日(土) 19:30
         2月7日(日) 18:00

チケット
一般前売 2,500円 当日2,800円
高校生以下 1,500円  (当日要学生証提示)
チョーさん割 あなたの好きな長新太さんの本を受付でご提示頂くと2,200円でご入場頂けます。
ブキャ!割 3名様1組でご来場頂き、受付で「ブキャ!」と合わせて鳴くと1名様分が無料に。



詳しくはこちらをクリック
ポスト・パフォーマンストーク開催
2月4日公演終了後 熊倉敬聡
2月5日公演終了後 中野成樹(中野成樹+フランケンズ主宰・演出家)


作・演出 : 石神夏希
原作 : 長新太「つきよのキャベツくん」
出演:下田寛典 寺西麻利子 中澤大輔 里見有祐 石神夏希
お問合せ : Email:info@pepin.jp TEL:090-8455-5978
主催 : ペピン結構設計 http://pepin.jp/stage/tonkatsu/

▲トップへ


日本工学院専門学校
グラフィックデザイン科・Webデザイン科卒業制作展

会期:2010年1月29日(金)- 1月31日(日)
時間:11:30-19:00(最終日のみ17:00まで)
会場:BankART Studio NYK / 2F
入場:無料




今年度よりBankART Studio NYKで開催いたします。グラフィックデザイン、エディトリアルデザイン、イラストレーション、絵本、造形、絵画、版画、Webデザイン、モバイル・コンテンツ等の作品を展示いたします。みなさまのご来場をお待ちしております。

主催:日本工学院グラフィックデザイン科・Webデザイン科
お問合せ:03-3732-1597(日本工学院グラフィックデザイン科)

▲トップへ


コウサ展2010 陽庭 (はるには)

日時:2010年1月30日(土) 11:30-19:00
1月31日(日) 11:30-18:00
会場:BankART Studio NYK / NYKホール
入場:無料




主催:専修大学ネットワーク情報学部コウサ展実行委員会

問い合わせ:
080-2036-7132
Email : info@senshu-kousa.net
Twitter: http://twitter.com/kousa2010
Web: http://www.ne.senshu-u.ac.jp/~kousa2010/

▲トップへ


東京藝術大学先端芸術表現科卒業|修了制作2010
Tokyo University of the Arts Inter Media Art
Graduation Works 2010 in Yokohama

会期:2010年1月16日(土)-24日(日)
時間:11:30-19:00(最終日のみ17:00まで)
会場:BankART Studio NYK



詳しくはこちらをクリック
東京藝術大学の先端芸術表現科が、今冬も横浜にやってきます。BankART Studio NYK全館を利用しての、学部・修士合同開催。平面・立体・映像・パフォーマンスなど多様な表現に加え、卒業制作展の枠に収まりきらない各種イベントを用意して、あなたをお待ちしています。
今新しく生まれ変わろうとしている先端。その変化の季節に立ち会わせた学生たちが描き出す、それぞれの、そして先端の転換点となる「PARTY」に、どうぞご期待ください。


【フォーラム「ProjectとProjectors ̶"投げかけ"の未来像」】
5名の多彩なパネリストをお迎えし、展覧会やアートプロジェクト―表現と人々の対面する現場の今日的状況から未来像までを議論します。

日時:2010年1月23日(土) 15:00-17:00
会場:BankART Studio NYK Studio201(2階)
入場無料、予約不要、定員80名
パネリスト(50音順):
伊藤達矢/美術家/アートコーディネーター
伊藤悠/『island』
小沢剛/美術家
毛原大樹/アーティスト
木幡和枝/アート・プロデューサー


【「卒業|修了制作2010」カタログを発行!】
コンテンツ満載のカタログを会場で販売します。全作家の作品紹介と解説に加えて、総勢17名による寄稿、さらにインタビュー2本と充実の内容で、先端という場所を起点にして、現代のアートの状況について問いかけます。
販売価格:1000円

掲載内容:
・全作家作品紹介/作家自身による作品解説
・教員11名による寄稿「5年後の先端」
・先端にゆかりのある作家・企画者たちによる6つの寄稿
・特別インタビューVol.1:桂英史(芸大大学院映像研究科準教授)
・特別インタビューVol.2:池田剛介(美術家)


主催:東京藝術大学美術学部先端芸術表現科 卒業|修了制作実行委員会
卒業|修了制作2010 WEB SITE:http://www.sentan2010.com
先端芸術表現科WEB SITE:http://www.ima.fa.geidai.ac.jp/
お問い合わせ:sentan2010@gmail.com

▲トップへ


東京リアル脱出ゲーム 廃倉庫からの脱出

日時:2010年1月7日(木)~11日(月,祝)
7日(木)
17:30- / 19:00- / 20:30-
8日(金)
17:30- / 19:00- / 20:30-
9日(土)
12:00- / 13:30- / 16:30- / 18:00- / 19:30- / 21:00-
10日(日)
12:00- / 13:30- / 15:00- / 16:30- / 18:00- / 19:30- / 21:00-
11日(月,祝)
12:00- / 13:30- / 15:00- / 16:30- / 18:00- / 19:30- / 21:00-

会場:BankART Studio NYK / 3F
定員:1脱出 100名
チケット:前売 2,800円 / 当日3,300円
11/28(土)10時からeplus+(イープラス)にて発売
※一回の申し込みにつき8枚まで購入可能
前売券完売の際は、当日券の販売無し



詳しくはこちらをクリック
大人気の東京リアル脱出ゲーム。待望の第4弾。

気が付くとあなたは廃倉庫にいる。
荒れ果てた冷たいコンクリート。
時折聴こえてくる不思議な音楽。
あなたはどうやら広大な廃倉庫に閉じ込められてしまったようだ。
刻まれているのは手ごわい暗号。謎の部屋へ続く扉は固く閉ざされている。
あなたは仲間と協力して、この不思議な空間から脱出することができるだろうか?

□カフェ・イベント:
日時:9日(土), 10日(日), 11日(月祝) 19:00-21:30

チケット購入
・PC用購入ページはこちら


□information :
ototoy website
Tel : 03-5829-8371 (ototoy) (平日10:00-20:00)
Email : info@ototoy.jp

主催 : ototoy
企画制作 : SCRAP
協賛 : 極限脱出 9時間9人9の扉
(本公演には、ニンテンドーDS/ノベル「極限脱出 9時間9人9の扉」に関する謎解きが入ります。)
協力 : LLP wonder / 株式会社Knot

▲トップへ


フェノメノンの箱
The Box of Phenomenon

日時:2009年12月19日(土)-27日(日)
   11:30-19:00
   オープニングパーティ 12月19日(土)17:30-
会場:BankART Studio NYK / 3F / 3Cギャラリー
入場:無料



↑クリックで拡大
物があふれ、身体と乖離した世界が発達した現代において、リアリティを再確認する。その中で私たちが求めるものは箱の中身である。つまりはフェノメノン(現象)の中身、本質を求めている。私たちは箱の内と外の関係を築き、問いかける。

参加作家:伊藤大茂、佐藤智仁、楯とおる、長谷部勇人

主催:「フェノメノンの箱」実行委員会
協力:BankART1929
問い合わせ:090-7685-1609(代表 伊藤)

▲トップへ


kodou−心動−

日程:2009年12月20日(日)
時間:16:00開場 16:45-20:00
会場:BankART Studio NYK / 2F / 2Aギャラリー
料金:1500円+お楽しみ券500円
   4歳〜未就学児:入場無料+お楽しみ券500円
   3歳以下:無料




2009年12月某日、大事件発生!
各地にいるサンタ達が集合し、会議が開かれている。
...消えたキラキラ。
果たしてクリスマスまでにとりもどせるのか!!??
サンタクロースがおくる、スペシャルX'masパーティ!!

チケット問い合わせ・申込み kodou-yokohama@live.jp

主催:赤い靴記念文化事業団
企画・制作 MANMI Yu→ki
制作協力:つまみ
協力:株式会社カルチャー, 繁岡賢郎
協賛:A-Xonnection
美術:ayumi MEMI

▲トップへ


SIGGRAPH ASIA 2009 開催記念パーティ・ライブ
 『ヨコハマル:Get Yokohammered!』

日程:2009年12月17日(木)
時間:20:00-25:00
会場:BankART Studio NYK
参加費:無料(事前登録制)
※ドリンク代は有料




コンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術を中心としたデジタルメディア、デジタルコンテンツ分野を代表する国際カンファレンス&展示会「シーグラフ・アジア」が、2009年12月16日から19日までパシフィコ横浜で開催されます。
それに伴い、国内最大規模を誇るCGプロダクションであるポリゴン・ピクチュアズ、ならびに世界最大のCGソフトウェア・サプライヤーであるオートデスク、そして国内最大級のCGソフトウェア・ベンダーであるボーンデジタルの各社が協同し、「シーグラフ・アジア」に集結する各国の研究者・クリエイター・業界プレスを招いて開催するスペシャル・ライブを企画しました。
開催地にちなみ『ヨコハマル:Get Yokohammered!』と題して、知的でありながらも官能を刺激せずにおかない大人のイベントを、テクノロジー・アートの最先端を担うオーディエンスにお届けしたいと思います。
是非ご参加ください!


参加対象者
シーグラフ・アジア参加者やクリエイターなど
※未成年者の飲酒は法律により禁止されているため、パーティ会場への入場をお断りしております。予めご了承ください。


出演アーティスト
■d.v.d
個性派ドラムデュオ、ItokenとJimanicaによる人力と無機質な電子音が交錯するサウンドと、映像作家山口崇司によるユニット。
楽器と映像を完全にシンクロさせた「ライヴインスタレーション」が話題を集め、音楽シーンはもちろんアートシーンからも注目を集める。
世界ツアー後、アルスエレクトロニカ08"にてHonorary Mention賞を受賞。

■OPTRON(a.k.a 伊東篤宏)
蛍光灯の放電ノイズを拾って出力する「音具」OPTRONを操る伊東篤宏によるパフォーマンス。 展覧会会場などでライヴを開始する。
2000年以降、国内外の展覧会(個展、グループ展等)、音楽フェスティバルなどからの招集を受け、世界各国で展示とライヴ・パフォーマンスをおこない、現代美術側からの音あるいは音楽へのアプローチを続けている。

■YOKOHAMA RESIDENTS aka「XXXRESIDENTS」
1970年代初期からサンフランシスコを中心に活動している謎の前衛ポップ集団・THE RESIDENTSへのリスペクトから誕生した宇川直宏率いるマルチメディアコスプレユニット。
THE RESIDENTSのトレードマークである目玉のマスクとタキシードを身にまとい、彼らの楽曲を音と映像でディープミニマルに解体&再構築する。

■MOODMAN with Pioneer CDJ-2000
DJ。高橋透、宇川直宏とタッグを組んだパーティー「GODFATHER」をはじめ、年間100本を超すパーティーに出演し、日本中の夜を活性化させている。
『WEEKENDER』『MOTIVATION 6 』をはじめMIXCDも多数。
今回のプレイはリリースまじかのPioneer CDJ-2000を駆使したフル・デジタルファイルセットで挑む。

詳しくは
http://www.borndigital.co.jp/seminar/detail.php?id=109

主催
ポリゴン・ピクチュアズ/オートデスク/ボーンデジタル

問い合わせ
03-5789-4107 ポリゴン・ピクチュアズ

▲トップへ


Behind Blue Light Yokohama
和田みつひと Mitsuhito WADA

会期:2009.10.31(土)- 11.29(日)
時間:17:30-23:00
会場:BankART Studio NYK、 本町実験ギャラリー、BankARTかもめ荘、BankART桜荘



↑詳細はこちらをクリック!
映像はメタファーであると語ったタルコフスキーの映画には水が幾度となく登場する。映像はシンボルではなく比喩であると。シンボルのように何かのひとつの意味に収斂していくのではなく、川面のように具体的な無限の表象だけが通り過ぎていく。
♪街の灯りがとてもきれいね、横浜、ブルーライトヨコハマ・・・・。
和田みつひとは、横浜の街に「青」、「赤」、「緑」、「黄」の光を配していく。ネオンと水がきらめく街に、この歌を口ずさみながら、意味のまだ生成しない色/光を挿入していく。


和田みつひと |Mitsuhito WADA
1965  東京都生まれ
1991  多摩美術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
2004-05  文化庁新進芸術家留学制度在外研修生としてベルリンに派遣

【主な個展・プロジェクト】
2009  「"on Blue"」、LOOP HOLE、東京
2007  「ピンク×グリーン」プロジェクト、上野の森美術館ギャラリー、東京
2005  「replace it for the life」、or'est、ベルリン、ドイツ
2004  「green/green」、慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎ギャラリー、神奈川
2003  「[re-place]」、藍画廊、東京
2001  「〈光のかたち〉公園灯プロジェクト」(アートリンク上野 - 谷中2001)、上野恩賜公園、東京

【主なグループ展】
2009  「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009」、BankART妻有、新潟
2006  「DZUGUUUN」、Galeria H.arta、ティミショアラ、ルーマニア
2005  「BankART Life」、BankART Studio NYK、神奈川
2004  「カフェ・イン・水戸2004」、水戸芸術館現代美術センター、茨城
2000  「空間体験:[国立国際美術館]への6人のオマージュ」、国立国際美術館、大阪
「プラスティックの時代|美術とデザイン」、埼玉県立近代美術館、埼玉

お問い合わせ:BankART1929
info@bankart1929.com
TEL 045-663-2812

主催:BankART1929
共催:横浜市開港150周年・創造都市事業本部



【「和田みつひとBehind Blue Light Yokohama」パーティ開催】
和田みつひと氏のご紹介と交流パーティを行います。
日時:2009年11月24日(火)19:00-
場所:BankART Studio NYK 1F
参加費:500円
*「うちにもって帰ろう! 映像アンデパンダン展」最終審査結果発表&交流パーティも同時開催

▲トップへ


TPT72  「血の婚礼」

期間:2009年10月3日(土)-10月18日(日)
    (公演回数 16回公演 マチネー7回/イブニング9回)
会場:BankART Studio NYK / NYKホール
料金:
一般(全席指定席) 4,500円
学生  3,000円
プレビュー 1,500円(10月2日 金)



↑詳細はこちらをクリック!
婚礼のさなか、花嫁がひとりの男と抜け出した。
その男は、花婿の父親と兄を殺した一族の人間だった... 。
激情にかれるまま愛しあい、死へと駆りゆく若者たち、またも残される母親たち。 

ガルシア・ロルカ作 
台本 広田敦郎 
演出 門井均 
美術 朝倉摂 
照明 笠原俊幸 
振付 グスタヴォ・ザジャク 
衣裳 萩野緑


予約・問い合わせ TPT 03-3635-6355

主催 TPT
協力 BankART1929
平成21年度文化庁芸術祭参加 平成21年度文化庁芸術団体人材育成支援事業

▲トップへ


朝倉摂ワークショップ&展覧会

日程:10月4日(日),10日(土),11日(日),12日(月祝),17日(土),18日(日)
    計6日間
時間:14:00-18:00
会場:BankART Studio NYK 2Bギャラリー



↑詳細はこちらをクリック!
学生50名(高校生以上)による、独自の舞台空間の創造

参加申し込み
氏名、学校名、学年、住所、メールアドレス、このワークショップでどんなことをしたいかを書いて、下記にFAXまたはメールでお申し込み下さい。参加費無料。
FAX : 045-664-3917
EMAIL : info@galerieparis.net


関連企画 ギャラリーパリでの朝倉摂新作個展
2009年10月12日(月祝)~24日(土)

問い合わせ Gallery Paris  045-664-3917
協力 BankART1929
主催 文化庁 神奈川県文化芸術振興プラン推進事業実行委員会

▲トップへ


第14回ニパフ・アジア・パフォーマンス・アート連続展'09

日程:2009年10月2日(金), 3日(土), 4日(日) 
時間:金曜午後7時開演 土・日曜午後5時開演
会場:BankART Studio NYK 2Aギャラリー

入場料:
学生=前売2,000円、当日2,200円
一般=前売2,200円、当日2,500円
高校生=1,000円(当日のみ)
学生3日券5,800円 一般3日券6,500円



↑詳細はこちらをクリック!
永遠のパラドックス。永遠の未来志向。ニパフ、まだ見ぬ未来へ!
たかが、ニパフの30回目。
1993年からニパフ国際を16回、96年からニパフ・アジアを14回。
今回で、ニパフは合計30回目になります。アジアは深いぞ!

関連イベント
ニパフ・アジア会議(アーティスト・トーク:随時通訳付き)
10月1日(木)18:00-20:00、BankArt Studio NYK、会費1,000円


主催:日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル (ニパフ) 実行委員会(代表 霜田誠二)
共催:東京NIPAF、横浜NIPAF(代表 羽月雅人)、長野NIPAF
協力:プロト・シアター、BankART1929、アートコレクティブ・キ メラ未来芸術研究室、プラットフォーム・アジア・パフォーマンス・アート日本委員会 (PAPA-JAPAN)
助成:芸術文化振興基金

問合せ・予約:E-MAIL nipaf@avis.ne.jp  090-6100-1277(横浜ニパフ)

▲トップへ


JIA神奈川 建築WEEK2009
「まちの建築家と話そう!遊ぼう!」

日程:2009年9月19日(土), 20日(日), 21日(月・祝) 
入場・参加費:無料(※懇親会のみ2000円)
※時間と会場は、各イベントによります。




今週末から始まる連休に日本建築家協会・JIA神奈川が主催するイベントを開催します。建築関係者向・一般向・学生向に数多くのプログラムを用意しております。近くで横浜開港博も開催されておりますので、お忙しいなかとは思いますが、お時間があれば横浜に遊びに来ていただけると嬉しいです。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。よろしくお願いします。

■JIA神奈川 建築WEEK2009ホームページ ■
http://www.jia-kanto.org/kanagawa/event_week/index.html

◎以下の各イベントの詳細は、ホームページにPDFが貼ってあります。

■JIA U-40コンペパネル展「六甲山上の展望台」
日時:9月19日 11:30-19:00、20日 11:30-16:00
会場:BankART Studio NYK

■こどもワークショップ「まちを作ろう!」
日時:9月19日 13:00-15:00、20日12:00-14:00
会場:BankART Studio NYK

■建築相談室セミナー 「安心で、快適な住まいをもとめて ~失敗しない家づくり」
日時:9月19日 13:30-16:30
会場:横浜情報文化センター
第1部 基調講演 講師:山崎洋子(作家)
第2部 シンポジウム「失敗しない家づくり」

■JIA U-40建築家セミナー&パネルディスカッション
日時:9月19日 16:00-20:00
会場:BankART Studio NYK
第1部 基調講演 講師:佐藤淳(構造家)「いま構造でできること」
第2部 地域の建築家を交えたパネルディスカッション
パネリスト:廣部剛司・保坂猛  モデレーター:高橋晶子
懇親会(※懇親会のみ会費2,000円)

■JIA神奈川コンペ公開審査 「ピンバッジアイデアコンペ・鉄のTSUMAMIコンペ」
日時:9月20日 14:00-16:00
会場:BankART Studio NYK
審査委員長:中村高淑(建築家)
審査員:室伏次郎(建築家)・山崎洋子(作家)・安藤泉(彫刻家)
※応募無料

■かもめの夜話「構築された外部の空間をめぐって」
日時:9月20日 17:00-18:30
会場:BankART Studio NYK
講師:室伏次郎(建築家 前JIA神奈川代表)
懇親会:18:30-20:00

■すまいcafe横浜「勉強部屋っているの?~こども達にとって個室は必要か?」
JIA神奈川の建築家有志とお茶をお菓子をいただきながら過ごす気軽なトークイベント
日時:9月21日 第1部13:00-14:45、第2部15:00-16:45
会場:INAX横浜ショールーム


主催:社団法人日本建築家協会JIA神奈川
後援:神奈川県・横浜市まちづくり調整局・横浜市地球温暖化対策事業本部・株式会社大光電機・株式会社アーヴィック・株式会社INAX
問合せ:JIA神奈川事務局 (045-663-2745)

▲トップへ


The フォーラム&交流会 on 8.1
「市民の創造力をつなぐ情報プラットホームを考える」

日時:2009年8月1日(土) 13:00- 
会場:BankART Studio NYK / 2F / 2Aギャラリー 
入場:無料 (交流会飲食は実費)




地域SNS「ハマっち!」をどうするの?!
Y150終了後の次代に引き継ぐべき価値を、多くの人と語り合おう

講演者 牧慎太郎(兵庫県企画県民部長)
小川巧記(開国博Y150総合プロデューサー)  
庄司昌彦(国際大学グローバルコミュニケーションセンター講師)

受付開始  12:30
フォーラム 13:00~16:20
交流会   16:20~17:00


問い合わせ・申込み:Y150市民参加プラットホーム推進委員会
Tel & Fax 045-489-4767 Email : hamatch@yokohama150.jp

主催:ハマっち!運営委員会(Y150市民参加プラットホーム推進委員会)

▲トップへ


他者の形態 Unknown Binding
mio shirai installations & photographs

日時 2009年6月17日(水)-8月12日(水) 11:30-19:00 
会場 BankART Studio NYK ギャラリーA
(但し 6月30日から7月14日はギャラリーBで展示)
入場無料



クリックで拡大
「他者の形態 Unknown Binding」は、2008年日英修好通商条約締結150周年を記念して英国サンダーランドで制作したショートフィルム「永遠の午後Forever Afternoon」に呼応して、日本で制作される新作映像インスタレーションです。白井扮する不思議の国の「アリス」がイギリス北東部を訪問したかつての使節団を示唆したように、新作の為に来日する英国人俳優は横浜に開港をもたらしたペリーを暗示する出で立ちで、日本の神話や古典彫刻を生身の人間が演じる奇妙な世界に身を投じます。そしてこの互いの鏡のように向かい合った二つの作品世界を通して、開国後150年を経た現在に生きる私達が他者と対峙する際の荒々しさの感覚を照らし出していきます。
タイトルの Unknown Bindingは「未知との遭遇」と訳されます。
会期中展示換えを行いながらビデオインスタレーション、写真、ドローイング等が展示されます。

作 白井美穂
撮影・編集 飯名尚人
出演 Simon Daniel Relph  嶋田勇介 白井美穂ほか
ペリー衣装 高松丈一郎 菩薩衣装 白井美穂
音楽 中川敏光 広告デザイン Soak

主催・企画制作 エクスプロージョン 「他者の形態Unknown Binding 」実行委員会
問い合わせ 090-4833-7713
協賛 資生堂
助成 野村国際文化財団 アーツコミッションヨコハマ
協力 BankART1929

▲トップへ


J-LAF主催 日本・ベルギーレターアーツ展

会期:2009年7月2日(木)-14日(火)
    11:30-19:00 (最終日は16:00まで)
会場:BankART Studio NYK / 2Aギャラリー
入場:無料




この展覧会では、現代ヨーロッパカリグラフィー界で重要な位置を占めるベルギーのカリグラフィー作品と、日本人カリグラファーや書家、タイポグラファー等、文字芸術家たちの作品を同時に展示することにより、現代の文字芸術を広く日本に紹介致します。今まで異なる分野として捉えられていた書、カリグラフィー、タイポグラフィー、レターカッティングなど、幅広い文字に関する芸術を「レターアーツ」という横軸でつないだ国内初の展覧会です。また、同時開催企画として、浅葉克己氏のレクチャーやベルギーカリグラファーYves Leterme氏によるワークショップを予定しています。現代文字芸術に「目で触れる」またとない機会です。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。


主催:ジャパン・レターアーツ・フォーラム
後援:ベルギー王国大使館、日本ベルギー協会、TOOLS
助成:野村国際文化財団


■レクチャー、ワークショップ参加申し込み方法
浅葉克己氏レクチャー
詳細はこちら→http://j-laf.org/2009/05/jlaf-7.html

Yves Leterme(イヴ・ルテルム氏)ワークショップ
詳細はこちら→ http://j-laf.org/2009/04/jlafyves-leterme.html


JAPAN LETTER ARTS FORUM
事務局:113-0023 文京区向丘1-8-6
ジャパン・レターアーツ・フォーラム(J-LAF)は、レターアーツを通した海外との文化交流と、国内におけるレター アーツの発展を目的として活動する非営利団体です。
http://j-laf.org/

お問合せ:info@j-laf.com 三戸(さんど)

▲トップへ


MOBILITY DESIGN YOKOHAMA
ビジョンゼロその構想と実行計画を考える

日時:2009年4月28日(火)18:30-
会場:BankART Studio NYK / Mini Gallery
参加費:2,000円




 本セミナーでは、横浜市と日産自動車が考える未来の低炭素社会のあり方を示す「ビジョンゼロ」について、様々な立場の人々が低炭素社会の構想について議論した上で、その実行計画について考える事を目的に開催する。
 アーバンデザインの第一人者である北沢猛と、公共交通の専門家である中村文彦の横浜の持続可能都市論を下敷きに、ビジョンゼロの構想と、その構想に基づいて行われた環境ポイント連動型のマルチモーダルシェアリングサービスの社会実験成果の報告を行い、ワークショップ形式で横浜市におけるビジョンゼロの実行計画について考えたい。


●基調講演 18:30~
・横浜の未来ビジョン/北沢 猛 東京大学大学院教授
・環境モデル都市横浜/信時 正人 横浜市地域温暖化対策事業本部長
・ヨコハマモビリティ"プロジェクトZERO"/原 加代子 日産自動車総合研究所主任研究員
●成果報告 19:10~
・交通環境ポイントとモビリティシェアリング/原 佑介 東京大学博士課程/交通班
●パネルディスカッション 19:30~
司会/北沢 猛
話題提供/中村 文彦 横浜国立大学大学院教授
パネリスト/中村 文彦×信時 正人×原 加代子
●ワークショップ 20:00~
・テーマ1 "環境モデル都市横浜を考える" ファシリテータ/信時 正人
・テーマ2 "社会実験を考える" ファシリテータ/原 加代子

主催:東京大学産学連携本部/日産自動車株式会社 
後援:横浜市
協力:横浜市アーバンデザイン研究機構/TVK 横浜 future cafe

【申込み・お問合わせ】
東京大学(担当:黒田由佳)*お名前・電話番号・ご所属をお知らせ下さい。
TEL:03-5841-8391/E-mail:kuroda@bin.t.u-tokyo.ac.jp

▲トップへ


横浜開港アンデパンダン展

日時:2009年4月21日(火)-26日(日)
    11:00-19:00
会場:BankART Studio NYK
    ※横浜市民ギャラリー同時期開催
入場:無料




Independents YOKOHAMA for all genre of ART

開港150周年を迎える2009年4月、いよいよ横浜開港アンデパンダン展が開催されます。この展覧会はジャンルや世代を越えたアーティストが集まり、600に近い参加者、1,000点を越える出品が予定されています。
横浜の作家を中心に神奈川県に活動する作家達が、平面、立体、映像、インスタレーション他様々なジャンルの作品に出逢うことができます。
会場も横浜市民の最も多くが展覧会を開催する市民ギャラリーと、現代アートを中心に、今、横浜で最も刺激的なアートに触れることのできる場所、BankART Studio NYK。この二つの会場では、平面作品を中心に、様々なジャンルの作品に出逢うことができます。

◎もう一会場の横浜市民ギャラリーの開館時間は10:00-18:00

問い合せ:横浜開港アンデパンダン展実行委員会
浅野康則方 TEL・FAX : 045-302-9896

主催:横浜開港アンデパンダン展実行委員会
後援:横浜市市民活力推進局/開港150周年協会/横浜市芸術文化振興財団/神奈川県/瀬谷区役所/栄区役所/泉区役所/中区役所/旭区役所/保土ヶ谷区役所/神奈川新聞社/神奈川県教育公務員弘済会
協力:BankART 1929
協賛:ギャラリーヨコハマ/リーブギャラリー/画廊楽/ギャルリーパリ/ギャラリーミロ/吉田町画廊/ガレリアセルテ/万国橋ギャラリー/伊勢佐木町ギャラリー/アトリエK・アートスペース/岩崎ミュージアム/みつい画廊/ギャラリーSHIMIZU/ギャラリー太田町/爾麗美術/ギャラリー ARK/画廊土瓶/ぎゃらりー彩光/横浜みなと町ギャラリー/カフェギャラリーアルジマウケ/アートスペースイワブチ/ギャラリーこやま/アングル21/鶴見画廊/戸塚ギャラリー/さくら画廊/ラウンジリテラル/ギャラリーダダ/東鶴堂ギャラリー

▲トップへ


中谷ミチコ Beautiful Fish

期間:2009年3月27日(金)- 4月19日(日) 11:30-22:45
場所:BankART Mini

オープニングパーティー:3月27日 19:00-21:00
参加料:500円
村田峰紀パフォーマンス 19:30- (投げ銭)




主催:MM project
協力:BankART 1929

中谷ミチコ HP: http://www.milmil.cc/user/miaart/

▲トップへ


シンデレラ

会場:BankART Studio NYK / NYKホール
日時:2009年4月17日(金)-4月19日(日)
 4月17日(金)19時30分 
 4月18日(土)15時/19時30分 
 4月19日(日) 15時
入場料:
一般前売 2,500円
一般当日 2,800円 
高校生以下1,500円(当日学生証要呈示)
シンデレラ割 女性3名様でおこしのお客様に限り。1名様分を無料でご案内致します。要予約。
チャリ割 自転車でご来場頂き、舞台上・所定の位置に駐輪されたお客様につき1,500円にてご入場頂けます。



詳しくは画像をクリック
作・演出 石神夏希
出演 安藤真理 小林悠 下田寛典 寺西麻利子 中澤大輔 吉田能 石神夏希

ポスト・パフォーマンストーク
4月17日(金)19:30開演回 川上洋平(ブックピックオーケストラ代表)
4月18日(土)15:00開演回 中野成樹(中野成樹+フランケンズ主宰・演出家)

主催:COLUMBA  http://columba.pepin.jp/
協力:BankART1929

問い合わせ:columba@pepin.jp  090-8455-5978

▲トップへ


TPT@The Other Place-2009第1弾! 
「醜い男」

期間:2009年3月22日(日)~29日(日)
会場:BankART Studio NYK / 3Cギャラリー
入場:一般5,000円 学生3,000円(TPT取扱)




現在ドイツ演劇シーンで最も注目される気鋭の演劇人と情熱溢れる日本の若き才能たちが、
今まで観たことのない、独創的で、こころをかきむしられるような演劇ヴィジョンに挑戦します。


作  マリウス・フォン・マイエルンブルグ
演出 トーマス・オリヴァー・ニーハウス
出演 池下重大 田村元・武田優子・小谷真一

主催:TPT http://www.tpt.co.jp/
協力:BankART1929

予約・問い合わせ:TPT  03-3635-6355

▲トップへ


新宿梁山泊公演 「YEBI大王2009」

日程:2009年3月29日(日)-30日(月)
   29日(日)17:00-
   30日(月)19:00-
   ※受付は、開演の1時間前
会場:BankART Studio NYK / NYKホール
チケット:一般/前売3,500円 当日4,000円
      学生/前売2,500円 当日3,000円




06年に新宿歌舞伎町で初演後、07年~08年とルーマニア、韓国、ブラジルにて公演、「日いずる国から来たリア王」と称賛されたYEBI大王。音楽は全編生演奏、より臨場感あふれた"YEBI大王"が日本に還ってくる!

作:洪 元基 翻訳:馬 政煕 演出:金 守珍

キャスト:
黒沼弘己 松田洋治 大貫 誉 佐藤正行 三松明人 勝矢 広島 光 川畑信介 山村秀勝 東 達郎 森 祐介 染野弘孝 小林由尚 金 守珍 三浦伸子 渡会久美子 山田ひとみ 広島かつら 南かおり 傅田圭菜 今井和美 大川妙子 裵 美香

演奏:
タルピッソリ,ミン・ヨンチ 石川智久,シン・ヒョンシク チュ・ポラ,チョン・ジュヒ
スタッフ:照明:泉次雄+ライズ,美術:大塚聡+百八竜,音楽:ミン・ヨンチ,音響:N-TONE, PA:高橋周作,振付:大川妙子,殺陣:佐藤正行,宣伝美術:梶村ともみ[画,福田真一[デザイン](DEN GRAPHICS)

協力:J・S・K,大塚聡アトリエ,双葉鋼業,暁設計,㈲ライズ,武人会,劇団1980,㈲富士企画,アクトレインクラブ,株式会社RIKIプロジェクト, BankART1929

主催:新宿梁山泊

【チケット予約・お問い合せ】
◎電話 新宿梁山泊事務所 tel 03-3385-7188 ◎FAX/eメール
御希望の日時、枚数、お名前、電話番号、FAX番号、Eメールアドレスを御記入の上、御送信ください。新宿梁山泊ホームページからも御予約頂けます。
Fax:03-3385-7981
Mail:s-ryozanpaku@muc.biglobe.ne.jp
ホームページ:http://www5a.biglobe.ne.jp/̃s-ryo/

▲トップへ


横浜トリエンナーレシンポジウム
~2011へのリレー~

日時:2009年3月29日(日)13:30-15:30(開場13:00)
会場:BankART Studio NYK /2F ギャラリーA
参加費:無料



クリックで拡大
2008年9月13日、世界25カ国・地域より72名の作家が参加して始まった「横浜トリエンナーレ2008」は、11月30日まで79日間にわたって開催され、約30万人の方が国内外から来場しました。この東アジア最大級の現代アートの国際展が、横浜で行われる事によって何をもたらしたのか、2年後に開催される「横浜トリエンナーレ2011」に向けて行政と市民はどう取り組んでいくのか。「横浜トリエンナーレ2008シンポジウム」では、パネラーと市民の皆さ んを交え、検討していきます。

第1部 横浜トリエンナーレ2008の概要報告
第2部 パネルディスカッション
池田 修(BankART1929代表)
川口良一(横浜市開港150周年・創造都市事業本部長)
難波祐子(東京都現代美術館学芸員)
平戸誠一郎(横浜トリエンナーレサポーター推進協議会 代表)
水沢勉(「横浜トリエンナーレ2008」総合ディレクター)
山野真悟(「黄金町バザール」ディレクター)
コーディネーター /窪田研二(「横浜トリエンナーレ2008」関連プログラムマネージャー)

主催:横浜市開港150周年・創造都市事業本部創造都市推進課
問い合せ:「横浜トリエンナーレシンポジウム」係
E-mail:ts-artist@city.yokohama.jp  
TEL:045-671-3503 FAX:045-663-9212

▲トップへ


開港博Y150ベイサイド市民共催 第4回オープンサロン

日時:2009年3月29日(日)17:00-20:00
会場:BankART Studio NYK /2F ギャラリーA
参加:ベイサイド市民共催参加登録者




開港博Y150ベイサイド市民共催でイベントを行う市民を対象とした交流会。小川プロデューサーによる開港博Y150の最新情報。ベイサイド市民共催の最新状況報告。交流会を行います。

主催:財団法人横浜開港150周年協会
共催:Y150市民参加プラットホーム推進委員会イサイド市民協催事務局
担当:森、清藤(せいどう)E-mail bay@yokohama150.jp
TEL&FAX:045-662-8231 ※電話対応は、平日10時-17時
HP:http://bay.yokohama150.jp/

▲トップへ


「倉敷芸術科学大学ヨコハマゼミ」公開講座

日程:2009年3月28日(土)  15:00-17:00
会場:BankART Studio NYK /1F / BankART Mini
入場:無料





ただいまスタジオインしている倉敷芸術科学大学ヨコハマゼミでは、BankART Studio NYK にてパネルディスカッションを開催いたします。ぜひご参加ください。

『どこに行くヨコハマのアート』
この四月から大きく体制を変える横浜のアートシーンの仕掛人たち。
アートに、まちに、どんな変化がまきおこされるのか?
パネルディスカッション形式でお話頂きます。

パネリスト
BankART1929 代表 池田 修
アーツコミッション・ヨコハマ 杉崎 栄介
黄金町バザール ディレクター 山野 真悟
横浜国際映像祭2009 ディレクター 住友 文彦


主催:倉敷芸術科学大学
協力:BankART 1929
問い合わせ:齊藤 等 saitou@hq.kusa.ac.jp
倉敷芸術科学大学ヨコハマゼミ blog:http://ysemi2009.blog5.fc2.com/

▲トップへ


大学の研究者による平成20年度創造都市研究報告会
~横浜市から助成を受けた3人の研究者が、
創造都市横浜に関する研究を報告~

日時:2009年3月27日(金) 14:00-17:00
会場:BankART Studio NYK / 1F / BankART Mini
参加:無料



クリックで拡大
平成20年度に都心臨海部において大学等研究者が行う創造都市をテーマとした教育・研究活動を支援し、その成果を本しと大学等高等教育研究機関で共有する制度を創設しました。助成を受けた研究者による本年度の成果の報告と意見交換会を開催しますので、ぜひご参加ください。

発表者:
・首都大学東京大学院 玉川英則 教授
 創造界隈を活動拠点とするアーチスト・クリエーターの実態調査 
・東北大学大学院 坂口大洋 助教
 創造都市政策における舞台芸術創造のレジデンス支援と場の共有効果
・静岡文化芸術大学院 鈴木滉二郎 教授
 歴史的建造物を生かした文化芸術活動拠点における地域社会活性化の可能性について

問い合わせ:開港150周年・創造都市事業本部創造都市推進課
  担当:森・萩山 
E-mail:ts-renkei@city.yokohama.jp
TEL:671-3863 FAX:663-9212 

▲トップへ


陽春文化鼎談
「野生と創造~旭山動物園の「発想転換力」と「想像力」~」

日時:2009年3月24日(火)15:30~18:00(15:00開場)
会場:BankART Studio NYK
参加費:参加無料(要事前申込み)



詳しくはこちらをクリック
動物本来の生態や動きを見せる「行動展示」の導入で、一時廃園も検討されたほどの危機を克服し、いまや年間入場者数300万人を突破する全国的な人気施設となった旭山動物園。 「飼育展示係員」が動物のエピソードを紹介する「ワンポイントガイド」「動物園パスポート」「夜の動物園」「雪の中の動物園」(ペンギンの散歩)など、ヒットアイディアを次々と生むスーパー動物園の事例から、発想の転換、創造力、異なるものを思う想像力、これらを育む仕組みづくりについて考えます。

●プログラム(予定)
○第1部15:30-16:25 基調講演 坂東元(旭山動物園副園長)
○第2部16:35-18:00 トークセッション
坂東元(旭山動物園副園長)/甲斐賢治(NPO法人remo代表理事)/加藤種男(横浜市芸術文化振興財団専務理事・アサヒビール芸術文化財団事務局長)


主催:アーツコミッション・ヨコハマ/社団法人企業メセナ協議会
協力:BankART1929

*お申込み方法、出演者のプロフィールなど、詳細は(社)企業メセナ協議会ホームページをご確認ください。
http://www.mecenat.or.jp/news/kmknews/kmknews_details.html#yokohama0324


お問い合わせ:アーツコミッション・ヨコハマ
Tel:045-227-7322
acy@yaf.or.jp
http://www.yaf.or.jp/artscommission/

▲トップへ


2009年女子美術大学ヴィジュアルデザインコース
有志卒業制作[SEKI展]

会期:2009年3月20日(金)-24日(日)
   11:30-19:00(最終日 -17:00)
会場:BankART Studio NYK / 1F / NYKホール




それぞれの視点で捉えたビジュアルデザインの作品を展示いたします。参加者が作りだす、4年間の集大成とも言える空間を是非ご覧下さい。

主催:女子美術大学芸術学部デザイン学科ヴィジュアルデザインコース4年生有志
協力:BankART1929

問い合わせ:aoi_104@livedoor.com

▲トップへ


横浜国立大学卒業設計+Y-GSA展覧会
"OURS;敷地観測"

日程:2009年3月19日(水)-23日(月)
時間:11:30-19:00
会場:BankART Studio NYK /2F



クリックで拡大
都市と建築を同時に考えるY-GSAとy-saの視点、現実の問題に対して取り組む学生達のプロジェクトの中から、「敷地を選び抜く」という行為に焦点を当てた。これは建築を架空のものとしてではなく、既成概念にただ従うのではなく、現実の先にある未来へ「着地する建築」として捉えるプロセスを重要視した展示会である。
Y-GSA:横浜国立大学大学院/建築都市スクールとy-sa:横浜国立大学工学部建設学科建築学コース4年生 による合同開催。

関連イベント:
シンポジウム「敷地観測」
ゲスト:吉村康孝、石上純也、谷尻誠
日 時:3月20日(木) 16:00-18:30
参加費:500円

卒業設計・Y-GSA作品講評会&横国OBによる作品のレビュー・パーティー開催
日 時:3月22日(土) 14:00-18:30
講評会レビュー入場無料
懇親会参加費有料(詳細未定)

主催:ysa+Y-GSA実行委員会
問い合わせ:ysa.ygsa.ex2008@gmail.com
ホームページ:http://ysa.ygsa.ex2008.collabo-site.net/

▲トップへ


みんなでつくる横濱写真アルバム~市民が記録した150年~
記念シンポジウム 「街の歴史の再発見と次代への継承」

日時:2009年3月22日(日) 11:30-
会場:BankART1929 Yokohama / 3F /1929スペース
入場:無料



↑詳細はこちらをクリック!
11:30  「みんなでつくる横濱写真アルバム」事業説明会
13:30  開会あいさつ
13:45  基調講演 佐野眞一 (ノンフィクション作家)
14:30  横浜におけるデジタルアーカイブの取り組み
15:25  他都市におけるデジタルアーカイブの事例報告
16:10  フリーディスカッション


問い合わせ:みんなでつくる横濱写真アルバム事務局
        045-309-9944 info@yokohama-album.jp

主催:横浜写真アーカイブ実行委員会
共催:Y150市民参加プラットホーム推進委員会
協力:BankART1929 横浜市民メディア連絡会

▲トップへ


加藤訓子 Kuniko Kato
Sound Space Experiment 公開リハーサル
Sound Space Experiment / Steel Drum Works
Selection CD発売とプリビュー公演

公開リハーサル
日時:2009年3月13日(金)-21日(土) 11:30-19:00
    (21日はコンサート開催準備のため17:30までの公開になります)
場所:BankART 1929 Yokohama / 1929ホール 
入場:無料

プリビュー公演
日時:2009年3月21日(土) 18:30開演
場所:BankART1929 Yokohama / 1929ホール
入場料:1,500円




アサヒアートスクエアでの公演「Sound Space Experiment」に向けて、公開リハーサルを1929ホールで行います。
また、2005年7月彩の国さいたま芸術劇場で上演された中村恩恵作品"a play of a play"のために作曲されたオリジナル全6曲を完全収録した新譜CD発売、この発売を記念してプリビュー公演を開催します。


プリビュー公演 予約・問い合わせ:BankART1929
045-663-2812  info@bankart1929.com

主催:kuniko kato arts project www.kuniko-kato.net
企画協力:BankART1929
機材協力:(株)タグチ 

▲トップへ


横浜未来演劇人シアター公演 「横浜メリー・ゴーランド」
横浜大ドレイ市場3&スペシャルライブ

会期:2009年3月20日(祝・金)21(日)
会場:BankART Studio NYK / 3F / 3Aギャラリー



↑詳細はこちらをクリック!
エンゲキと音楽のめくるめくメリーゴーランドぐるぐる廻って2days!

3月20日(祝・金)
【第一部】 開演17:00-19:00(予定)
横浜大ドレイ市場3
※入場無料
【第二部】 開演19:30
時間の秘密コンサート~太陽系よりも遠く銀河系よりも広く~

3月21日(土)
【第一部】 開演16:00-17:30(予定)
横浜大ドレイ市場3決勝
※入場無料
【第二部】 開演18:30
「市電うどん」大感謝祭! 復活!うどんバンド&石丸だいこ

■チケット
一日券   当日2,500円/ご予約2,200円
二日通し券 ご予約4,000円

■ご予約・問い合わせ
tel:090-2309-7963(ナカヤマ)
mail:yokohama_merry_go/round@yahoo.co.jp
HP:http://mirai-engekijin.com

主催:横浜未来演劇人シアター実行委員会
共催:横浜市開港150周年・創造都市事業本部

▲トップへ


『横浜アートサイト2009』公開プレゼンテーション

日時 : 2009年3月21日(土)
   13:45開場 14:00-16:40(予定)
会場 : BankART 1929 Yokohama / 3F / 1929スペース
入場:無料



クリックで拡大
横浜市内各地において、地域に根ざし、地域の歴史や自然・街並みなどの豊かな地域資源を活かしたアート活動実施を実施しようとする団体による、選考のための公開プレゼンテーションを開催します。

内容 : 『横浜アートサイト2009』応募団体7組によるプレゼンテーション 
※2次選考会を公開します。
 
問合せ : 財団法人横浜市芸術文化振興財団 
協働推進グループ アートサイト担当  TEL 045-221-0212

横浜アートサイトとは?
横浜市・横浜市芸術文化振興財団は、横浜の歴史や自然、街並みなどの豊かな地域資源を活用して、その魅力を発見しつつ楽しめる「アート」の力で「人」と「人」をつなぐ、横浜市民やNPO等が展開するアート活動を「アートサイト」と名付け推進しています。2008年は8月から11月にかけて、市内4つの実行委員会との協働により「横浜アートサイト2008」を開催しました。森や海辺、街並などを舞台に、アーティストを呼んで街中での作品づくりに取り組んだり、森のなかでワークショップを開催したり...横浜の魅力を引き出し、地域の人々にあらためて紹介するような、オリジナリティ溢れるアート活動を支援しました。
URL http://www.yaf.or.jp/artsite/

▲トップへ


多摩美術大学大学院 美術研究科デザイン専攻 情報デザイン領域 有志学外展
IDD TAMACOM '09 -Thinking bubbles-

会期:2009年3月13日(水)‐15日(日)
    11:30-20:00(最終日は19:30まで)
   アーティストトーク『Talking bublles』 3月14日(土)13:00-
   『創造性の宇宙』出版記念トーク 3月14日(土)16:00-
   ライブイベント『音響たまーらんど』 3月14日(土)17:00-20:00
    ※ビトウィーンパーティーを同時開催いたします
会場:BankART Studio NYK / 3F
入場:無料




本イベントは同学科情報芸術コースに在籍する大学院生の学外展示、及び創立10周年を迎える多摩美術大学情報デザイン学科の関連イベント最終章として開催されるものであり、大学院生による作品展示を軸にライブ・パフォーマンスイベント、及び出展作家によるプレゼンテーションや、アーティストトークの3つを主としたイベントです。
私たちが所属する多摩美術大学大学院情報芸術コースでは多彩なメディア芸術表現に取り組んでいます。テクノロジーと人間の関係のダイナミックな変化を背景に、情報と物質が一体化したポスト情報化時代の作品制作を通じて21世紀の芸術・デザイン、さらには科学・技術・哲学の総合的な理解を目指した実践的な制作研究を行なっています。今回出品される作品たちもまた、作家独自の視点で重ねた緻密なリサーチとフィールドワーク、コンセプトを表現メディアの特性や機能等を模索しながら創り上げられていきます。その結果として産み出される作品はサウンド・アート、ヴィデ オアート、ソフトウェアアート、アーキテクチュア、アニメーション、写真、インスタレーションなど実に多様なメディアを横断し表現されます。それらを体験することで、新しい情報環境との関係性、様々な価値観を見いだしていただければ幸いです。

問い合わせ:IDD TAMACOM '09 実行委員会
gs.idd.tamabi@gmail.com

主催:IDD TAMACOM '09 実行委員会
http://iddtama.com

▲トップへ


早稲田大学芸術学校空間映像科写真専攻
2008年度卒業制作写真展
「散る満ちる」

会期:2009年3月7日(土)-15(日)
    11:30-19:00
会場:BankART 1929 Yokohama / 3F / 1929スペース
入場:無料

公開講評会:2009年3月7日(土)14:30-17:30
ゲスト:鷹野隆大(写真家)、林 道郎(美術史家)、
  篠原俊之(ギャラリスト)、竹内万里子(写真評論家)
※ゲストとしてご登壇予定であった写真評論家、平木収氏は2月24日に逝去されました。
       謹んでお悔やみ申し上げます。

※引き続きオープニングパーティー(18:00-20:30)を行います。
  お気軽にご参加下さい。




「なぜ写真を撮り、人に見せるのか」
学校に入ってから、この質問を何度もされました。考え、撮る、それを繰り返して2年が経ち、私たちは卒業を迎えます。
写真は、一見すると一瞬の出来事が写っているようですが、じっくり見ると、写真のなかの世界に長い時間が流れていることを感じます。ぱっと消えてしまうはずのものが、ずっとそこにある不思議。その感覚は、写真にかかわることで得られる大きな喜びのひとつです。そして、そのような時間のゆがみ、不思議について考えることが、写真以外のものごとにも繋がっていることに気づきます。 「なぜ表現し、人に伝えるのか」「どのように生きて、人とかかわるのか」
これから、写真の世界に残る者、まったく違う職業を得る者、もとの生活に戻っていく者・・・もともと社会人も学生も混ぜこぜで入学した私たちは、文字通り散り散りになっていきます。しかし、 卒業制作で得たものは私たちのなかにずっと残り、かたちを変えながら問いを発し続けます。

早稲田大学芸術学校空間映像科で写真を専攻する2008年度卒業生10人が開催する卒業写真展、「散る満ちる」。 ひとつのものが散っていくと同時に満ちてもいくその現場に、お立ち会い頂ければ幸いです。

問い合わせ:早稲田大学芸術学校 
TEL:03-5272-4599(空間映像科)

主催:早稲田大学芸術学校
http://step21.jp/

▲トップへ


多摩美術大学工芸学科第8期卒業制作展
さよなら工芸

会期:2009年3月11日(水)‐15日(日) 
   11:30-19:00(最終日は19:30まで)
   クロージングパーティー 3月15日(日)17:30-19:30
会場:BankART Studio NYK / 1F+2F
入場:無料




美術学部工芸学科陶、ガラス、金属の3プログラム60名による卒業制作展。
テクノロジーが発達し、ものを作ることの簡略化が進められたこの時代に、私たちはなぜあえて工芸というジャンルで表現しているのか?作りたいという原始的な欲求はなぜ湧いてくるのか?
その単純な疑問と、素材と自己表現に向き合った60人の作品を展示し、工芸の新たなる展開を試みる。

問い合わせ:多摩美術大学工芸学科
http://tamabikougei2009.ifdef.jp/

主催:多摩美術大学工芸学科
tamabi_kougei2009@yahoo.co.jp

▲トップへ


TETSUSON 2009
日本海外デザイン・アート・建築合同卒業制作展

会期:2009年3月4日(水)‐8日(日) 
   11:30-19:00(最終日のみ15:00まで)
会場:BankART Studio NYK
入場:無料




学生生活の集大成である卒業制作をより多くの方々に見ていただき、自分たちのメッセージをできる限り多くの方々に感じとっていただきたいと願い始まったてつそんも「てつそん2009」で9年目を迎えます。
昨年より韓国の出展者が大幅に増え国際交流も盛んになりました。国境を越えたデザイン・アートとの出会いが私たちにいい刺激を与え、私たちを成長させています。
私たち学生は「てつそん2009」を通じて様々な人に出会い、社会と向き合い、自分たちの考えをぶつけ合い、互いに刺激を受けることで成長していけると確信しています。
2009年3月、国内外の多くの方にてつそんに足をお運びいただけますようお願い申し上げます。

問い合わせ:てつそん2009実行委員会
2009info@tetsuson.org

主催:てつそん2009実行委員会
http://www.tetsuson.org/

▲トップへ


武蔵工業大学 小池研究室×専修大学 上平研究室
合同卒業研究展 「TAKE OFF」

会期:2009年3月6日(金)‐8日(日) 
    11:30-19:00(初日は12:00より/最終日は17:00まで)
会場:BankART Studio NYK / 1F / NYKホール
入場:無料




ユーザの立場に立って道具・システム・ネットワークのデザインに取り組む小池研究室
情報技術を駆使した実現的コミュニケーションのデザインに取り組む上平研究室
異なる視点でデザインに取り組む研究室が
異なる文化が交わる横浜で作り上げる卒業研究展
そこに脚を運ぶあなたもまた、私たちとは違う視点で世界を見ているはず
吹き込んでくる新しい風を受けて、それぞれの道へ旅立っていく
私たちの全てが集まるBankARTから、新たな場所へ飛び立とう
「TAKE OFF!!」

問い合せ:学生代表 information.takeoff@gmail.com

主催:武蔵工業大学環境情報学部 小池情報デザイン研究室
    専修大学 上平研究室

http://www.k2-exhibition.net/

▲トップへ


「倉敷芸術科学大学ヨコハマゼミ」公開講座

日時:2009年3月6日(金)+7日(土)
    15:00-17:00(両日)
会場:BankART Studio NYK / 1F / BankART Mini
入場:無料





ただいまスタジオインしている倉敷芸術科学大学ヨコハマゼミでは、今週の金曜・土曜にBankART Studio NYK にて公開講座を開催いたします。ぜひご参加ください。特に春休み中の学生の皆様のお越しをお待ちしています。

『拡大するアートの領域』
「芸術」の既成観念の領域から大きく拡張しつつある「今日的アートの概念」をお話いただきます。
講 師:福住 廉(美術評論家)
日 程:2009年3月6日(金) 15:00-17:00

『海外への留学・レジデンス』
卒業後を考える上で避けて通れない「海外」。アーティストレジデンスの探し方、奨学金の申請先から実際の体験談まで、写真を見ながらお話しいただきます。
講 師:長谷川 仁美(MIACAディレクター)
ゲスト:山下麻衣+小林直人(アーティスト)
日 程:2009年3月7日(土) 15:00-17:00


主催:倉敷芸術科学大学
協力:BankART1929
問い合わせ:齊藤 等 saitou@hq.kusa.ac.jp
倉敷芸術科学大学ヨコハマゼミ blog:http://ysemi2009.blog5.fc2.com/

▲トップへ


女子美術大学芸術学部工芸学科染織陶硝コース卒業制作展

会期:2009年2月21日(土) - 3月1日(日)
   11:30 - 19:00(最終日のみ17:00まで)
   オープニングパーティー:2月21日(土)18:00 - 20:00
会場:BankART Studio NYK/1FNYKホール+2F
入場:無料




染織陶硝4コース合同での卒業制作展を開催します。
4年間、各々の素材に向き合い続けた成果をぜひご覧下さい。

問い合わせ:女子美術大学工芸学科研究室
TEL:042-778-6645
主催:女子美術大学工芸学科 H20年度卒業生

▲トップへ


和光大学表現学部芸術学科卒業制作展
「comma」

会期:2009年2月21日(土)‐26日(木) 
   11:30-19:00(最終日のみ17:00まで) 
   オープニングパーティー:2月21日(土) 17:30-18:30
会場:BankART Studio NYK /3F +1FMini Gallery
入場:無料




2008年度の卒業制作展のテーマは「comma」です。
卒業制作展を学生生活の終わりと社会人としての始まりを区切る、人生においての通過点としてと捉え、「comma」をテーマに展覧会を構成していきます。

問い合わせ: 和光大学学部事務室
TEL:044-989-7497
WEB:http://www.wako.ac.jp/artex/comma.swf

主催:和光大学表現学部芸術学科

▲トップへ


女子美術大学・女子美術大学短期大学部
卒業・修了学年選抜学外展
女子美スタイル☆最前線 JOSHIBI Degree Show 2009

会期:2009年2月11日(水・祝)‐15日(日) 
    12:00-19:30(入場は19:00まで) 
会場:BankART Studio NYK
入場:無料




女子美術大学大学院・大学・短期大学部、すべての学科・専攻・コースの卒業および修了年度学生作品選抜展を催します。「芸術・女性・社会」がグランドコンセプトです。

問い合わせ: 女子美術大学企画部広報入試課 
TEL:042-778-6123
WEB:http://www.joshibi.ac.jp

主催:女子美術大学

▲トップへ


武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科
インテリアデザインコース卒業制作展 '09

会期:2009年2月1日(日)-2月8日(日)
11:30‐19:00(最終日のみ18:00まで)

会場:BankART Studio NYK/1F
入場:無料




インテリアデザインコースを専攻する学生16名による修了作品展を開催することとなりました。 空間、家具、プロダクトなど様々な分野から多くを学び、自らの知識と力にしてきた私たちの、大学生活を締めくくる作品をここに展示いたします。
より多くの皆様の目に触れることで、ここを新たな出発点と出来れば幸いです。

問い合わせ:武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科インテリアデザインコース
メール:kuta_1128@yahoo.co.jp

主催:武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科インテリアデザインコース

▲トップへ


日本工学院ものづくりフェスタ/卒業制作展2009

会期:2009年2月6日(金)-2月8日(日)
    11:30-18:00
    (初日14:00より、最終日16:00まで)
会場:BankART 1929 Yokohama
入場:無料




日本工学院専門学校、日本工学院八王子専門学校は6つのカレッジ内に38の学科を持つ総合専門学校です。テクノロジーカレッジは建築デザイン、インテリアデザイン、プロダクトデザインの他に電子・電気やロボット、環境・バイオなどの12学科を持つテクノロジー系の学科群です。
本展示では、建築/インテリア/プロダクトデザイン分野の卒業制作の他に、JAPANTEX2008 インテリアデザインコンペ最優秀賞作品、ロボット競技会入賞報告など今年度のテクノロジーカレッジの教育の成果を一堂に発表いたします。
多くの方においでいただき、学生の「ものづくり」への情熱を感じていただければと思います。

問い合わせ:日本工学院専門学校 広報部
メール:info@neec.ac.jp
WEB:http://www.neec.ac.jp/

主催:日本工学院 テクノロジーカレッジ
    (日本工学院専門学校/日本工学院八王子専門学校)

▲トップへ


女子美術大学芸術学部ファッション造形学科
2008年度卒業制作展

期日:2009年2月7日(土) 展示 11:30‐19:00
2月8日(日) ファッションショー 開演 13:30/15:30/17:30 ※開場は30分前
会場:BankART 1929 Yokohma / 1F / 1929ホール
入場:無料




4年間、身体やそれを取り巻く空間の中で衣服を捉え、社会や文化などを含め、幅広い視点からファッションの存在を問い続け、学んできました。デザインや衣服の概念を追求するために哲学、心理学、認知科学等を思考の軸に捉え、身体機能の気づきや感覚の源を探り、独自性、独創性のある作品制作を目指してきました。今回、その集大成として、卒業制作展を開催します。

主催/問い合わせ:女子美術大学芸術学部ファッション造形学科
Tel:042-778-6111

▲トップへ


KAMOME SOUND WORKS Presents
Yokohama Sunday Afternoon Party LUV.Co

日程:2009年2月1日(日) 
時間:15:00-22:00
会場:BankART 1929 Yokohama / 1F
参加費:1,000円




「人種、性別、世代、文化、ファッションそれら全ての垣根を 越えて、 携わっている全ての人が、同じ時間、空間、そして感動を音楽を介して共有する」という理念に基づいて開催している横浜のHOUSEを中心に送るヌーンパーティー。金曜や土曜の深夜ではなく、日曜の夕方から深夜前までという時間帯に開催するパーティースタイルは、海外をはじめ東京でも増えてきている週末の遊び方の一つです。LUV.coではさらに、独自のサウンドシステム「かもめサウンドシステム」を2005年12月より導入。会場を選ばず毎回最高の音を提供してゆきます。音楽の送り手である最高のDJとサウンドシステムが1つになり、さらにオーディエンスの皆さんによって LUV.coは完成します。日曜の夕方、「Sunday Aftrenoon Party LUV.Co」を、ハウスミュージックが好きなクラブ通の人はもちろん、一人でも多くの人に楽しんでいただけたら幸いです。

問い合わせ: KAMOME Sound Works
TEL: 090-3543-9475

主催:KAMOME Sound Works 

▲トップへ


2008年度 クリエイティブシティ・ヨコハマ・企業ネットワーク
推進プログラム
『ヨコハマ・クリエイティブビジネス・ミーティング』

日時:2009年2月2日(月)16:00-19:30
会場:BankART1929 Yokohama / 3F/ 1929スペース
参加費:1,000円(軽食あり)





クリエイティブシティ・ヨコハマにふさわしいビジネスプロジェクトを立ち上げるためにご議論いただき、プロジェクト提案を行っていただきます。

プログラム
16:00 開催あいさつ、基調トーク
      横浜市開港150周年・創造都市事業本部 川口良一本部長、他

16:30~18:30 分科会
 【テーマ1:モノづくり】
 (ファシリテーター:橘田洋子氏/クリエイティブディレクター)
横浜のクリエイティブを生かした製品や都市型地場産品を生み出し、来訪者に魅力を伝える仕組みづくりについてご議論・ご提案いただきます。
◆事例発表者:
  田口和典氏(田口製作所代表取締役)
  松田朋春氏(スパイラル/(株)ワコールアートセンターチーフプランナー) 
         中川憲造氏(デザイナー/NDCグラフィックス代表取締役)  
 【テーマ2:場づくり・コトづくり】
 (ファシリテーター:鈴木伸治氏/横浜市立大学准教授)
21世紀型の横浜観光や都市型集客施設・イベント等を生み出し、観光資源として産官学民で育てていく仕組みづくりについてご議論・ご提案いただきます。
◆事例発表者:
  岩田秀夫氏((株)ケイエムシーコーポレーション総括部長)
  鈴木幸則氏(麒麟麦酒(株)営業部担当部長)

 【テーマ3:ソーシャル・ビジネス】
 (ファシリテーター:(株)ソシオエンジン・アソシエイツ取締役)
環境をテーマにしたクリエイティブビジネスの推進について、企業と市民・NPO等との協働、仕組みづくりについてご議論・ご提案いただきます。
◆事例発表者:
  池内計司氏(池内タオル(株)代表取締役)
  岡田信行氏(都市環境プランナー)
  齋藤与司二氏(東京電力(株))
  鈴木一好氏/鈴木由美氏(PORSAS)
  関根健次氏(ユナイテッドピープル(株)代表取締役)
  松村直輔氏(ステップチェンジ(株)専務取締役)

18:30-19:30 発表会、懇親会
19:30 中締め


主催:創造都市横浜推進協議会
協力:tvk横濱フューチャーカフェ
企画協力:アーツコミッション・ヨコハマ

■予約・お問い合わせ:
創造都市横浜推進協議会 推進プログラム事務局
(株)ソシオ エンジン・アソシエイツ 担当:西山
E-mail:ccy@socioengine.co.jp
Tel:03-5775-7670

※メールでのお申込みの場合は、下記をご記入ください。
①ご氏名
②ご所属先
③ご希望分科会
「モノづくり」 or 「場作り・コトづくり」 or 「ソーシャル・ビジネス」

▲トップへ


せんたんまる
東京芸術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻
2008年度 修了制作展

会期:2009年1月17日(土)-25日(日) 
    11:30-19:00(会期中無休 最終日のみ17:00まで) 
    オープニングパーティー:1月17日(土) 18:00-
会場:BankART Studio NYK / 1-2F
入場:無料



詳しくはこちらをクリック
先端芸術表現専攻修士課程第五期生27名による修了制作展を催します。様々な経緯を経て会した我々の、二年間における研究・活動の成果を総括して、今年開港150周年を迎える横浜より世界へ向けて出帆します。


問い合わせ: 先端芸術表現科合同教員室
TEL:050-5525-2595 FAX:050-5525-2658 
WEB:http://sentanmaru.com

主催:東京芸術大学 大学院美術研究科 せんたんまる実行委員会 
協力:BankART1929

同時開催:
東京芸術大学 美術学部 先端芸術表現科 卒業制作展 (於:ZAIM[旧大蔵省関東財務局横浜財務事務所])
東京芸術大学 大学院映像研究科 メディア映像専攻 年次成果発表展

▲トップへ


Media Practice 08-09
東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻
年次成果発表会

会期:2009年1月17日(土)- 25日(日) 
    11:30-19:00 会期中無休
    オープニングパーティー:1月17日(土) 18:00-
会場:BankART Studio NYK /3F
入場:無料




東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻では、メディア表現の分野において、映像やコンピュータなどメディアテクノロジーのもつさまざまな可能性を探究し、これまでにない表現を追究しています。
これらの教育研究の成果を一般公開することを目的として、2007年度まで《OPEN STUDIO》という名称で毎年4回開催してきました。今年度は《OPEN STUDIO》とともにメディア映像専攻の教育研究におけるさまざまな成果を発表する《Media Practice 08-09》展を行うことになりました。 《Media Practice 08-09》展は「修士課程修了制作展」「博士後期課程学生研究成果発表」「修士課程1年次成果発表」「専攻関連研究成果展示」というおよそ4つの属性をもっており、メディア映像専攻に所属、あるいは関連する学生および教員等の成果発表が展示という形態で行われます。したがって、その中には美術館やギャラリー等外部機関ですでに発表された作品、あるいはすでに本専攻を修了した卒業生の作品等も含まれております。
メディア映像専攻における教育研究の成果を一堂に会して展示する《Media Practice 08-09》展の開催によって、いま私たちが直面しているメディア表現をめぐるさまざまな動向や問題の相互関連を学内外のさまざまな人々が読み取る機会となればと願っています。

■トークセッション
アーティストになることーメディア実践とキャリアパス
田幡浩一×名和晃平×藤井光×森弘治×山川冬樹
司会進行:遠藤水城(アーカス・プロジェクトディレクター)+桂英史(東京藝術大学大学院映像研究科准教授)
日時:2009年1月18日(日)16時開演
定員:120名先着順 入場:無料
会場:BankART Studio NYK / 3F


問い合わせ:映像研究科メディア映像教員室
TEL 045-210-9297
WEB:http://www.fnm.geidai.ac.jp

主催: 東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻
協力: 横浜市開港150周年・創造都市事業本部

併催:ポケットフィルム・フェスティバル 2009
2009年1月24日(土)-25日(日) 東京藝術大学大学院映像研究科 馬車道校舎
http://www.pocketfilms.jp

▲トップへ


未来を創るワークショップ2009
-対話(ダイアログ)を通じて持続可能な未来を創りだす2日間-

日程:2009年1月17日(土)-18日(日)
時間:9:30-17:30
定員:100名
参加費:20,000 円 (2 日間の昼食代込)



詳しくはこちら
私たちは" 今" 何を始めればいいのでしょう?
誰かの望む未来から" 私" たちの望む未来へ。1人1人の心が響き合う対話のプロセスには、持続可能な未来へ続く可能性があるはずです。ダイアログと呼ばれる対話には、そんな失われた会話のエッセンスがつまっています。
この2 日間では、組織開発と社会変革の哲学と手法をもとに、2 人の" 鍵" となるゲストの講演と3 つの" 共創的" なワークショップ、そして4 つの" 新たな視点"を通じて未来へのプロセスを生み出す。今までにない、新しい組み合わせと可能性を描いてみました。正解のない世界で、みなさんのダイアログが創り出す可能性を、ぜひ会場で体感してみてください。

1 日目
ワークショップ①「共通基盤の創造」
ワールド・カフェ・ダイアログ
KeyNote 講演「ファシリテーションのタオ」 中野民夫氏
ワークショップ②「参加者の創るダイアログ」
Open Space Technology
課外活動 
会場内では休憩時間と" 飽き" 時間を利用して、自ら参加し創り上げる「課外活動」を実施しています。

2 日目
KeyNote 講演「社会ムーブメントと一人ひとりの力」 マエキタミヤコ氏
分科会
「神道とダイアログ:日本の源に宿る「神話的時間」を生きる」 渋谷聡子氏
「プロセスワーク-問題から未来を創りだす-」 桑原香苗氏
「システム思考で考える-変革を生み出す新たな視点-」 小田理一郎氏
「カタチ力ー共創を可能にするデザイン思考を日常にとりこもう」 田仲薫氏
ワークショップ③「未来を創るダイアログ」
ワールド・カフェ・ダイアログ

申込方法 以下のウェブ専用申し込みフォームから
http://www.formpro.jp/form.php?fid=39083

主催:未来を創るワークショップ2009企画運営委員会
共催:ダイアログBar

【問い合わせ】
未来を創るワークショップ2009企画運営委員会
E-mail : sustainablefuture2009@yahoo.co.jp

▲トップへ


「En el infierno de Dante (白い薔薇) 」
~真っ白い薔薇を携えて
私はいくつもの門をくぐりぬける

日時:2009年1月10日(土)-11日(日)
場所:BankART Studio NYK / 1F / NYKホール
料金:前売り6,000円 当日6,500円(全席自由)



詳しくはこちらをクリック
公演スケジュール
1月10日(土) 17時開演(16時30分開場)
1月11日(日) 13時開演(12時30分開場)
1月11日(日) 17時開演(16時30分開場)

企画・台本:植木江津子(トランスパラン)
振付・演出: Carmen Werner(カルメン・ワーナー)
主演:柳瀬真澄、青木尚哉、平原慎太郎、Alejandro Morata
主催・制作:トランスパラン

ご予約・問い合わせ
tel & fax 045-212-9737
transparence-dance-port@y4.dion.ne.jp

▲トップへ


イタリア・歴史的都市と建築の再生の最先端に学ぶ
関東学院大学創立125周年記念
工学部主催 国際シンポジウム

日時:2009年1月10日(土)13:00-17:00(12:30開場)
場所:BankART 1929 Yokohama / 1F / 1929ホール
料金:無料(150席)




詳しくはこちらをクリック
今日、世界各国では地球温暖化防止の一環として、歴史的景観を大切に保存しながら、老朽化した建物を活気ある生活の場として再生する試みがなされています。数多くの世界文化遺産をもつ国イタリアは、歴史的な年と建築の再生において、豊かな経験と実績を誇ります。 関東学院大学工学部では学院創立125周年を記念して、トスカーナ州を中心に活躍する気鋭の修復理論家 O.ニリオ女史(ピサ大学)、歴史的建造物への免震装置導入など同国の耐震工学の第一人者である A.パルドゥッチ(フィレンツェ大学)の2名を招き、市民の皆様、学生諸君らと一緒に、地球環境に配慮したサスティナブル(持続可能)な社会のありかた、また私たちの町横浜への幅広い提言を広い視野から考えていきます。

パネリスト:O.ニリオ(ピサ大学・建築修復学)、A.パルドゥッチ(フィレンツェ大学・耐震工学)、中西礼仁(早稲田大学・建築史)、秋元康幸(横浜市都市デザイン室)、湯澤正信(関東学院大学・建築デザイン)

主催:関東学院創立125周年記念事業大学委員会/関東学院大学工学部
後援:在日イタリア大使館 横浜市都市整備局 (社)日本建築学会 (社)JIA神奈川 (株)神奈川新聞社 (財)日伊協会 地中海学会 よこはま洋館付き住宅を考える会
助成:(財)トステム建材産業振興財団 
協力:BankART1929

▲トップへ


劇団唐ゼミ☆ 横浜・馬車道 倉庫公演
「ガラスの少尉」

会場:Bank ART Studio NYK 1F / NYKホール
料金:前売2,200円 当日2,600円(全席自由) 
日時:2008年12月23(火)日~28日(日)
   ※開演時間(開場は開演30分前)は日によって違います。
   ※開場は開演の30分前
   23日(祝) 15:00
   24日(水) 15:00
   25日(木) 19:30
   26日(金) 19:30
   27日(土) 15:00
   28日(日) 15:00



詳しくはこちらをクリック
世界初演!
73年に書かれたラジオドラマの改作。上演不可能といわれた今作品を唐ゼミ☆が上演。

●あらすじ●
ガラス工場に勤務する、何の変哲もない少女ミノミ。
彼女はシャンプー会社のCMガイに声をかけられた時から、その男につきまとわれることになる。
街角に、音楽喫茶に、工場の入口に、ミノミを追って現われる男。
奇妙な尾行劇の中、ミノミの血のぬくもりが、次第に男の過去をよみがえらせてゆく。
戦時中のバリ島、割られた戦闘機の風防ガラス、男の撃った銃弾に倒れたひとりの少女。
硝煙の匂いたちこめる熱病の世界で、ミノミは鮮血のオルゴールを手に、バリの少女「ガランス」へと変貌する......。

キャスト
椎野裕美子 禿恵 安達俊信 土岐泰章 杉山雄樹 他
スタッフ
作・監修:唐十郎 / 演出:中野敦之 / 照明:斉藤亮介 ・佐藤千尋 / 制作:劇団唐ゼミ☆

助成:芸術文化振興基金 神奈川県文化芸術団体事業助成
協力:BankART 1929


予約:12月1日より
□ 劇団唐ゼミ☆ 
mail: karazemi_ticket_1@yahoo.co.jp
tel: 080-3152-2675(10-17時)
fax: 045-333-7185
※電話予約は前日17時まで、メール予約は12/22迄受付
□ イープラス
http://eplus.jp/


問い合わせ:劇団唐ゼミ☆ 
080-3152-2675
karazemi@yahoo.co.jp

詳しくは
http://www.karazemi.com

▲トップへ


~横浜150周年記念プレイベント...
ハタステージングオフィス朗読公演~
声と音で紡ぐ、横浜開港物語 第一章、今 始まる...
横濱展覧朗読コンサート

日時:2008年12月13日(土)
時間:1回目15:00- / 2回目18:00-
会場:BankART Mini(BankART Studio NYK 1F)
料金:一般1,200円 小学生600円(全席自由)




横浜の歴史を語るとき、150年前の開港、そして、そのきっかけになった黒船来航を抜きに語ることは出来ません。開港以前の横浜村は東海道から遠く離れた、戸数90、人口300人細の半農半漁の寒村でした。その横浜村が開港地に選ばれて以来、未曾有の発展、破壊、再生を繰り返し今日に至っています。今回の出演者、スタッフの皆さんも、横浜への興味、関心は並々ならぬものがあり、物語を皆で作っているという思いを強く感じながら稽古をしています。私の願いは、横浜の歴史に興味を持つ中で、多くの方々と共に横浜に、親しみを感じ、横浜、ヨコハマ、YOKOHAMA、よこはま、と色々な表情を持つ、この街への愛着が更に深まることです。(畑圭之助 2008.11.3)

<物語>
1656年、江戸の商人吉田勘兵衛によって洲乾の湾の開墾が始められ、200年後の黒船来航による開港。以後、発展・破壊・再生・・・と、様々な歴史を歩んで来た横浜。横浜の移り変わりを、上空から見守り語り継ぐ役目を担ったカモメの一族がいた。その一族のサダヒデとタマクスの木との交流の物語を織り交ぜ、多くの人達朗読で、プリズムのように変化する声の色を素材に、異文化の風をまともに受けながら、ダイナミックに歩んで来た横浜の歴史絵巻を、声と光と音楽で壮大に展開します。

作・脚本・演出:畑圭之助

<スタッフ>
歌唱指導:船橋真弓、照明:アイコニクス、音響:高橋丈二、宣伝・デザイン:ガラリーナ、制作:立花真弓

■お問い合せ先
ハタステージングオフィス
〒231-0045 横浜市中区伊勢佐木町1-3-1 イセビル406
TEL&FAX: 045-261-1678
E-mail:hsosh@nifty.com
http://homepage3.nifty.com/hatastaging/" target="_blank"

主催:ハタステージングオフィス+(株)物語の巣舎
共催:中区横浜開港150周年記念事業実行委員会
後援:中区役所・財団法人横浜開港150周年協会
協力:BankART 1929

▲トップへ


横浜国立大学サイエンスカフェ
建物の耐震性って一体なに? 

日時:2008年12月10日(水) 18:30-20:00
会場:BankART Mini (BankART Studio NYK)
募集人数:40名程度(先着順)
受講対象者:高校生、大学生、一般の方
参加費:600円 
     ※飲み物、お菓子代として。但し、高校生からは徴収しません。



クリックで拡大
講師:松本由香
    (横浜国立大学大学院工学研究院准教授)

近年、国内外の地震被害や耐震偽装問題など、建物の耐震性が話題になる機会が増えてきました。しかし、「耐震性=地震時の揺れに対する強さ」以上のことはよく分からない、というのが本音ではないでしょうか?この分かりにくさには、社会的、文化的存在である建築特有の問題が潜んでいます。良質な建築文化を育むために今何ができるか、耐震性という観点から考えてみます。

【お申し込みについて】
氏名(ふりがな)・職業(社会人、大学生、高校生など)・連絡先を、下記までお電話またはE-mailにてお知らせください。なお、キャンセルの場合は、当日16時までにご連絡いただければ幸いです。

【お申し込み・お問い合わせ先】
横浜国立大学総務部学術・国際課
TEL:045(339)3033 E-mail:science.cafe\4559\nuc.ynu.ac.jp
メールアドレスは自動収集を避けるため、正しく表記しておりません。
ご面倒ですが、「\」から「\」までの記号及び数字を「@」に書き換えてメールをお送りください。

詳しくはhttp://www.ynu.ac.jp/society/so_17.html
主催:横浜国立大学
後援:横浜市都市経営局、横浜商工会議所、(株)有隣堂
協力:BankART1929

▲トップへ


PICORAプロジェクト 2008 in 横浜 次世代への贈りもの
人と自然の共存〜横浜から、緑を育む人をつなぐ〜

日時:2008年12月7日(日)
時間:開場13:30/開演14:00(16:30終演)
会場:BankART 1929 Yokohama /1F1929ホール
入場:無料
※来場者多数の場合、当日やむを得ず入場を制限させていただく場合がございます。




PICORAプロジェクトと社会貢献活動のコラボレーションのイベントです。
総合司会江原達怡氏(環境ジャーナリスト)によるシンポジウム、森日出夫氏、中村裕介氏、川勝陽一氏によるトーク&ライブが行われます。

第一部:「地球環境と社会づくり」 〜 伐採と植林の循環 〜
関野文昭(建築大工技能士)
第二部:Talk & Live 「古き良き港町・横浜」
森日出夫(写真家)、中村裕介(Vocal&Guitar)、川勝陽一(Keyboard)

■お問い合せ先
スマイルメイト倶楽部 事務局
picora@universaldream.co.jp
TEL: 03-3378-3016(当日:090-2479-8459)
http://www.picora.jp

主催:スマイルメイト倶楽部、つなぐライブ in 横浜 実行委員会
協賛:キリンビール株式会社 横浜支店
協力:株式会社アマノスタジオ、有限会社ウォーターカラーエンタープライズ、有限会社クラフト斉

▲トップへ


チャンチキトルネエド LIVE @ BankART Studio NYK

日程:2008年11月25日(火)
時間:19:30 open / 20:00 start
場所:BankART Studio NYK / BankART Mini
料金:¥2,500




出演:井上梨江(clarinet)、齋藤寛(flute)、鈴木広志(sax)、江川良子(sax)、東涼太(sax)、佐藤秀徳(trumpet)、木村仁哉(tuba)、大口俊輔(keyboard)、相川瞳(percussion)、上原なな江(percussion)、小林武文(percussion)

主催:チャンチキトルネエド
予約:abc415@yahoo.co.jp


【チャンチキトルネエド】
クラシカルパンクな管打楽器に、抽象絵画的鍵盤文化が寄り添う、総勢12名の圧倒的超速ブラスアンサンブル。
東ヨーロッパのクレズマー、フランスの過剰な装飾文化、ブラジルのサンバ、ジャズの縦横無尽な横縫いの旋律、チンドン屋さんの雑食性、その他、今現在アンテナに引っかかる音楽文化を日本の視点から取り込み、鮮烈なブラスサウンドに乗せて世界に発信します。
国もジャンルもクロスオーバーした、圧倒的な音の嵐を体感してください!

▲トップへ


「パーク展」アジアの現代美術作家2008

会期:2008年11月11日(火)-11月19日(水)
会場:BankART Mini gallery(BankART Studio NYK 1F)
入場:無料




深沢アート研究所とアモルフォンによるアーチストイニシアティブによる共同主催の国際展。 2003年「韓国」、2005年「シンガポール」と各国の参加作家が自主的に行って来た国際展の第3回目となります。
公園発祥の地、横浜でアジアの現代美術作家が様々な解釈の「パーク』を表現します。

参加作家:カブ(深沢アート研究所)/山添joseph勇(深沢アート研究所)/町田良夫(アモルフォン)/ミギョン・オー/リア・ユー/ハーリム・キム/アンドレ・ウェシュラー/カイン・チュア/ナーディーン・ソーヤー

主催:深沢アート研究所+アモルフォン
助成:芸術文化振興基金/National Arts Council Singapore
後援:シンガポール共和国大使館、在大韓民国日本国大使館公報文化院、芸術家と子どもたち
協力:BankART1929

関連企画
11月11日(火)18:00-20:00 オープニングパーティー
11月15日(土)18:30-20:30 シンポジウム(パネリスト=参加作家)
11月15日(土)18:30-20:30 パフォーマンス(アンドレ・ウェシュラー)
11月16日(日)14:00-16:00 こども造形ワークショップ(深沢アート研究所)要申込:1500円
11月16日(日)18:00-20:00 おとな造形ワークショップ(深沢アート研究所)要申込:1500円

パーク展URL
http://www.hukalabo.com/park
ワークショップ申し込み(深沢アート研究所)
E-mail:hukalabo@mac.com
問い合わせ(アモルフォン)
TEL:045-985-7818

▲トップへ


Discharge Mode to Order 津村耕佑x金氏徹平展

会期:2008年11月14日(金)- 11月30日(日)10:30‐19:00
会場:本町実験ギャラリー(入場無料、休廊日なし)
横浜市中区本町5-49丸忠センタービルB1F




もの、意味、概念、メディアを解体しながら作品/商品を創り上げる二人の展覧会。
過去の作品を「放電(Discharge)」し、お互いのクリエイティビティを開放するところから展覧会をスタートさせ、ブレインストーミングのようなやりとり(ハプニングプロジェクト)を重ねながらコラボレーション、最終日にはそのプロセスを振り返るトークセッションを開催、展示が常に変化していきます。

2008年11月14日(金)18:00‐20:00 オープニングパーティ
2008年11月30日(日)18:00‐20:00 クロージングトークセッション
展覧会やハプニングプロジェクトなどの詳細は以下をご覧ください。
http://www.fareastcontemporaries.org/


津村耕佑
1959年生まれ、東京在住。「FINAL HOME」のファッションデザイナーとして創作を行いつつ、時代・社会・都市を見つめる造形作家としても活動する。近年の活動に、グループ展「美麗新世界:当代日本視覚文化」(北京、広州、07年)、「MUZIN/夢神」(ナンヅカアンダーグラウンド、08年)など。著書に、「妄想オーダーモード(FANTASY MODE TO ORDER)」をまとめた、「FANTASY MODE」(グラフィックス社)がある。

Tsumura Kosuke, Dangerous Hero, 2008, Mixed Media

金氏徹平
1978年大阪生まれ、東京在住。京都市立芸術大学大学院彫刻科修了。近年の活動に、「金氏徹平展 splash&flake」(広島現代美術館、2007年)、グループ展「美麗新世界:当代日本視覚文化」(北京、広州、07年)、「MOTアニュアル2008」(東京都現代美術館、08年)など。09年3月20日から5月25日まで横浜美術館で個展を開催する。

Kaneuji Teppei, White Discharge (figure/green army), 2008, Mixed Media

主催:FEC(金島隆弘)
協力:BankART1929、ART iT、ナンヅカアンダーグランド、横浜美術館
協賛:COEDO

問い合わせ:
電話:045-633-6395(会期中のみ)
E-mail:info@fareastcontemporaries.org

*本町実験ギャラリーは、ギャラリストのためのスペースです。
意欲のあるギャラリスト、コーディネーターを応援しています。(BankART1929)

▲トップへ


「あがた森魚 惑星漂流60周年!」port.18

日時:2008年10月3日(金) 開場 19:30 開演 20:00-
会場:BankART Mini(BankART Studio NYK 1F)
チケット:前売 3,000円 当日 3,500円




あがた森魚 地球に生まれて60周年!
「留萌」へ帰港し、新たに出港、そして全国へ
 あがた森魚は、留萌、小樽、青森、函館と移り住み、函館で高校を卒業してから、横浜へ移る。その後、大学へ入学。函館の高校時代に深夜放送で聞いたボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」のような音楽を作る仲間を探した。そこで偶然とも必然ともいえるタイミングで鈴木慶一と出会い、音楽仲間と出会う。創作をはじめて間もない1971年の初頭「赤色エレジー」は生まれ、1972年4月25日のリリースから秋にかけて爆発的ヒットとなった。今でも、全国、どこへいっても「赤色エレジー」を知っている人がいて、熱く当時の事を話す人に出会う。その事の大きさと翻れば重圧。逃走しているかようにもみえる常に新たな形体、アレンジを模索し音楽を作ってきたあがた森魚。ヴァージンVS、「永遠の遠国」、タンゴ、雷蔵。いつもどこかへ旅行しているような姿こそが「あがた森魚」でもある。
 今年、60歳を迎えるあがた森魚。北海道・留萌「ゼロ」からの旅立ち出港ライヴを企画、一人一人の顔が見えるところへ出向いて、一つ一つ手応えを感じて、前後全国約60ヵ所、キャンピングカー縦断ライヴツアー『惑星漂流60周年!』を行う。
 決定詳細は、順次、HPにて発表/www.agatamorio.com

お問い合わせ/お申し込み:惑星漂流60実行委員会
Tel:070-5660-5748
メール:live@agatamorio.com

▲トップへ


『横浜タイムトリップ・ガイド』出版記念
〈横浜deタイムトリップする会〉

日時:2008年10月1日(水) 19:00- 20:30
会場:BankART Mini(BankART Studio NYK 1F)
※参加者は限定とさせていただきます。




横浜タイムリップ・ガイド制作委員会は、『横浜タイムトリップ・ガイド』(講談社)を上梓しました。本書は5地域・3時代の地図により、幕末開港期から今日にいたるまでの横浜を再現。現在の地図と重ね合わせてあるので、その土地その土地に根づく歴史やドラマに思いを馳せながら歩くことができます。10月1日、「ハマっ子」必読の本書の出版を記念して、パーティを開催します。

主催:横浜タイムトリップ・ガイド制作委員会
問い合せ:横浜タイムトリップ・ガイド制作実行委員会事務局 045-227-7448

▲トップへ


アジア編集長会議ー横浜 韓国・中国・台湾・日本
Asian Editor's Conference In Yokohama-2008 Korea,China,Taiwan,Japan

日時:2008年9月15日(月) 18:30-21:30
会場:BankART Mini(BankART Studio NYK 1F)

交流パーティー:21:30(ドリンク有料)
入場料:無料


韓国、中国、台湾、日本の主要美術雑誌の編集長が日本で一堂に会し、アジアにおける美術ジャーナリズムの未来を検証する。
ここ数年、中国の現代美術が欧米のみならず韓国や日本にて多く紹介されて、アジア美術の関心が高まったことは喜ばしいことである。けれどもその反面、芸術作品が高額商品として一般に知られることで多くの美術愛好家や個人投資家も、価格の上昇のみにとらわれて、本来の現代芸術と社会との関係を見失ってはいないだろうか。現代芸術の目的とジャーナリズムは現代芸術を歴史の枠組みからどう捉えようとしているのか。アート・ジャーナリズムの視点からアジア美術の再編成を考えてみる。

■パネリスト
金福基(Kim Boggi) Art in Asia編集長、韓国
顧振清(Gu Zhenqing) Visual Production編集長、中国
朱庭逸(Chu Tingyi) Artco Monthly編集長、台湾
小崎哲哉 ART iT編集長、日本
岩渕貞哉 美術手帖編集長、日本

司会: 上田雄三(ギャラリーQ、多摩美術大学芸術学科非常勤講師)
スタッフ:古川美佳(韓国美術・文化研究)
スタッフ:栗山明(中国現代美術・文化研究)

主催:アジアン・ギャラリー・ミーティング展実行委員会、 Art in Asia、有)キュウコンセプト
協力:BankART1929
協賛:株式会社 資生堂

◆問合せ
アジアン・ギャラリー・ミーティング展実行委員会 TEL&FAX.03-3535-2524

104-0061 東京都中央区銀座1-14-12 楠本第17ビル3F 有)キュウコンセプト内
http://galleryq.info

▲トップへ


TAB Talks Featuring Yokohama

Vol.1「地域のためのメディアデザイン」
日時:2008年8月24日(日)13:00-16:00

Vol.2「今ここ」のダンス
~ゼロ年代コンテンポラリ‐ダンスを再検証する~
日時:2008年9月7日(日)13:00-16:00

会場: BankART Studio NYK 1F(BankART Mini)
料金:一般=1,000円 学生=800円



Tokyo Art Beat(TAB)がホストする日英バイリンガルのアートイベント「TAB Talks」。
この秋注目の国際展「横浜トリエンナーレ2008」で賑わう横浜をテーマに特別開催いたします。

Vol.1のキーワードは「地域」と「メディア」。ゲストにはアートだけでなく広く東京のカルチャー情報を扱うバイリンガルサイト「REALTOKYO」および、バイリンガルアート雑誌「ART iT」の発行人兼編集長である小崎哲哉氏と、「ヨコハマ経済新聞」の編集長やNPOの理事などを務め、横浜のクリエイティブな情報や地域活動に詳しい杉浦裕樹氏をお招きして、いま横浜に求められているメディアについて考えます。

日時:2008年8月24日(日)13:00-16:00(12:45開場)
出演:小崎哲哉(「REALTOKYO」「ART iT」発行人兼編集長)
    杉浦裕樹(「ヨコハマ経済新聞」編集長/NPO横浜コミュニティデザイン・ラボ常務理事)
    ポール・バロン(「Tokyo Art Beat」「New York Art Beat」共同設立者)


Vol.2では日本のコンテンポラリーダンスをテーマにお届けします。ゲストには桜井圭介氏をお招きして、映像資料を用いながら主に2000年以降の日本のコンテンポラリーダンスシーンをご紹介いただくと共に、その位置づけについてご自身の考えをお話しいただきます。

日時:2008年9月7日(日)13:00-16:00(12:45開場)
出演:桜井圭介(音楽家/「吾妻橋ダンスクロッシング」オーガナイザー)


トークは約2時間を予定しており、バイリンガルで進行されます。終了後には「30-second Pitch」が設けられます。観客の中から30秒枠で自分の作品や関わっているプロジェクトを発表する場です。ご希望の方は入場時に受付にてお申し出ください。その後はラウンジスタイルのレセプションになりますので、ドリンクとともにゲストや横浜のアート+デザインコミュニティとのおしゃべりをお楽しみください。


主催: NPO GADAGO(Tokyo Art Beat)
協力:BankART1929
助成:財団法人横浜市芸術文化振興財団
詳細はウェブサイトにてご確認ください
→http://www.tokyoartbeat.com/talks/

▲トップへ


Think Animal
-(財)神奈川県動物愛護協会 創立50周年記念-

日時:2008年9月6日(土)・7日(日)10:00-20:00
会場:BankART1929 Yokohama 1F、3F
入場料:3階は午後のみ有料となります。
     2日間フリーパス2,000円、1日のみ1,500円




財団法人 神奈川県動物愛護協会が創立50周年を記念し「Think Animal~動物を考えることは、人を考えること」をテーマにイベントを開催します。1階では、近代動物愛護の歴史や協会の歩みの展示紹介。また、動物愛護団体などのブース、ミニバザー、グッズ販売。動物実験をしていない化粧品などの紹介もあります。3階では、チャリティオークションの他、映画「犬と猫と人間と」やシンポジウムなどを行い、これからの動物とのかかわりを考えます。現在に至る動物と人との近代史に触れると共に、これからを考えるための助力になるイベントにしたいと思っています。


9月6日(土)

【1階】
10:00-20:00 展示

【3階】
10:00-11:00 式典(宮川鉄平「EDEN」ギター弾語り)
13:00-15:00 映画「犬と猫と人間と」
15:30-17:30 シンポジウム 基調講演:黒澤泰氏(「地域猫のすすめ」著者)
18:00-20:00 映画「犬と猫と人間と」

9月7日(日)

【1階】
10:00-16:00 展示
18:00-20:00 懇親会(立食パーティ)

【3階】
10:00-11:00 チャリティ・オークション
13:00-15:00 映画「犬と猫と人間と」
15:30-17:30 シンポジウム 基調講演:小島章義氏(全国ペット小売業協会専務理事)
        *シンポジウムは、基調講演の後、会場の皆様のご質問を交えつつ進めます。
18:00-20:00 懇親会(立食パーティ)を行いますので、皆様とおしゃべりをお楽しみください。
       (参加費:3,000円)

問い合せ
財団法人 神奈川県動物愛護協会
電話:045-421-5592

詳細はウェブサイトにてご確認ください↓
http://www2.odn.ne.jp/~kanagawadouai/50year.htm


主催:財団法人 神奈川県動物愛護協会

▲トップへ


gg Lock Art Festival in Yokohama

会期:2008年8月30日(土)・31日(日)
    12:00 - 23:00
    オープニングパーティ 29日(金)19:00-
会場:BankART Mini(BankART Studio NYK1F)

料金:当日券3,800円 前売1日券2,800円 前売2日券4,800円
    ※出入自由  中学生以下無料




毎月さまざまなアーティストとともに、代官山で2年間限定の月変わりのお店を展開してきた「gg」(ジジ)。ファイナル月間となる2008年8月でその活動に一旦鍵をかけます。このたび、これまで月変わり企画に参加したアーティストたちが、横浜のBankART Mini に大集結し、2年間の総集編でもあるアートフェスを開催。Lucky clover をテーマとした作品の展示やワークショップ、ライブ、トークイベント、人気作家の直接販売など、どうぞお楽しみください。

参加予定アーティスト(詳細は公式サイトにて随時更新中)
www.lucky-clover.jp

★前売券取扱窓口:
 ◎代官山 gg shop 渋谷区猿楽町2-14 2F tel.03-5489-5881 
  学生証提示で学割有・店鋪特典有 ジジ倶楽部会員1800円
 ◎チケットぴあ http://pia.jp/.t/ tel.0570(02)9999
  チケットぴあ店鋪、ファミリーマート、サークルKサンクス(Pコード688-318)

主催:Lucy+K
協力:BankART1929 

問合せ:gg
gg@lucky-clover.jp
tel.03-5489-5881(会期前)tel.045-663-4677(当日専用)

▲トップへ


横浜トリエンナーレ2008 第12回JUMP会議

日時:8月24日(日)18:00-20:00
会場:BankART Mini (BankART Studio NYK/1F)
参加費:無料(ただし交流会は実費)




現在240名を超えるボランティア(横浜トリエンナーレ2008サポーター)が、トリエンナーレを盛り上げる活動を行っています。
「JUMP会議」となる今回は、横浜トリエンナーレ2008のメイン会場の1つ「BankART Studio NYK」を会場とし、池田修氏(BankART1929代表)をお迎えして、トリエンナーレ期間中に開催する「BankART Life Ⅱ」について語っていただきます。
現代アートがお好きな方、ボランティアや街づくりに興味のある方は、ぜひご参加下さい。

JUMP会議とは...
横浜トリエンナーレを市民で盛り上げる場です。2007年7月14日の第1回市民応援隊会議(HOP会議)から始まり、3月に行われた第一弾作家発表を境に、第8回会議より「STEP会議」へ、本展直前の今回(12回)会議より「JUMP会議」へ移行します。どなたでも、いつからでも参加が可能です。

プログラム
第1部 サポーターからの活動報告&提案、事務局報告
第2部 講演 池田修氏(BankART1929代表)
「横浜トリエンナーレ2008とBankART Life Ⅱ」
講演会終了後20時~、BankART Miniのパブにて池田氏を囲んで交流会

お問い合せ:財団法人 横浜市芸術文化振興財団 横浜トリエンナーレサポーター担当
〒231-0021 横浜市中区日本大通34 ZAIM内
tel.045-227-7827 fax.045-662-0509
E-mail yokotori.shimin@yaf.or.jp

▲トップへ


ハーレーダビッドソン生誕105周年記念
HARLEY THE HISTORY展

日時:2008年7月9日(水) - 21日(月・祝)
    11:30 - 19:00
会場:BankART 1929 Yokohama
入場無料



↑詳細はこちらをクリック!
昭和を駆け抜けた 鉄馬と日本人

[ 1F展示フロア ]
- 歴代の鉄馬と歩む「ヒストリーロード」
105年の歴史を歴代の名車をはじめ映像や広告、絵画などバラエティ豊かな展示品の数々とともに振り返る。

[ 3F展示フロア ]
- 昭和を駆け抜ける「メモリアルロード」
昭和初期、本格的な日本上陸を果たした鉄馬。
その貴重な瞬間を捉えた写真によって時代の記憶が蘇る。

■お問合わせ
ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社
TEL 03-3457-0991
(平日9:00-12:00、13:00-17:00)

主催:ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社
http://www.harley-davidson.co.jp

▲トップへ


体感!ジャミン・ゼブのハーモニー

日時:2008年7月5日(土)
   13:00-14:15頃 1回
※終了後、CD販売、サイン会を予定しています。
会場:BankART1929 Yokohama / 1F 1929ホール
受講料:3,000円
   (朝日カルチャーセンター会員の方は2,500円)
※尚、手数料無料でコンビニ振込みをお受けしています。
※インターネットからもお申込みいただけます。




↑詳細はこちらをクリック
<トークコンサート>体感!ジャミン・ゼブのハーモニー
-メジャーリーグ開幕戦で日米両国歌を歌った若手実力派ボーカルグループ jammn' Zebのできるまで


【 講師 ジャズボーカルグループ jammn' Zeb 】
 昨年秋にメジャーデビューを果たして以来、着実に支持者層を広げるジャミン・ゼブ。単にポピュラーに押し上げず、そのハーモニーのバランスを大切に、着実に育てたいというプロデューサーの狙い通り、様々な活動の場で、着々と力を付けています。彼らが奏でる音楽は、新鮮でみずみずしく、爽やか・・まさに若い力ならではの真摯なハーモニー。
 横浜や神奈川にゆかりのあるメンバーが多いジャミン・ゼブが、横浜の新しいアートの発信元、BankART1929 Yokohamaのホールで歌います。ジャミン・ゼブのイメージは、新旧の融合で日々進化を遂げる横浜にぴったり。新しいエンターティナーがどう作られ、これからどんな音楽を目指していくのかを解き明かしながら、アカペラを中心に、披露します。7月リリース予定の新曲もご期待ください。
 まずは、メンバー4人それぞれのキャラクターや声を知り、新しいハーモニーの世界を体感してください。大人が愉しめる、期待の新しいジャズボーカルグループ、きっと応援したくなります!

- 曲目予定 -
SMILE
WHEN YOU WISH UPON A STAR
YOU RAISE ME UP
YOU'VE GOT A FRIEND IN ME
OVER THE RAINBOW    など


■お問合せ
朝日カルチャーセンター・横浜
〒220-0011  横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜8F
TEL 045-453-1122
http://www.asahiculture-yokohama.com

主催:朝日カルチャーセンター・横浜
協力:BankART 1929

▲トップへ


平成20年度 ヨコハマ市民まち普請事業
1次コンテスト

日時:2008年6月22日(日)
    10:00-17:00
会場:BankART 1929 Yokohama
入場料:無料(お申し込み不要)




↑詳細はこちらをクリック
ヨコハマ市民まち普請事業とは、市民のみなさんが地域の特徴を生かした身近な生活環境の整備(施設整備)を、自ら主体となって発意し実施することを目的として、整備に関する提案を公募し、2段階にわたる公開コンテストで選考された提案に対し、最高500万円の整備助成金を交付するものです。市民の手でつくりあげる元気なまちづくりの提案が大集合する、ヨコハマ市民まち普請事業1次コンテストを開催いたします。どなたでもお気軽にご来場下さい。

平成20年度1次コンテスト対象整備提案名
【都筑区】カーシェアリング付シニアマンション
【都筑区】都筑民家園に市民に親しまれる本格的な「茶室」を整備
【鶴見区】生麦ふるさと国道駅復活
【西区】高島中央公園におけるファミリーガーデン計画
【緑区】霧が丘三世代交流カフェ&マーケット開設プロジェクト
【中区】関内にシドモア桜並木を!北仲北界隈街路整備事業
【中区】千代崎川の碑作製と震災復興橋の一部保存
【鶴見区】鶴見川大曲、花と緑と水の広場づくり
【瀬谷区】「農業体験を通して高齢者と地域住民の交流広場作り」
【旭区】森に隣接した旭高校外周道路のコミュニティ空間化


■お問い合わせ
横浜市都市整備局都市づくり部地域まちづくり課
〒231-0017 横浜市中区港町1-1
電話:045-671-2696 FAX:045-663-8641
http://www.city.yokohama.jp/me/toshi/chiikimachi/machibushin/

主催:横浜市・横浜市市民活動支援センター

▲トップへ


1000の言葉よりも
ジブ・コーレン報道写真展

日時:2008年6月10日(火) - 21日(土)
    11:30 - 19:00
会場:BankART 1929 Yokohama / 3F 1929スペース
料金: 一般600円
*以下のお客様は割引料金500円にてご入場いただけます
-日本写真家協会・日本写真協会の会員の方
  (会員証をご提示ください)
-世界報道写真展、映画『1000の言葉よりも』の半券をお持ちの方
-学生の方(学生証をご提示ください)
-当日一眼レフをお持ちの方




↑詳細はこちらをクリック
人々はただ、知りたくないだけ
イスラエル人としてパレスチナと自国の問題を撮り続けてきた報道写真家ジブ・コーレン。
ドキュメンタリー映画『1000の言葉よりも』の公開(6月14日東京都写真美術館ホール)に先駆け、タイム誌の表紙を飾り、"過去45年の中で最も重要な写真200"に選ばれた衝撃の作品など、ジブ・コーレンの作品50点を展示。

【ジブ・コーレン】
1992年よりイスラエルの軍隊でカメラマンとしてのキャリアをスタート、後にイェディオット・アハロノット新聞で編集委員会に加わり写真家兼フォトエディターを努める。1994年から2002年までフランスのフォトエージェンシー「シグマ」「ガンマ」に所属。2003年からは「ポラリス・イメージズ」に所属。1995年に撮影された、爆破されたイスラエルのバスの写真が、2000年に「ワールド・プレス・フォト・オーガニゼーション」の、"過去45年の中で最も重要な写真200"の中に選ばれた。

『1000の言葉よりも 報道写真家ジブ・コーレン』オフィシャルHP
www.uplink.co.jp/1000words/


ジブ・コーレンによる報道写真ワークショップ
写真展開催と映画公開を記念してジブ・コーレンが来日します。この機会にワークショップを開き、報道写真家を志す方、フォトジャーナリズムに関心を持つ方々へ向けたレクチャーを行います。彼自身の写真を教材に、プロとして現場から何をどう伝えるのかを考えます。
※要予約/先着40名様 予約締切:6月11日(水)

日時:6月13日(金)14:00 - 15:30
料金:1,000円(写真展入場料含む)
≪ご予約≫
上記イベントのタイトルを件名とし、指定のアドレスまでメールにてお申し込み下さい。
【予約要項】[1]名前 [2]予約人数 [3]電話番号 [4]住所
【予約先】メールアドレス:film@uplink.co.jp


■お問合わせ
アップリンク Tel:03-6821-6821

主催:アップリンク
後援:イスラエル大使館
協力:BankART1929、社団法人日本写真家協会、社団法人日本写真協会、Supported by Canon

▲トップへ


2008年神奈川県 キリスト教学校展

日時:2008年6月7日(土)11:00-16:00
会場:BankART 1929 Yokohama 入場料:無料



↑詳細はこちらをクリック!
愛と平和を生み出す人間教育 ~キリスト教学校発祥の地から再び~

・学校別ブース
・校舎・ステンドグラス パネル展
・キリスト教学校の歴史を知る品展示
・校長アピール・演奏・他

[参加校]
アレセイア湘南中高・関東学院中高・関東学院六浦中高・捜真女学校中高・フェリス女学院中高・横須賀学院中高・横浜英和女学院中高・横浜共立学園中高・横浜女学院中高・聖ステパノ学園小中・関東学院小・関東学院六浦小・捜真小・平和学園小・横須賀学院小・横浜英和小

■お問合わせ
横浜共立学園 TEL 045-641-3785

▲トップへ


金沢区制60周年記念事業
ライブミュージカル「やし酒飲み」

日時:5月31日(土)・6月1日(日)
    各日2回公演 [1]14:00 [2]17:00
    ※5月31日は[2]17:00のみ
会場:BankART1929 Yokohama
参加費:1,000円(大人、子供同額/当日徴収)
定員:各回100名




詳細はこちらをクリック!
なぜアフリカなのか。第4回アフリカ開発会議・TICAD IVが横浜で行われると聞き、誰もが最初に持つ疑問だろう。
アフリカは遠く、地理、文化など、なじみは薄い。だが、「やし酒作り名人」を探す、死の国への旅は、『古事記』にもあり、アフリカと日本の、原初の心のあり方は同じである。
アフリカ的なものとは、かつて日本にあったものであり、また現在の私たちの心の奥底に潜むものである。
グローバル化の今日、世界の国、地域の共通性と差異性を認め合い、相対化する中に、21世紀の文化が生まれると信じる。
そんな願いを込めて、破天荒で生命あふれるミュージカルを船出させる。

市内の高校生、市民がスタッフ・キャストに!
バンブーオーケストラ・ジャパン、梅津和時、他ゲスト多数出演

■申込・問合せ
金沢区アフリカ月間実行委員会(税務課内)
TEL 045-788-7760 FAX 045-786-8643
メール yashizakenomi2008@yahoo.co.jp
http://www.station.li/yashizakenomi/

主催:金沢区アフリカ月間実行委員会(金沢区区制60周年実行委員会、金沢区、横浜市)
協力:横浜市教育委員会、横浜市高等学校演劇連盟、長浜ホール、BankART 1929、金沢文庫芸術祭、他
制作:ライブミュージカルやし酒のみ実行委員会事務局

▲トップへ


UDCY 横浜アーバンデザイン研究機構主催
第1回 シンポジウム session001
[未来社会の設計]~横浜の環境空間計画を考える~

日時:2008年5月10日(土)19:30-
(受付開始19:00、開場 19:15)
会場:BankART 1929 YOKOHAMA
会費:A set:1500円(1drink)
B set:2000円(書籍「未来社会の設計~横浜の環境空間計画を考える~」+1drink)




↑詳細はこちらから
4月5日に発足した「UDCY 横浜アーバンデザイン研究機構」主催によるシンポジウムの第1弾。昨年、開催されたBankART School「Urban Design Study Yokohama 2007」では、第一線の研究者や実務家によって最新の話題が提供され、70名の研究生(参加者)が、都心・郊外・緑地・交通・エコ戦略と5つの分科会で議論を重ねた。2008年3月、そこから生まれた政策提案などの研究成果をまとめ、「未来社会の設計~横浜の環境空間計画を考える~」(北沢猛+UDSY、BankART1929)という書籍を刊行するに至った。企業、NPO、大学、行政などから、様々な専門性や経験を持った人が集うことによって生まれるエネルギーは次の時代を切り開く智慧や発想を生み出すことを期待させる。この第1回シンポジウムでは、昨年の議論を踏まえ、UDCY がこれから取り組むべきテーマと方向性、研究クラスターの形成について議論する。
*UDCY 会員に加えて、その他のUDCY の活動に関心のある方々も奮ってご参加下さい。

プログラム
1. 趣旨説明 『未来社会の設計』  北沢猛 東京大学教授
2. 研究課題 UDSY2007 コーディネーターによる提案
『都心空間』  鈴木伸治 横浜市立大学准教授
『移動空間』  羽藤英二 東京大学准教授
『環境戦略』  信時正人 横浜市都市経営戦略局理事
* * * * *   休 憩 15 分  * * * * *
3. 討論 横浜の課題と研究クラスター
コーディネーター : 北沢猛教授
阿部守一 横浜市副市長
新井俊一 三菱重工業(株)機械・鉄構業務部部長
大江守之 慶応義塾大学教授
小林重敬 武蔵工業大学教授
土井一成 横浜市共創推進事業本部長 ほか
4. 交流会 話題提供:野原卓 東京大学助教 「京浜臨海再生プロジェクト」ほか


■お申し込み・お問い合わせ
UDCY 横浜アーバンデザインセンター事務局 
〒231-8315 横浜市中区本町6-50-1 BankART1929 先端 2F
udcy@live.jp

主催:UDCY アーバンデザイン研究機構
協力:BankART 1929

▲トップへ


アフリカ 希望の大地

開期:2008年4月27日(日) - 5月29日(木)
(4月26(土)オープニングセレモニー及び関係者内覧会)
開館時間:11:30から19:00まで
       ※土日祝日も同様/期間中無休
       ※入館は閉館の30分前まで
会場:BankART1929 Yokohama
入場料:800円
     小学生以下、65歳以上は無料




詳細はこちらをクリック
 2008年5月に横浜にて、TICADⅣ(第4回アフリカ開発会議)が実施されます。これは、日本が国連や世界銀行等と共催で開催する、アフリカ開発をテーマとする国際会議で、日本が主導し、国際社会がアフリカ諸国と一緒になって、アフリカの開発問題について話し合うものです。

 この機会に日経ナショナル ジオグラフィック社のご協力のもと「アフリカ 希望の大地」を開催し、アフリカ大陸のもつ美しく雄大な大自然と、大いなる可能性を秘めた未来をナショナルジオグラフィックのすばらしいコンテンツで伝えます。アフリカの未来には豊かな自然を享受し続け発展する「明るい未来」と地球温暖化、貧困、エイズなどによる「厳しい未来」の「光と影」が混在しています。
その素顔を、2008年創刊120周年を迎えるナショナル ジオグラフィックの写真と映像で表現します。


主催 横浜アフリカ写真展実行委員会
特別協力 日経ナショナル ジオグラフィック社
TICADⅣサイドイベント組織委員会
(外務省・横浜市・独立行政法人 国際協力機構(JICA)・社団法人 青年海外協力協会(JOCA))
後援 外務省、横浜市
協賛 大塚製薬株式会社
加賀ハイテック株式会社 コダック事業本部
株式会社丹青社
PHOTO STUDIO 七彩工房        (順不同)
企画・構成 株式会社マッシュ
協力 独立行政法人 国際協力機構(JICA)
BankART1929
ナショナル ジオグラフィック チャンネル
株式会社ハート・アンド・アート
株式会社目黒工芸 (順不同)


問い合わせ先
○BankART1929 Yokohama
  TEL 045-663-2812 FAX 045-663-2813
  info@bankart1929.com
○横浜アフリカ写真展実行委員会
  info-africadaichi@mash-tyo.com

▲トップへ


平山礼子展「絵とガラス」

日時:2008年4月14日(月)-20日(日)
   11:30-19:00
   (最終日は17:30まで)
会場:BankART 1929 Yokohama
入場:無料



■お問い合わせ 平山(北原)礼子 tel 045-201-4768

▲トップへ