中原佑介美術批評 選集』第2回配本記念トークセッション
椹木野衣×北川フラム
「3.11後の今、中原佑介は何を語っただろうか」

| | コメント(0) | トラックバック(0)
戦後美術批評の地平を開き、2011年3月、東日本大震災の直前に亡くなられた美術評論家・中原佑介氏。その膨大な仕事をまとめた『中原佑介美術批評選集』(全12巻)の刊行が昨夏スタートしました。中原氏のデビュー作をおさめた第1巻『創造のための批評――戦後美術批評の地平』と、日本の現代美術界に大きな影響を与えた「人間と物質」展をめぐる第5巻『「人間と物質」展の射程――日本初の本格的な国際展』の書評で、美術評論家・椹木野衣氏は、「かつて理論物理を学びつつ詩を書いた氏は、学問への志も詩人への憧憬も断ったあと、批評に両者の対立ではなく融合を求めたのではないか。だからこそ、機械文明の危機を思わせる震災下に氏が美術を通じて何を語ったか。同じ批評家として、本書を読み考えずにはいられない」と語っています。
美術を出発点として、私たちはどこにいるのか、現代をどうとらえるか、という問いに向きあいたいと思います。その時、中原佑介氏の仕事は大きな道標になるはずです。

主催:クラブヒルサイド、BankART1929
共催:現代企画室
予約・問合せ:ヒルサイドインフォメーション
       Email: info@hillsideterrace.com TEL:03-5489-3705

■第2回配本
・第3巻 前衛のゆくえ――アンデパンダン展の時代とナンセンスの美学
・第6巻 現代彫刻論――物質文明との対峙
発行:現代企画室+BankART出版
定価:2,500円+税
日時:2012年4月24日(火)19:00-20:30
会場:ヒルサイドプラザ(東急東横線代官山駅 徒歩3分)
定員:150名(予約先着順)
料金:1,500円
※『中原佑介美術批評 選集』を購入された方は割引があります

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中原佑介美術批評 選集』第2回配本記念トークセッション
椹木野衣×北川フラム
「3.11後の今、中原佑介は何を語っただろうか」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.bankart1929.com/mt/mt-tb.cgi/271

コメントする